ピクシブ百科事典

トランザ

とらんざ

特撮ドラマ『鳥人戦隊ジェットマン』の登場人物。
目次[非表示]

「蛹を破り蝶は舞う。トランの殻を破った時、このトランザが天に輝く!!」

概要

第37話より登場。元々は次元戦団バイラムの中で最年少のトランだったが、次第に敵味方の両方から子供扱いされることに不満を感じるようになり、第36話では自分を軽く見る他の幹部たちの鼻を明かそうとジェットマンに挑むも敗北。
その上「子供だから」という理由で情けをかけられ、さらに幹部たちからも嘲笑を浴びせられてしまう。
この屈辱によって、ついにトランのストレスが限界に達し、爆発的な怒りのエネルギーで急成長した姿がトランザである。

成長後は自ら帝王を名乗り、ラディゲを始めとするバイラムの幹部たちを率いることになるが、力ずくで服従させる方法を選んだために彼らからの反感を買い、やがて悲惨な末路を辿ることになる。

髪は大胆に波立つ銀色で、唇は紫色。
時々人間に化けることがあり、その際はなるべく目立つような服装を整えている。

急成長する幹部はスーパー戦隊史上初となる。

演じるのは『超獣戦隊ライブマン』のドクター・ケンプをはじめ、美形でナルシスティックな悪役を演じてきた広瀬匠氏。
氏は現在、自身の芸能プロダクションを経営しており、役者の仕事は休業中である。

性格

一言で言うと、体が大きくなっただけの子供である。

他の幹部が提案した作戦や考えを一蹴し自分一人で何でもやろうとする、そのくせ作戦が失敗した際には責任をなすりつける……と、その行動は尊大で自己中心的、かつ無責任である。

具体的な例を挙げよう。
第41話でラディゲらが呼び寄せた隕石ベムの心臓部を勝手に横取りして自分の手中に収めた後、バイラムの本部・魔城バイロックで

「見世物としては最高の出来だったぞ。違うか? ラディゲ。無能な指揮の下では、どんな宝石も輝きを失う……所詮、お前たちはな、見世物小屋の道化師なのだ!」

とラディゲたちを嘲笑い、その後隕石ベムがジェットマンの本部であるスカイキャンプを襲撃している様子を眺めながら、

「有能な指揮を得て……フッ、やっと宝石も輝きだしたのだ」

と自分の実力を誇示する。
隕石ベムの心臓部を横取りした経緯を打ち明かしてラディゲから責められても、トランザは以下のように受け流す。

ラディゲ「貴様、卑怯だぞ!」
トランザ「戦力とは、こういうものだ!」

そして、隕石ベムが倒されたら

「お前達の作ったバイオ次元獣など、所詮はただの石ころだ!」

と侮蔑の言葉を吐き捨てるように言い放ち、自分の失敗をラディゲたちになすりつける……といった具合である。

また何でも自分が一番にならないと気が済まない性質でもあり、初登場の第37話では竜に真剣勝負、にナンパ勝負、雷太に大食い勝負を挑んで全員打ち負かすほどのこだわりを見せた。
幹部たちにも自分を「様」づけで呼ぶよう強要し、拒否された際はキツいお仕置きを与えている。

このように、トランだった頃に持っていたひねくれた性格が殊更増大しているのである。
その他、細かい所作にもトランの時の名残がそこかしこに見受けられる。

上記のねじ曲がったおナルな性格でラディゲたちを率い、ジェットマン打倒を目指していくが、当然ラディゲたちからの反感は強く、とりわけラディゲには反抗的な態度を取られていた。
そして第47話において、帝王トランザの栄光はラディゲの手で破滅を迎えることとなる……。

能力

戦闘の際は長剣ボルトランザを使用する。第37話でジェットマン5人とラディゲ、マリア、グレイを全員敵に回した上で圧倒するなど、その実力は高い。

戦闘能力以外でも兵器開発技術が抜きん出ており、第42話ではテストロボット・G2、第44話では人間の生命力を動力源とする巨大メカ・魔神ロボベロニカを開発している。
最後の登場回となった第47話でも標的をオブジェに変えるバイオガンを開発し、ジェットマンを窮地に追いやった。

末路

トランザは自作のバイオガンで天堂竜 / レッドホーク以外のジェットマンを次々とオブジェに変えていった。
最後に残ったレッドホークを狙うトランザだが、レッドホーク、そして彼と一緒に行動していた謎の男の反撃によって追いつめられる。

トランザはレッドホークを羽交い絞めにして脅すも、男は聞き覚えのある笑い声と共に本性を現わす。
彼の正体は、第45話でベロニカのエネルギーを吸収した後に行方知れずになっていたラディゲだったのだ。

ラディゲはトランザをレッドホークもろとも亡き者にしようとするが、レッドホークは素早く攻撃をかわして反撃した後、トランザに大ダメージを与える。
それによって他のジェットマンは元に戻り、トランザは彼らの必殺技・ファイヤーバズーカで重傷を負った。

自分の敗北が信じられぬまま、惨めに地べたに這うトランザ。そんな彼に追い打ちをかけたのはラディゲだった。
ラディゲは剣をトランザの片手に突き立て、残忍な笑みを浮かべながらさらに彼をいたぶる。

ラディゲ「トランザ……俺の名を言ってみろ!」
トランザ「ぐあああ!! …ラ、ラディゲ……」
ラディゲ「何ぃ!? トランザ、俺の名を言ってみろ!!」
トランザ「ラディゲ……」
ラディゲ「何ぃ? “ラディゲ”だとぉ!?」
トランザ「あああああ!! ……ラディゲ様ぁぁぁーっ!!!
ラディゲ「そうだ! ……だが殺しはせん。人間として生きながら、一生俺の名を恐れるんだ!!」

こうして、トランザは以前跪かせていたラディゲによって完膚なきまでに屈服させられた。

そして、これまで得ていた能力を全て失い廃人になった彼は、「脳神経がズタズタにされた身元不明の患者」として精神病院に収容された

ワンドロ絵16



医師A「おい。あの患者、まだ身元わからないのか?
医師B「ああ……ひどいもんだよ。脳神経がズタズタにやられている。一生あのままの姿だそうだ……

トランザ「うわああああああーーっ!!! 助けてくれーーっ!! 許してくれーーっ……!!!

かくしてトランザは、ラディゲの幻に怯えて生き続けるという死よりも酷く悲惨な形で物語から退場したのであった。
この末路は当時の全国の良い子と大きなお友達にとってみんなのトラウマとなった。

ちなみに、この結末は広瀬氏本人の発案だという。言うまでもなく当初、プロデューサーを始めとするスタッフの多くからこの提案は大反対され、「子供が番組を観れなくなる」「スーパー戦隊シリーズを潰すつもりか」と激怒されもしたが、自らが演じるキャラをここまで徹底的に追い込もうとする広瀬氏の大胆な発想を気に入った井上敏樹氏の英断によって採用されるに至った。

そして、このトランザの最期が描かれた第47話のタイトルは『帝王トランザの栄光』。
まさに皮肉極まりないものである。

だが、漫画『鳥人戦隊ジェットマン 時を駆けて』ではラディゲの復活に呼応して回復。
逐次その行動を妨害し、最期はラディゲを倒すためジェットマンに手を貸す道を選んだ。

余談

  • 劇中では散々いがみ合っていたトランザとラディゲだったが、トランザを演じた広瀬匠氏はラディゲ役の舘大介(現:舘正貴)氏とはプライベートではとても親しかったそうだ。


  • 元から、井上氏はこの退場劇を想定していたのか、トランをトランザにすることは想定内だったという(とはいえ流石にトランザの最期の場面については本編ほど凄惨なものではなく「ラディゲに殺される」程度で考えていた)。こういう退場劇を子役にさせるのは問題だという、最低限度の良識だろうか。

  • このトランザ退場劇に関しては出演者全員が台本を読んだ際に絶句し、トランを演じていた久我未来氏も、テレビで自分が演じていたトランの果ての姿であるトランザの退場劇を観た際、ショックのあまりに愕然としたという。

関連項目

鳥人戦隊ジェットマン
次元戦団バイラム
ラディゲ
みんなのトラウマ
佐野満 / 仮面ライダーインペラー - 11年後の、同じく井上敏樹氏が手がけたトラウマ退場者。
吐き気を催す邪悪(特撮系)
カイザーブルドント サラマンデス マンマルバ リジュエル - 戦隊シリーズにおける、子供から急成長を遂げた幹部たち。
ロック - 24年後に登場した、1時間後の世界の敵幹部(ちなみにジェットマン放映当時、スーパー戦隊シリーズはまだニチアサ枠ではなかった)。
トランザと同じく、「元々は少年の姿だったが、一気に青年の姿になった」、「体は大人だが、心は子供じみている」、「仲間は利用するだけの存在と見なす」、「下剋上を企んでいる」などなど、多数の共通点があるも流石にその末路はトランザとは大いに異なっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「トランザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4927

コメント