ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

E.U.中華連邦よりも、遙かに小国でありながら、かつて世界制覇を推し進めていたブリタニアの大軍さえも、寡兵を持って退けた軍事国家であり、「戦士の国」として、その名を知られている。

国土の9割がむき出しの砂漠荒野な上に、サクラダイトなどの資源にも乏しい、この国の最大の輸出品は兵士であり、その高い力量を見込まれて、各国に傭兵として兵士を派遣することで、経済を支えてきた。

身体に障害を持つ国王・シャリオが軍事を、姉である聖神官・シャムナが神事を担当して、国を統治している。特にシャムナの予言は、兵士達だけでなく、シャリオからも、絶大な信頼を得ており、それによって、ジルクスタンは、ブリタニアをも、退けたことがある。

また、「褐色の城壁」の異名をとる大将軍ボルボナ・フォーグナーは、ブリタニアとの戦闘経験を持つ上に『ブリタニアの魔女』と、恐れられる第二皇女コーネリアにも、その名を知られる名将である。

光和2年(皇歴2020年相当)の時点では鋼骸パンツァー・フンメル同様に人型ではないが、自国産のKMFゲド・バッカを筆頭に聖神官親衛隊隊長シェスタール・フォーグナー専用機のジャジャ・バッカとボルボナ・フォーグナー専用機のガン・ドゥ・グーン、更にフロートシステムを標準装備とした、シャリオ専用機ナギド・シュ・メインを開発。また、ナイトギガフォートレスバタララン・ドゥを有しており、「戦士の国」の名に恥じない、高い軍事力および、技術力を有する。

上官或いは、王家に対して「ナム・ジャラ・ラタック」と答えて、手で目を覆う返礼があり、これはブリタニアの「イエス・ユア・ハイネス」、「イエス・マイ・ロード」に、相当する。

現実における、パキスタンの領内に位置しており、ラクシャータが土地勘があると、発言していたことから、中華連邦に加盟していた国から、独立した状態であったと思われ、すぐ近くに、E.U.加盟国が存在するという、極めて不利な地理に、なっている。

ギアスとの関わり

この国の中枢には、ギアス嚮団の分派「ファルラフ」が存在し、王家とそれに近い者達および、それらの配下達は皆ギアスユーザーおよび、ギアスの存在そのものを知っており、ギアスとの関わりの広さと深さは、ブリタニアの比ではない

思想犯やテロリストを収容する、嘆きの大監獄地下には、アラムの門と呼ばれる、Cの世界にアクセスする門があり、かつて、ブリタニアが侵攻したのもシャルル・ジ・ブリタニアが、これを狙ってのことだったと思われるが、失敗している。

平和によって訪れた、国家の危機

しかし、悪逆皇帝・ルルーシュの死を発端として、世界が平和へと、歩み始めたが故に、各地での紛争が、激減してしまう。

それにより、戦争で経済を支えてきた、ジルクスタンは、次第に傾いていき、エナジーフィラーでさえ、不足の危機に見舞われている。シャムナは、この祖国と不自由な身体を、傷つけながら戦う弟・民を救うために、ある計画を企てることとなる。

スパロボ30では

復活のルルーシュのシナリオを完全再現したスーパーロボット大戦30でも本作のメインとして扱われている。
本作ではガン×ソードカギ爪の男と結託を行っておりその結果、雑魚ユニットとしてパンツァー・フンメルに加えてガン×ソードのヨロイたちを従えていく。
その後原作と同じ流れを送るが、シャムナのギアスの妨害を受け(その結果、本作ではステージをリセットさせると言う形で表現される)翻弄される。その後、原作と同じ流れを再現されるが、シャムナ放置後、カギ爪の男の手に恐怖感を覚え結果シャリオとベルクは逃げ延び以降鍵爪の男一派の客将として立ち塞がる。

関連タグ

コードギアス 復活のルルーシュ ギアス

関連記事

親記事

コードギアス復活のルルーシュ こーどぎあすふっかつのるるーしゅ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジルクスタン王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 916

コメント