ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「抜けている、呆けている、堕落している」


プロフィール

誕生日1月13日
血液型O型
星座山羊座
好きなものローズティー
苦手なもの
CV皆川純子

概要

神聖ブリタニア帝国第2皇女

皇女でありながら最前線に立っており、高度な指揮能力とKMF操縦技術をもって、エリアの拡大や各地の反乱鎮圧と勝利を収めてきた帝国きっての女傑

他国からは「ブリタニアの魔女」と恐れられている。


クロヴィスの後始末と仇を討つため、エリア11(旧日本)の総督に就任する。


人物像

「命を懸けて戦うからこそ統治する資格がある」という、女性ながらに戦国武将のような硬骨さを持ち合わせており、その人物性を端的にだがよく表している。

「私の命令を実行できない兵は必要ない。命を捨てても任務を遂行する、私の部下なら当たり前のこと」と厳格。必要とあれば非情な判断や命令も下すが、自身の身より部下を気遣ったり、「この私に部下をおいて逃げよというのか!」と憤ったりなど、厳しくも優しさも兼ね備えている。


その気質から部下も信望に厚く優秀で忠義に厚い者が多い。側近のダールトンは「我ら姫様のおられるところが国」、騎士のギルフォードは「我が正義は姫様のもとに」と口にしている。

また無印24話では、部下が自らの判断でコーネリアを庇い亡くなるなど、忠誠心と士気も高い軍隊となっている。


規則を重んじるため「ブリタニア人とナンバーズを区別するのは国是」とこれを遵守。ゆえに枢木スザクの実力は早々に認めるも、ナンバーズという立場の彼を使うことは長らく難色を示した。

また皇族としてプライドを持っている。『LOSTCOLORS』では、貴族は領民を守るもの、義務を果たさず特権を享受する者は貴族ではない寄生虫だと評している。


このように質実剛健な人物だが、家族には甘い所があり、特に同腹の妹であるユーフェミアを溺愛している。公務では公私の区別をつけて厳しく接しているが、プライベートで戯れている時は、普段の厳格さが嘘のような穏やかで優しい姉として顔をのぞかせる。また、ユーフェミアよりは一段劣るものの異母兄弟に対しても情が深い。

ただ、同時にこれが最大の弱点でもあり、「河口湖ホテルジャック事件」の際は、非公式で訪れていたユーフェミアが人質に含まれていた事から強攻策が取れず、その隙をルルーシュに突かれている。(もっとも、この指摘は視聴者からするとお前が言うなな話なのだが。)

エリア11の内政を整えた後は、ユーフェミアに総督を任せようと思っていた。


活躍

反逆のルルーシュ

初登場時に中東の砂漠で機動兵器を破壊し、一帯を制圧。帝国の新領地・エリア18とした。


エリア11総督就任後、いくつかのレジスタンスを電撃強襲して壊滅させたが、ゼロへの手掛かりは得られなかった。

そこで、ヤマト同盟のアジトで近隣の住民半数以上が彼らを幇助している地区、サイタマ・ゲットーをゼロを誘い出すための舞台とする。

始めはルルーシュがシンジュクの時と同じ作戦で優位をとっていたが、組織力を最大限に活用する戦略へと切り替えた事で逆転し、あと一歩の所まで追い詰めたものの、ゼロに扮したC.C.の乱入による混乱で逃げられた。


ナリタ山での日本解放戦線との攻防戦では、黒の騎士団の紅蓮弐式によって土砂崩れが発生。戦況を覆されてしまい、自身の駆るグロースターも紅蓮弐式と黒の騎士団によって両腕をもがれて追い詰められる。しかし間一髪のところをスザクのランスロットに救われ、戦況が再び覆る。


ユーフェミアが「行政特区日本」を設立すると宣言した際には個人的な感情としては反対だったが、公の政策を軌道に乗せるため、ダールトンをユーフェミアの補佐につけた。しかし当日、ユーフェミアを殺されてしまい、攻撃中止命令を出して以降は茫然自失状態となったが、復讐のために再起し、全軍に指示を出す。グラストンナイツに、黒の騎士団に情報をリーク後はギルフォードと共に政庁正面を守り抜けと命じ、自身は政庁の屋上へ。誘い出したルルーシュとC.C.の駆るガウェインを卓越した技量で追い詰めるも、ギアスをかけられたダールトンに背後から槍で刺されて重傷を負う。

自身もギアスをかけられ、マリアンヌ暗殺の真相を訊き出されるが、マリアンヌを殺害した犯人を知らなかった。その後人質とされかけたがジェレミアの乱入により放置され、呼び寄せたスザクに胡乱な記憶の中で覚えていたルルーシュが神根島に向かった事を伝えると同時にその場で騎士の地位を与えて後を託した。


反逆のルルーシュR2

単身でギアス嚮団に辿り着くも、嚮主V.V.に捕縛される。

だが黒の騎士団零番隊の奇襲に乗じて脱出。半壊状態のを急遽改造し、艦船用の重砲まで取り付け、暁の火器管制システムを使い、砲台代わりとしてV.V.が搭乗するジークフリートに射撃を行い、結果的にルルーシュと共同戦線でV.V.を打倒した。

ジークフリートが自身の上に墜落してきたところを、ジェレミアに救われたものの、内密で斑鳩へ拘束されしまう。


そのまま第二次トウキョウ決戦を迎えるが、戦闘の隙を突く形で脱出。

トウキョウ租界が壊滅した後、シュナイゼルとカノンが斑鳩に訪れた。共に藤堂たちにゼロの正体とギアスについて語り、黒の騎士団内のゼロ排斥の種火を爆発させた。

ルルーシュが父・シャルルを殺害後は、シュナイゼルとともにブリタニアから離反、ルルーシュの世界征服を止めるべくともに天空要塞ダモクレスに移る。しかしフレイヤを帝都ペンドラゴンに投下後、シュナイゼルの「予め、避難誘導を済ませたからね」というナナリーへの発言に疑念を抱いて言及。フレイヤを使い人々を躾けることで恒久的な平和を現実とする計画を打ち明けられた。許容できず、剣を向けるも銃撃に遭い負傷。蓬莱島に移送され、ギルフォードと再会を果たす。


ダモクレスから蓬莱島に移送された経緯については、『双貌のオズO2』によるとカノンが自己判断でノネットとグリンダ騎士団に安全な場所に連れて行って手当てをして欲しいと頼んでいる。本編でカノンは「悲しいね、コーネリア」の後に哀れんでいるような表情をしてはいたが本作だとその時にズキンと心を痛ませ、お願いよ…とノネットに懇願した後には涙を浮かべて、ノネットに問い詰められて「わたしは…殿下が欠けおとされた心の一部…」と発言したりとかなり感傷的である。

ちなみに2008年10月に出版された『公式ガイドブック コードギアス 反逆のルルーシュR2 The Complete』では、シュナイゼルから放逐される、とある。まあノネットとオルドリンがダモクレス内へすんなりと入れたのはシュナイゼルが引き渡しを容認したからなので、シュナイゼル主導と言えなくもないのかもしれない。2009年2月発売の『コードギアス 反逆のルルーシュR2電撃データコレクション』では、致命傷は追わずに解放される、としか触れられていない。


ルルーシュの世界征服完了後は、黒の騎士団の残党たちと結託し、ナナリーや騎士団のメンバーの解放を画策。『双貌のオズO2』では、作戦の準備を進めるノネットに代わり来訪したオルドリン、オルフェウスと再会を果たす。最大の障害となるダモクレスをパレードまでに無効化させてほしいと二人に頼んだ。


しかしゼロレクイエムによって、その動きはいい意味で徒労に終わった。


復活のルルーシュ

事件を受け、実態調査と先行隊回収を目的とした特殊チームを組んで、少数の部下とジルクスタンへ。そこへ紅月カレンたちがルルーシュたちと共に合流。

ルルーシュに「ナナリー奪還作戦のため私の指揮下に入ってもらいたい」と言われるが、ユーフェミアやダールトンのこともあり、当然ながら簡単に受け入れることなどできなかった。しかし素顔をさらして誠意を示したこと、ナナリーを助けたいという気持ちは同じなので了承した。


