ピクシブ百科事典

CV:保志総一朗

人物像

「ナイトオブスリー」の地位に就いている少年でマントの色はダークグリーン。名門貴族出身だが、卓越したKMF操縦技術で今の地位を手に入れている実力派。専用機はトリスタン。独特に編んだ金髪が特徴。スザクを手伝うためアーニャとともにエリア11を訪れ、後にアッシュフォード学園高等部に入学した。
普段は陽気な自由人だが、戦闘では常に余裕を見せた態度で振舞う自信家。一方でナンバーズ出身のスザクに対しても親しく接する(スザクもラウンズとの戦いの際にジノだけは殺さなかったのでお互いに友情はあったと思われる)など他人には気さくで人懐こく、学園内では女子からの人気も高い。庶民の文化には疎い。
太平洋上で戦って以来カレンに関心を抱いており、一目見た彼女を「好みのタイプ」と賞している。カレンがブリタニアの捕虜になった時にはブリタニア側に戻ることを持ちかけたこともある。
後にビスマルクらとともに皇帝となったルルーシュに反旗を翻し唯一生き延びる。
自分の守るべきもののためにあくまでもルルーシュと敵対し戦うことを決意し、黒の騎士団に合流して改造されたトリスタン・ディバイダーでルルーシュらとの最終決戦に臨む。ルルーシュの蜃気楼を破壊するも、ランスロット・アルビオンに敗北したがカレンをスザクの元に送り届けることには成功した。

しかし、ルルーシュに対しての「私はお前の世界を認めない」という発言に対しては
「家柄に拘らないと言いながらも結局は貴族の権益や旧体制に縋りつきたいだけではないか」
という指摘も存在する。
また、ジノが味方することになったシュナイゼル(と黒の騎士団)に対しても別にこれと言った大義もなく(シュナイゼルの「フレイヤによる恐怖政治」もルルーシュのギアスによる独裁に勝るとも劣らないほど危険である)、そもそも最初はシャルルの仇討ちを目指すビスマルクに同行していたにも関わらず、ビスマルクが倒されると今度はそれまで敵対していたはずの黒の騎士団に擦り寄る形になったため、特に信念らしい信念もないままブリタニアと黒の騎士団の間を飛び回りながら正義の味方のような台詞を吐くジノに対し「薄っぺらい」という批判が向くこともある。

小説版の「ナイトオブラウンズ」では彼のことが掘り下げられており、「騎士は与えられた命令に従うだけの存在だからこそ弱い奴が向いている」という独自の考えをもっていることが明かされている。スザクに対して関心を持ったのも彼の弱さや自罰的な面にある種の共感を持ったからである。
ただし与えられた命令に疑問を持たないようにして、忠実に実行すると聞けば聞こえはいいが、これは言い方を変えれば何の思想も持たずにただ国に帰属しているだけという自分の弱さに対して開き直っているともとれるような考え方であり、上述の彼の薄っぺらさを裏打ちしているとも言える。
平時であればそれでもいいのかもしれないがクーデターによって仕えるべき国家や主君が変わった激動の時代においても、仮にもナイトオブラウンズに席を置く人間がこのような軸のない考え方でフラフラしていたのは大きな問題があったと言えるだろう。
そしてやはり彼の戦う理由とは結局、シャルル統治時代のブリタニアへの執着以外のものは特に見えず(これは描写不足もあったのかもしれないが)、自らの戦う理由と道を改めて自分の意思で見い出したスザクには二度も敗北し、そのくせ最終決戦では自分が決着をつけることはせずに最終的にはカレンに丸投げしたとも言える顛末だった。

そしてこの在り方が特に変わったり成長したような様子もないまま、やはりルルーシュの死後の世界を謳歌している描写が小説版で描かれており、流石にこの人物ほどではないもののこれらのことから最終的にファンからの非難も改めて集めることになってしまった。


関連タグ

コードギアス 紅月カレン 枢木スザク トリスタン
アーニャ・アールストレイム ビスマルク・ヴァルトシュタイン ドロテア・エルンスト
ルキアーノ・ブラッドリー ノネット・エニアグラム モニカ・クルシェフスキー

ガエリオ・ボードウィン:似た者同士

関連記事

親記事

ナイトオブラウンズ ないとおぶらうんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジノ・ヴァインベルグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273934

コメント