ピクシブ百科事典

オデュッセウス・ウ・ブリタニア

ふこうなおうじ

オデュッセウス・ウ・ブリタニアとは、『コードギアス反逆のルルーシュR2』に登場するキャラクターである。

いやぁ、本当によかった。私は争いごとは苦手でね

概要

CV:山野井仁
神聖ブリタニア帝国第1皇子で、皇位継承権第1位。
あの皇帝シャルル・ジ・ブリタニアを父に持っているにもかかわらず穏やかで争い事を好まない善良な性格をしていて、他の人間から恨みを買ったりすることがほとんどない。
一方で優柔不断な性格でもあり、またルルーシュ・ヴィ・ブリタニアシュナイゼル・エル・ブリタニアといった弟達とは違って非凡な才能や能力には恵まれていない凡庸な人。
シャルル不在時には彼が内政を取り仕切る立場となるのだが、このせいで能力的には信頼されておらず、ほとんどシュナイゼル任せになりがちである。

コードギアス双貌のオズ」において、実は主にブリタニア軍女性士官の間で「癒し系」として密かに人気がある事が判明。
また、マフィアのような裏稼業の人間をただ処罰するのではなく、ボランティアや社会復帰のための労働などを条件に恩赦を与える更生プログラムを組み、高い評価を得ていた事が分かった。
中華連邦との融和は彼の意見が発端で、人民の劣悪な環境を知り、「民がかわいそう」という政治の世界、まして皇族という立場にしては余りにも稚拙な理由だが、実際に民の生活環境の改善を働きかけることでブリタニアへの恭順を推し進めるのは各エリアの反乱に加えてユーロ・ブリタニアの動向を警戒せねばならない本国の厳しい懐事情からシュナイゼルがその観点から融和を推し進めることとなる。彼がもう少し各エリアのゲットーの環境に目を向け、こうした制度を各エリアにも導入していれば反ブリタニア活動の活発化を避けられた可能性も恐らく皆無ではなく、ゼロをはじめとした反体制派にとってもやりにくい相手になったかもしれない。
このようにシュナイゼルが政治と軍事、クロヴィスは事業家や学問で優れていたように彼は社会福祉の才能に長けていた事がうかがえる。他の皇族とは余りにも対照的な人の良すぎる性格故、生まれる時代と国を間違えてしまい、無能呼ばわりされる事が多くなってしまった可哀想な御方である。

R2では、シュナイゼルの差し金で中華連邦の天子と婚約するが、ゼロ率いる黒の騎士団や星刻らクーデター派に邪魔され、破談に終わった。
その後は皇籍を失ってブリタニア軍の兵士となったが、帝都ペンドラゴンに発射されたフレイヤによって帝都ごと消滅した。

物語の本筋に関わるほどの重要人物ではないが、その場違いなまでの善人振りから返って目立っており、更に本人の与り知らぬところで不遇な目に遭い続けたことで一部でネタキャラとして親しまれ、ファンの間でも密かな人気を獲得している。
尚、彼に関する投稿作品のタグは、単純に『オデュッセウス』とだけ登録されているものばかりであるため、and検索で絞り込むことをお勧めする。


関連タグ

コードギアス反逆のルルーシュR2 神聖ブリタニア帝国 ヘタレ
オデュッセウス→投稿作品のタグはほぼ全てコレ

関連記事

親記事

ブリタニア皇族 ぶりたにあこうぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オデュッセウス・ウ・ブリタニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7662

コメント