その後、ナナリー奪還に向けて作戦が開始されるが、シャムナのギアス能力によって行動を読まれフォーグナーたちが待ち伏せしていた。

ナナリー奪還後、「勝てばよいだけ。負けても囮にはなるだろうよ」と突撃をかけることを決める。フォーグナーのみを目指して数多のゲド・バッカを撃破。一騎打ちを挑み、戦闘不能にさせたがクインローゼスも片腕と片足を破損。

フォーグナーは自軍に自分ごとブリタニアの魔女を撃てと命じるが誰も撃たなかった。なぜ撃たないと憤るフォーグナーに対して、兵たちの思いを汲み取り論した。


『復活のルルーシュBD&DVD』付属のブックレットに各キャラクターの設定などが記載されており、(谷口悟朗監督メモ。開発資料のため、決定した資料とは異なります、とある)これによれば、黒の騎士団陸軍第十一旅団長、中将。キャリアと中将という肩書に比べ扱いが低い(同じ中将のジノは航空幕僚副長)のは、『ブリタニア帝国の皇族』ということが大きい(既にシュナイゼルが要職についており、これ以上増やすと反ブリタニア勢力の活動を招きかねない・実妹が虐殺皇女ユーフェミアという意味)

当初は階級も極端に低くする予定であったが、コーネリアより高い階級にはなれないという声が相次いだため中将で落ち着いた。実績だけなら元帥、総合幕僚長でもおかしくない。


ビジュアルコメンタリーにて谷口監督は、「黒の騎士団」と「超合衆国」はコーネリアを一番恐れている。なにかあると武力をもってブリタニアを再興させる可能性があるから。ゆえに社会的立場としては、できるだけ力を持たせないよう、抑えられている。今回のジルクスタン潜入なんてホントは重鎮がやる必要ない、とのこと。


双貌のオズSIDE:オルフェウス

ブラックリベリオンでMIAとされた事を利用して国外へと出ており、ユーフェミアの汚名を濯ぐべく「ギアス」について単独で調査している。

それに伴い、身分を隠すために「ネリス」という偽名を名乗っており、搭乗しているグロースターも、先の戦闘で損傷したのを応急補修して左腕を欠いた隻腕状態のまま動かしている。

その中で中華連邦の彼方、モンゴル行政区の辺境の街でKMFを所有する武装強盗団に遭遇して撃退。その縁で人々に請われて数週間とどまっていた最中、依頼を受けたオルフェウスが到着。

役目は終わったとばかりに早急に立ち去ろうとした矢先、一味が報復の準備を整えていたものの、それでも街を出ようとしていたが、オルフェウスがギアスと関りがあると知り、「手を貸してくれるなら、俺が知る限りのことを教えてやる」と持ちかけられて共闘。左腕のハンデをまったく感じさせずオルフェウスに内心舌を巻かせた。

この出会いによって、ギアス嚮団についての情報を得た。


ロストストーリーズ

第1部のメインストーリーでの活躍はほぼ本編通りのため省略。

第1.5部では、2章にて上述した『双貌のオズ』のエピソードが組み込まれている。

イベントでは、2022年9月開催の『ダイエット大作戦』にて登場。

彼女やその側近達と距離を感じていたユーフェミアは「ダイエットのための運動」という名目で交流を持つ事を画策し、それを察した彼女もオフに乗じて参加しテニスでのミニゲームを行う。

