ピクシブ百科事典

フレイヤ(コードギアス)

ふれいや

フレイヤ(F.L.E.I.J.A.)とは、『コードギアス反逆のルルーシュR2』に登場する新型核兵器である。

概要

正式名称はField Limitary Effective Implosion Armament

神聖ブリタニア帝国の研究機関「インヴォーグ」の研究チーフとなったニーナ・アインシュタインが制作した新型核兵器
発射するとある程度の距離を直進し、内部のサクラダイトが起爆して核分裂反応を起こし、巨大なエネルギーの球体が発生。触れたものを跡形もなく消滅させる。この時球体内部の空気すら消滅するため、球体の縮小・消滅後は真空となった圏内に周辺の空気が流入し、第二次、第三次影響圏内に強烈な突風が発生。広範囲に甚大な被害を及ぼしてしまう。
効果範囲は最大で半径100kmだが、リミッターを設定すれば効果範囲や起爆時間の調整が可能。
核兵器ではあるが、起爆時には爆発、熱反応、放射能は発生せず、第三次影響圏終了後は後遺症は一切ない「究極のクリーンな兵器」と呼ばれている。

ニーナの意向によってランスロット・コンクエスターにピストル状のフレイヤランチャーに搭載される形でロールアウトし、トウキョウ租界の政庁を中心とした半径10km圏内に甚大な被害を与えた。
なお開発者であるニーナはこの兵器の能力をデータ上の漠然としか結果知らず、実際に目の当たりにした際にはあまりの強力さに愕然とし、機関から逃げ出してしまった。

その後はシュナイゼルによって一次製造分の弾頭がすべて回収され、天空要塞ダモクレスに搭載。首都ペンドラゴンを消し飛ばし、最終決戦時には「起爆前にナイトメアフレームで接近し、弾頭を破壊する」と言うルルーシュ側の作戦を無効化させた。
またダモクレスの庭園の天井にぶら下がっている照明のような物体もまた自爆用のフレイヤである。

だが起爆する前に刻々と組成が変化するため、その真逆の反応をぶつければ相殺が出来るという弱点があり、ニーナがロイドセシルの協力を得て対フレイヤシステム「フレイヤ・エリミネーター」を開発している。

コメント