ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

形式番号Type-0/0A
全高4.67m
全備重量8.07t
推進機関
  • ランドスピナー
  • 飛翔滑走翼
  • 水中用推進器
武装
  • ハドロンショット×2
  • 拡散構造相転移砲
  • スラッシュハーケン×2
特殊装備
  • 絶対守護領域
  • ドルイドシステム
  • フレイヤ・エリミネーター
パイロットゼロ


概要

コードギアス 反逆のルルーシュR2』に登場したナイトメアフレーム
ラクシャータ・チャウラーが開発を手掛け、当初より明確なゼロ専用機として設計されている。
第八世代相当のナイトメアフレームとされる非常に高い性能を有しており、数少ない可変KMFで、本機は変形する事でトリスタンと同様にフォートレスモードへ移行する機構を持つが、トリスタンとは異なり高速飛行だけでなく潜水が可能なのである。
また、可変機構そのものも複雑なものは使用されておらず変形完了までの時間も短い。

他の日本製KMFに無い本機独自の機能として、回収されたガウェインのドルイドシステムが移植されている。
操縦システムは通常の方式以外に全てのコントロールをドルイドシステムのコンソールに統合できるモードがあり、その際には基本動作の半分を自動化することで操縦にかかる手間を軽減、操縦から火器管制、解析作業など全て一人で行うことが可能となっている。
これにより、操縦のみ別個の席で行う必要があった複座型のガウェインとは異なり、扱いきることさえ出来れば更に迅速な作戦行動を取れるようになっている。
しかし、それ故に操縦技量を反映した精密な機動は余り出来ず、同格以上の機体との直接戦闘はガウェイン以上に不得手となっている。
ただし、本機は前線での戦術指揮や支援を主な役目とする指揮官機であり、出撃の際には護衛の随伴を前提とし、また防御に重点を置いた性質から直接戦闘でも守りに徹した時間稼ぎは非常に得意であり、必要以上に孤立しなければ余り問題にはならない。

ただし、前線でドルイドシステムを迅速に扱いきれるだけの非常に優れた情報処理能力(俗に言うドルイド適正)を持っていなければ性能を発揮することは難しく、ゼロ以外に本機をコントロールすることは困難を極める。
また、その複雑なシステム故に操作が非常に忙しく、劇中、戦闘中のゼロはずっと思考を回転させつつコンソールを弄りっぱなしであった。

ドルイドシステムを応用した防衛機能「絶対守護領域」はシステムを使いこなせれば絶大な防御力を誇る半面、ドルイドシステムへの適正が無い者にはほぼ扱えず、仮に展開出来たとしてもシステムを処理出来ない限り、防御としては全く機能しないと言っても良い。

ただし十分に扱えるゼロが操縦者ならば、ナイトオブラウンズ4機連続しての猛攻を凌ぐほどの性能を見せており、まさに”空の皇帝”、”動く小型要塞”というべき威容を誇る。

兵装

ドルイドシステム

蜃気楼の心臓部にして要とも言える高性能電子解析システム。
主な詳細はガウェインを参照。
ただし、本機は機体の操縦もルルーシュがこなすため、目まぐるしく戦況が変化する前線で操縦しながら、完璧かつ迅速に使いこなすルルーシュの情報処理能力の高さは推して測るべしと言ったところ。
更に下記二種の兵装の真価を発揮するのにも必要な機能となっている。逆にシステムの適性が無ければ扱い難い。

拡散構造相転移砲

胸部に内蔵された蜃気楼の切り札的武装。
まず液体金属からプリズム状に凝固させたレンズを生成、胸部が展開してこれを射出した後、レンズ目掛けて貫通力に優れた高出力レーザーを照射、レンズを基点にレーザーを広範囲に乱反射させ、進行方向に居る目標をまとめて貫き焼き切るというもの。
一見すると無秩序な範囲攻撃にも見えるが、レンズはドルイドシステムにより算出されたデータを基に反射角などが精密に計算されて生成されるため、目標の指定や攻撃範囲の設定などを正確に行うことが可能となっている。
また、液体金属を放たずにレーザーのみを照射することも可能。スタッフからは『ゼロビーム』とも呼ばれている。

絶対守護領域

蜃気楼


蜃気楼の独自のバリアシステム。
『世界最高峰の防御力』と称される極めて高い強度を誇り、巨大陸上戦艦『大竜胆』の一斉砲撃を真正面から受けても問題なく防ぎ切ってみせた他、パーシヴァルのルミナスコーンやモルドレッドの至近距離でのシュタルクハドロンにも耐えてみせた。
ただし、唯一トリスタン・ディバイダーのエクスカリバーによる一撃には突破された。これはトリスタンのパワーが想定以上だった為、発生させたバリアの出力では耐え切れず機体に過負荷が掛かったことが原因。
また、構造上ハドロンショットや拡散構造相転移砲の射線を塞ぎ易いため、攻撃時には最も守るべき正面方向のバリアを解かなければならないという欠点もある。
ドルイドシステムによって展開範囲や展開場所を設定するため、適性の高いルルーシュとの相性で正確な位置に設定することができる。

ハドロンショット

両腕に内蔵された射撃武器。
ハドロン砲を小型化、単発のエネルギー弾にして撃ち出す、速射性と取り回しに優れた武装。
直接戦闘時の数少ない有効な攻撃手段の一つ。
ただし、ブレイズルミナスなどバリアシステムを持つ相手には火力不足は否めない。

スラッシュハーケン

本機の脛部分に内蔵され、使用時には装甲が下部に動く。装備位置の関係上、この時代のスラッシュハーケンとしては珍しく牽引・奇襲などの補助的な機能のみになっている。

バリエーション

真母衣波

コードギアス復活のルルーシュに登場する後継機。

  • 真母衣波 壱式
ゼロの象徴として開発されるも市民から猛烈に反対されたアルビオンゼロに変わるゼロの乗機として再生産した機体。
アルビオンゼロと比べて式典用としての側面が強く、スザクの適正ではドルイドシステムが使えないため、システム類はファクトスフィアへと変更され、一部武装と性能が制限されている。
  • 真母衣波 零式
最終決戦でルルーシュが搭乗した同型機。壱式との違いとして、腕部にシールドの発生装置が追加され、蜃気楼と同じカラーリングとツインアイタイプの頭部に変更されている。

関連タグ

コードギアス 反逆のルルーシュR2
ナイトメアフレーム / KMF
ゼロ ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア ラクシャータ・チャウラー

関連記事

親記事

ナイトメアフレーム ないとめあふれーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蜃気楼(コードギアス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6778

コメント