ちなみに、中の人ネタで「テニスの皇女様」「スキルの吹き飛ばしはツイストサーブによるもの」などと言われている。


余談

制作陣やキャストからの人物評は以下の通り。


『月刊Newtype』2008年09月号

大河内一楼氏「ブリタニアの力を借りずにギアス嚮団にまでたどり着いた唯一の人ですから。シュナイゼルは単独では動かないですが、彼女は全部、自分でやってしまう。

戦争も自分で先陣切りますし、政治家としても優秀。『コードギアス』の中でいちばん能力が高い個人かもしれません

ルルーシュ役の福山潤氏曰く「正しく力を使ったルルーシュってこんな感じかもしれない(笑)。コーネリアとギルフォードには幸せになってほしいですね」


劇場版『興道』ビジュアルコメンタリー

C.C.役のゆかな氏「だってもう、本当にコーネリアさんだけすごいまともに……(笑)」

福山氏「はい」

谷口監督「だけって(笑)」

ゆかな氏「人としてすごく良い人」

福山氏「よくあの巻き毛からあんなのが生まれましたね」

三人「(笑)」

ゆかな氏「なんかね、まっすぐ育ったなって」

谷口監督「お母さんが……立派な人だったんでしょうね

ゆかな氏「ほんとに」

福山氏「そうなんでしょうね」


劇場版『皇道』ビジュアルコメンタリー

福山氏「劇場版三作品では、ルルーシュがコーネリアに敗れるってとこもなかったじゃないですか。だから比較的、その強い女性でてきてそのあとはどっちかというとその、人間としてたいへん君主として、かなりまともな人というところで」

谷口監督「いやもともとまともな人ですよ(笑)」

福山氏「作品の良心として」

谷口監督「はい」

福山氏「描かれてるじゃないですか。でもテレビシリーズのときはどっちかというならば、女傑の方が最初強く出てて徐々に徐々になっていったじゃないですか。このコーネリアという人間をその作っていく中でコーネリア、初志貫徹できたキャラなのか途中でやっぱり変更がいろいろ、話の流れででできたキャラなのか」

谷口監督「俺、コーネリアは無印の終わりで殺そうと思ったんですよ」

結局皆川さんが声をあてたことで、コーネリアは一本筋が通ったきちんとしたキャラになったんでそれで使いやすくなって結果的に生き延びたとのこと。


他媒体において

コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS


『ギアス編』クリア後に解放される『ブリタニア軍人編』から派生する『親衛隊編』のメインキャラとして登場。

ナイトオブラウンズの第9席に名を連ねる、ノネット・エニアグラムとの関係は今作が初出。

士官学校時代の先輩である彼女の奔放な振る舞いに閉口することもあるが、仲自体は良好らしい。


ナリタ連山の戦いでゼロに追い詰められた際、スザクと共に援護に駆けつけ、無事に自分を味方の陣営まで護衛したライの技量に目を瞠り、『特派などでその腕を腐らせるつもりか』『お前にその気があるなら親衛隊に来い』と事実上のスカウトをしてくる。


親衛隊に所属しても軍人然とした態度が出来ないライを『脆弱者!』と叱咤し、ブリタニアの騎士として恥じない男になるよう厳しく接するが、その厳しい態度は期待の裏返し。

妹のユーフェミアに専任騎士を付けるという話になった際にライを推挙するなど、内心では彼の実力に一目置き、期待していることがわかるシーンもある。

ただ、軍人というには天然だったりどこか抜けているライの言動に呆れることもあり、「脆弱者ってどういう意味ですか?」と聞き返されてため息をついたことも。


ライに対して異性として好意を抱いているかは不明だが、彼から正面切って感謝の言葉を向けられた時に真っ赤になって照れたことがある。


親衛隊編のラストで、ライは「血染めのユフィ」の悲劇を未然に阻止したが絶対遵守のギアスの暴走を抑えきれず、現代でも再び取り返しの付かない事態を起こすことを恐れてコーネリア達の前から姿を消そうとした。

しかし、例えギアスがあってもライを押さえ込める実力を有するノネットに保護される。


特区日本成立の式典後、コーネリアはライを自身の領地へ連れ帰り、彼の状態が安定するまで保護すると決めたノネットからその旨と事情を告げられ、自身が認めた『真の騎士』であるライの帰還を待ち続けることになった。

この時のCGのコーネリアはアニメでの女傑ぶりが嘘のように穏やかな表情であり、ライのことを案じつついつか帰ってくるように内心で祈るなど、彼に対する信頼がうかがえる。

関連イラスト

センシティブな作品コーネリア・リ・ブリタニア

おくるコーネリア


関連タグ

コードギアス

ユーフェミア・リ・ブリタニア シュナイゼル・エル・ブリタニア

ギルバート・G・P・ギルフォード アンドレアス・ダールトン ノネット・エニアグラム

グロースター


カップリングタグ

ギルネリ ライネリ

関連記事

親記事

ブリタニア皇族 ぶりたにあこうぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4173758

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました