ピクシブ百科事典

超光戦士シャンゼリオン

ちょうこうせんししゃんぜりおん

『超光戦士シャンゼリオン』とは、1996年に制作された東映特撮ドラマ。
目次[非表示]

概要

東映が制作した単発ヒーロー作品。全身が透明素材で出来ているインパクトのあるデザインのシャンゼリオンにまず目が行くが、何よりの特徴は特撮ヒーローにあるまじき抱腹絶倒ギャグ&不条理展開である。

人はイイがダメ要素の方が遙かに強い主人公・涼村暁を始め、敵味方共にやたらとアクの強いキャラクターがそろっており、視聴者の予想の斜め上を行くストーリー展開の数々を披露した。
特に後半の展開は最早筆舌に尽くしがたい展開のオンパレードで、解釈によっては悪の組織に完全敗北した特撮となってしまう。そのため、放送終了後もカルト的な人気を誇っている怪作である。
最終回では、暁が見た夢の世界で、女王エリーザと闇将軍ザンダーとの決着が付く前に放送終了してしまう。

登場人物


超光戦士 シャンゼリオン -
正体は私立探偵・涼村 暁。性格はいい加減な面が多い。タイプとしては平成ライダーの先駆け的存在であることは確か。快楽に弱い遊び人でシャンゼリオンとなったのもタダの偶然に過ぎない。
最終話(夢?の世界)では、正義感あふれる青年で訓練付けの真面目な人生を悔やみ、もっと女の子と遊んだりの青春の日々に憧れていたが、ほぼ人類の戦力は壊滅、親友の速水も死にたった一人、ダークザイドの大軍勢の総攻撃に立ち向かう中、番組は終了する。
果たしてどちらが現実でどちらが夢だったのかは明らかにされていない…。

速水克彦
ダークザイドに対抗して設立された独立組織SAIDOCに選ばれた戦士、本来は彼がシャンゼリオンとなるはずだった。
女子供に優しく、悪を憎む正義の心の熱血漢と分かり易い正義の味方だったが、不慮の事故でちょっと優秀な人間で終わってしまうかと思われたが、物語の中盤、誤って闇の種を食べた速水克彦の肉体は、戦士ザ・ブレイダーとして生まれ変わった。
そして、梅干しを食べることにより、その戦士としてのパワーが発現するのだ。闇の種に含有されていたダーク・グレタミン酸は、梅干しに含まれる塩分と結合して速水克彦の血液の中を駆けめぐる。そして血液の中で練られていたチヌ第一物質が速水克彦の脂肪分によって分解され、タイロミンとデジタミンに分かれるのだ。一方、デターミントはリンパ液に結合して、カチルダ酸とノバ粘液とサルマドンとマグールトドータミンを作り出す。この際、ノバ粘液は体温によって分解され消滅するが、その残滓がカチルダ酸に結びついて核カチルダ酸に変化するのだ。そして、核カチルダ酸とサルマドンによって生成されたカッサノ蛋白質により、速水克彦はザ・ブレイダーであった記憶をなくすのであった。

暗黒騎士 ガウザー -
正体は黒岩省吾。主人公のライバル。他の幹部が真面目に人間界の征服をたくらむ中『故郷の闇次元が滅んだ時点でダークザイドという種族は死んだも同然』との認識に立ち、独自行動をとる。
「知っているか!」の声とベートーベンの第九と共に薀蓄(デタラメ含む)を垂れるのが趣味。
終盤、東京都都知事として立候補、見事に当選し金と女で涼村を骨抜きにして行動を封じ、東京を日本から独立させて『東京都国』を建立したものの、戴冠式直前にその弱肉強食方針に親を殺された子供たちの銃弾に撃たれて死んでしまう…
強さ自体もさることながら選挙と洗脳という現実的な手段で地域レベルとはいえ征服を成し遂げ、変則的なヒーローでも真っ当なヒーローでもなく、ただの銃を握った子供に憎悪の銃弾を身に浴びて死ぬという死に方…凄まじく濃い悪役で有りながら退場後の最終話がまた伝説である辺りがこの作品。
なお、黒岩の最期のエピソードは、本放送時に一部の地域では諸般の事情により視聴できなかった。

将軍ザンダー
ダークザイドの首領的存在。物語冒頭では老政治家を思わせる姿をしていたが、中盤になってからは片桐一樹という青年の姿として暗躍する。
いわゆる真っ当な怪人で、目的は人類の支配によるラーム(生命エネルギーみたいなもの、ダークザイドの食糧)の確保であり、最大の敵と見做しているシャンゼリオンの前に幾度となく部下の闇生物をけしかけ、シャンゼリオン、ガウザーの行動を妨害するが、ダークザイドの闇生物は命令に忠実な奴も居ればタダのオタクまで人材が全く別の意味で豊富な為、大抵失敗してしまう。指揮官としても戦士としても一流ではあるのだが、立ち位置は難民の指導者に近い苦労人。


関連タグ

特撮 ヒーロー 東映 東映特撮
井上敏樹 衝撃ゴウライガン
サバじゃねぇ! シャンゼリオン
公式が病気

仮面ライダー王蛇/浅倉威:萩野氏が演じた涼村暁とは正反対の脱獄殺人犯であり、悪の仮面ライダー。弟の名前が暁だったり、2017年に再演した際に「サバじゃねぇ!」の台詞を言うなどシリアスな役でありながら、中の人ネタも出てくる。

高橋弥七郎(本作に影響を受け、書いた作品には本作のパロディを入れるようにしている)

外部リンク

超光戦士シャンゼリオン - 東映
超光戦士シャンゼリオン - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「超光戦士シャンゼリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152897

コメント