ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シャムナ

しゃむな

シャムナは劇場版アニメ『コードギアス 復活のルルーシュ』に登場する人物である。
目次 [非表示]

「どこ?人の意識、その根源よ!」


CV:戸田恵子


概要

戦士の国ジルクスタン王国の聖神官を務める王女。弟のシャリオが軍事を担当し、彼女は神事を担当している。


長い金髪と豊満な肉体の美女で、不自由な身体でありながらKMFで戦って傷つくシャリオを愛しており、入浴時に不自由な身体のシャリオを洗ってあげるほどに深い愛情を向け、シャリオもまたそんな姉を守ろうとしている。そうした関係から、二人は親子とも男女とも取れるような関係である。


ギアス嚮団との関わりはジルクスタン内では彼女が最も深く、彼女自身もギアスユーザーである。彼女がギアスユーザーである事はシャリオを始め、側近や側付きの兵士達の皆が知っている。


ジルクスタンを支えた予言

ジルクスタンがブリタニアをも退けたのは彼女の予言の力によるものが大きく、それによってジルクスタンは常勝無敗の「戦士の国」としてその地位と経済を確立し、ブリタニアの侵攻が行われていた情勢でも平和を保っていた。


予言はおそらく、ギアスによるものと思われる。


しかし、あくまで神官という立場上軍事能力が高くないのは本人も自覚しており、表の軍事をシャリオとボルボナ・フォーグナーと彼の息子である自身の親衛隊長シェスタール・フォーグナーが、暗殺や表沙汰に出来ない行動はスウェイル・クジャパット率いる暗殺部隊とベルク・バトゥム・ビトゥルら山賊あがりの兵隊が行い、シャムナの予言でその勝利を確実なものとしている。


困窮する祖国と弟への愛

ゼロレクイエムによって世界の紛争が激減したことでジルクスタンは経済が傾き、徐々に困窮していった。


シャムナは戦争しか経済を支える術を持たない祖国最愛の弟、そして民を救うべくある計画を練る事となる。


関連タグ

ジルクスタン王国 シャリオ(コードギアス) ギアス































予言の正体 ネタバレにつき注意


「また、私の人生だけが6時間リセットされたか。」


彼女はギアスユーザーにしてコードユーザーでもある。コードがあるにもかかわらずギアスが使用できるのはルルーシュがCの世界で神を殺したことでその法則が乱れたため。同時に彼女が本来所有していた先読みのギアスも変質した。


「このシャムナは、死ぬ度に人生をやり直す定め。」


彼女のギアスは自分が死ぬことにより発動し、6時間前に意識が遡るタイムリープ能力の一種になると共に擬似的な不死身にもなる。この無限新生によってシャムナは自軍が不利になる度に自害することで6時間前に遡り、その経験をシャリオ達に伝えている。つまり、予言とは6時間後に死んだ自分の経験の積み重ねによるものである。


この「予言」の本当の恐ろしさはシャムナの意識にしか作用しないため、コードを持つC.C.でも防ぐことが出来ないという点。そして、6時間後の自分が経験したことを遡ったシャムナが予言として正確に伝えるので、ジルクスタンの軍は確実に先手を取ることが出来る。綿密な策を練るルルーシュにとっては、前もって完全に対策を取られるので天敵中の天敵になる。


シャリオを始め、幹部達の死を回避するためにも有効だが遡れる時間が6時間と短すぎるため、死んでから6時間を過ぎてしまえばもうその死を回避することは出来ない。作中ではシェスタールの死をビトゥルから聞いた時点で既に6時間過ぎていたため、シェスタールの死を阻止することは不可能となってしまった。

特に言及されていないが、上記のシェスタールの件から推察するに効果の重ねがけ(例えば二回続けて使うことで12時間戻る等)は出来ないようである。

とは言え、本編中でのシャムナは『6時間前の状況』や『犠牲者の死からの経過時間』は気にしても『前回のギアス使用からの経過時間』を気にした様子はなく、何かあると躊躇いなく自害している事から再び使用可能になるまで6時間必要なわけではなく、6時間経過を待たずに死亡した場合、前回6時間戻った時点に戻るのだと思われる。


しかし、6時間の準備時間で回避不能な死だった場合は文字通りの無間地獄に落とされることになる。事実、本編ではそれによって10時間後の爆死を繰り返される状態になってしまった。



もう一つの関連タグ

死に戻り


終わりがないのが終わり

関連記事

親記事

ジルクスタン王国 じるくすたんおうこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました