ピクシブ百科事典

帝王トランザの栄光

ていおうとらんざのえいこう

鳥人戦隊ジェットマン第47話のサブタイトルにして、スーパー戦隊シリーズ屈指の問題作。
目次[非表示]

概要

鳥人戦隊ジェットマン』第47話のサブタイトル。

脚本は井上敏樹、監督は東條昭平

察しの良い特撮ファンであれば、この2人がタッグを組んだ回と聞くだけでどんな内容なのか想像がつくであろう…

あらすじ


次元戦団バイラムの居城バイロックでは、マリアがピアノを演奏していたが、その表情はいつにも増して浮かばれない様子だった。
魔神ロボベロニカとジェットマンの決戦の後、姿を消したラディゲの事が気がかりで仕方なかったからだ。

そんなマリアの心中を見抜いたトランザは「おそらくもう、生きてはいまい」とラディゲが死んだものと決めつけつつ、新たに開発した兵器「バイオガン」を手に取りながら「ジェットマンもすぐにラディゲの後を追う事になる! 俺の手でな!」と豪語する。
そして、その言葉の通り、最大の邪魔者であったラディゲが消えた今、因縁のジェットマンと決着を付けるべく動き出す事となった。

一方、リエの墓参りに来ていた天堂竜は同じく墓参りに来ていた男が花を手向けていた墓石に自身の名前が書かれていたのを目撃する。
男の正体はトランザだった。レッドホークに変身して立ち向かう竜だったがトランザに翻弄され、そのまま磔にされてしまう。
そこに4人が駆けつけ、レッドホークを救出するが、トランザはバイオガンを出し、イエローオウルを石板に変えてしまった。

レッドホーク「何の真似だ!? トランザ!」
トランザ「狩人は獲物を剥製にする…この彫刻こそ、貴様達の剥製…!」

そう勝ち誇りながら、繰り出したメタルトランサーによって誘発した爆発の爆風で吹き飛ばしたジェットマン達は変身解除され、更に竜がそのまま崖下から滝壺へと転落してしまう。

その様子を見た小田切綾長官はこのままだと即座に全滅してしまうと判断、全員に逃げるように指示する。

一方、目を覚ました竜は謎の男に手当されていた。
彼は自分の事を「トランザに恨みを持つ者」とだけ語り、仲間達が危ないから早く向かおうと告げ、竜と共にトランザの元に向かう。

その間にも、トランザはまるで狩猟の様に街中へ逃げ込んだ早坂アコ鹿鳴館香を相次いでバイオガンで仕留めて石版に変えてしまう。
そしてバイクで逃亡を図ろうとした結城凱を同じくバイクで追跡し、とある採石場に追い込むと、反攻に打って出ようとした彼もバイオガンの餌食とし、石版に変えてしまった。

何とかトランザの元に辿り着いた竜と男だったが、トランザはレッドホークも石板にしてしまおうとする。すると男はレッドホークのブリンガーソードに2人のパワーを込め、エネルギーを受け止めようと提案。やってみるんだという男の声にレッドホークは覚悟を決めた。

発射されたバイオガンのエネルギーに押される2人だったが、力を振り絞りエネルギーを跳ね返すことに成功。そのエネルギーでバイオガンを破壊した。

形勢逆転となった二人は男が自らの肩を踏み台にレッドホークを飛ばせて攻撃させる。しかし、地上で揉み合いになった際にわずかな隙をトランザに突かれ、レッドは羽交い締めにされてしまった。
激昂して走り出す男に向かって、トランザはレッドの命を盾にする。
「動くな!レッドホークの命はないぞ!」というトランザ。

その瞬間、その男の顔に邪悪な笑みが浮かび、そしてついに正体を現した。

「トランザ、所詮貴様は流れ星!いかに輝こうと、落ちる運命にあったのだ!!」

彼の正体は第45話後行方不明になっていたラディゲだったのだ。

そしてラディゲはもう貴様に用はないとレッドホークごとトランザを倒そうとするが、レッドホークはトランザの身体を盾にして攻撃を防ぎ、脱出。トランザに大ダメージを与える。

レッドはスマッシュボンバーでラディゲを退け、トランザにもスマッシュボンバーでダメージを与えた。その際にトランザの腕の装置・メタルトランサーが破損、ジェットマンも元の姿に戻った。

全員揃ったジェットマンはトランザにファイヤーバズーカを発射。バリアを張れなかったトランザは大ダメージを受けると共に急斜面を転落していった。

こうしてすべてを失ったトランザは自分の敗北が信じられぬまま、惨めに地べたに這いつくばっていた。
そんな彼に待ち受けていたのはラディゲによる壮絶な追い打ちだった。

ラディゲは剣をトランザの片手に突き立て、残忍な笑みを浮かべながら傷口を刳り、彼を甚振りつつ、ある言葉を投げかける。

ラディゲ「トランザ……俺の名を言ってみろ!」
トランザ「あああああ!! …ラ、ラディゲ……」

それを聞いたトランザは苦痛に悶えながら弱々しく応えるが、ラディゲはその返答が癪に障ったかのようにあてつけの様に右足でトランザの左肩を踏みつけて、さらに追い打ちをかける。

ラディゲ「何!? トランザ、俺の名を言ってみろ!!」
トランザ「ラディゲ……」
ラディゲ「何ぃ!? “ラディゲ”だとぉ!?」

そして3度目の問答でラディゲから執拗な甚振りの中で恫喝されたトランザは遂に心折れるかのように…


トランザ「あああああ!! ……ラディゲ様ぁぁぁーっ!!!」


ラディゲに対して屈服する叫びを上げたのだった。
それは、以前トランザが初めてその実力を示し、バイラムの事実上の頂点に立った際に、ラディゲに対して行った仕打ちと全く同じものだった。

ラディゲ「そうだ! ……だが殺しはせん。人間として生きながら、一生俺の名を恐れるんだ!!」

報復が遂に完遂され、満悦な笑みを浮かべつつ、そう言い放ちながら、敢えてトドメを刺す事なく高笑いを上げながら去っていくラディゲを、戦う力も“帝王”という(自ら名乗っていただけだった)地位も失い、ボロボロにされた身体を抱えて絶望しきったトランザは、ただ惨めに地面に倒れ伏しながら見送る事しかできなかった…


場所が変わって『城東脳神経外科病院』と呼ばれる重々しい雰囲気の精神病院――-

そこには、一人の「身元不明の廃人状態の患者」が搬送されていた。

診察室から出てきたその患者を見送りながら、医師達はあまりに惨たらしい状態のその患者について話題が尽きなかった。

医師A「あの患者、まだ身元がわからないのか…?」
医師B「ああ……ひどいもんだよ。脳神経がズタズタにやられてる…。一生あのまんま(の状態)だそうだ……」

車椅子に乗せられ、生気を感じさせない虚ろな目を浮かべ、口からは涎を垂らしながら、隔離病棟へと移送されていくその重症の患者の正体は、ラディゲに心身共に甚振り尽くされたトランザであった。

そして、隔離病棟とを仕切る鉄格子の扉が閉ざされ、薄暗い廊下に金属音が響き渡った瞬間……


トランザ「うわああああああーーっ!!! 助けてくれーーっ!!」 


トランザはそこに存在する筈のないラディゲの影に怯え、錯乱する。
ラディゲによって植え付けられた恐怖・絶望・苦痛は、最早他愛もない物音にさえ、小動物の様に過剰に反応して取り乱してしまうまでに、彼の心をすっかり壊してしまっていたのだ。


トランザ「許してくれっ!! 許してくれーーっ!!!」


駆けつけた医師や看護師達に取り押さえられながら、誰に向けたものなのか彼らには知る由もない命乞いを必死に虚空に向かって喚くトランザの絶叫が反響する中、画面はホワイトアウトし、物語は静かに終幕する……


かくして“帝王” トランザは、かつて自らが追い落とした筈の宿敵 ラディゲの報復によってその全てを失い、そして彼から宣告された通り、二度と拭う事ができない恐怖と絶望に悶え苦しみながら、それまで自分が格下の存在としてゲーム感覚で弄び、甚振り続けてきた表次元の住人の一人として生き続けなければならないという、単純な死よりも残酷な上に、最早『因果応報』などという言葉だけでは片付けられない程に悲惨な幕引きで『鳥人戦隊ジェットマン』の物語から退場したのであった…。

そこへきてこの話のタイトルが『帝王トランザの栄光』…まさに一から十まで皮肉に満ち溢れた一話であった。

この子供向け特撮番組とは思えない超ド級の壮絶ラストは、当時の全国の良い子と大きなお友達関わらず、大きなトラウマを与える事となり、それに伴い当回自体もスーパー戦隊シリーズの長き歴史において良くも悪くも忘れ難き一話として刻まれる事となった。

余談

  • 当回の台本読み合わせの際に、シナリオを一通り読み通した出演者達は、その子供向け番組とは思えない凄惨極まりない内容に、皆思わず絶句したという。
    • また、トランザの成長前の姿だったトランを演じていた久我未来氏も、テレビ放送で当回を視聴後、ショックのあまりしばらくテレビの前で茫然自失となってしまったという。
  • 当初の予定ではトランザはそのままラディゲに殺害されるという形で退場する展開が予定されていたが、トランザ役の広瀬裕氏が「どうせ死ぬのなら、やりたいようにやらせて欲しい」と提案してきた結果、このような『死よりも酷く苦しい退場劇』になったという。
    • 言うまでもなくプロデューサーを始めとする制作陣の大半から大反対を食らったものの、広瀬氏の容赦のない大胆な発想を気に入った井上氏、東條氏からお墨付きを貰う形で採用されるに至った。
  • 『ジェットマン』よりプロデューサー補として制作に参加していた白倉伸一郎氏も後年、当回のラストシーンについて語った際に「現在は言わずもがな、本来であれば当時(1992年)の基準でも、放送禁止になってもおかしくないレベルにエゲツない描写であり、脚本通りに撮影するか否か、ギリギリまで制作陣の間で議論が繰り返された」と打ち明けている。
  • ラディゲ役の館大介氏は、当回をきっかけに元から劇中におけるラディゲの凶行のせいで視聴者から芳しくなかった好感度が最悪なものとなり、当時の子供に石を投げつけられる等の被害に遭い、(身も蓋もなくいうと)その元凶となった発案者の広瀬氏の底知れぬ役者魂には感銘を受けた反面、脚本を担当した井上氏に対しては少なからず恨みを抱く事となったという。
    • また、数年後に子供にこの話を見せたところ、しばらく口を聞いてもらえなかったという。


関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン トランザ ラディゲ
井上敏樹 東條昭平 みんなのトラウマ 黒い東映

皇帝の握ったものガラスの幸福…前者は超光戦士シャンゼリオン、後者は仮面ライダー龍騎より。皮肉に満ちたサブタイトルを冠した井上敏樹による脚本の怪作回である。いずれもトランザに負けず劣らぬトラウマレベルの退場劇が繰り広げられている。
怪獣使いと少年…同じく東條監督が手掛けたウルトラシリーズ屈指のトラウマエピソード。

クエスターの時代…スーパー戦隊シリーズにおける似たような皮肉たっぷりのサブタイトル。こちらはクエスターの退場回である。もっとも普通にレンジャーに倒された上、嫌味抜きで墓を作ってもらったりとトランザとは逆にマシな退場回だったが。

関連記事

親記事

トランザ とらんざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「帝王トランザの栄光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122

コメント