ピクシブ百科事典

ダークザイド

だーくざいど

ダークザイドとは、超光戦士シャンゼリオンに登場する怪人である。
目次[非表示]

概要

人間の住んでいる世界とは違う別の次元闇次元に棲息している怪物たち。
闇次元が滅亡の危機に瀕している為、やむを得ず人間の世界に移住してきた。

彼らが生きていくためには人間の生命エネルギー「ラーム」が必要不可欠であり、人間に化けて社会に潜伏し、「人知れず、密やかに」という掟の元好きに活動を行っている。
闇生物ごとにラームには好みがあり、「自分に恋した女のラーム」「恐怖におびえるラーム」「健康的な老人のラーム」等数多い。

組織ではなく種族であるため幹部と一般怪人との間にはそれほど上下関係は強くなく、幹部に平気で盾突くものもいるが、上述した掟を破った者には制裁が下される。

肉体は大変頑丈で拳銃では傷一つ付けられず、バズーカの砲撃でもビクともしないが、非常に豆腐メンタルであり、潜伏先の職場の上下関係に疲れて胃を痛める、うつ病になる、酒浸りになる、最終的には自ら命を絶つものまで出る始末である。

また人間の事は「食料」とみなしているが、思考や行動様式は人間のものとほとんど変わらず多くの個体が人間社会に違和感なく溶け込んでいる。そのため人間の事は強く見下しておらず、むしろ人間に恋するものまで登場している。

一覧

聖幹部

闇将軍ザンダー(CV:大友龍三郎)
聖幹部のメンバーで最高指揮官。
当初は特定の人間態を持たなかったが、中盤からはギャンブラーの片桐一樹(演:広瀬匠)で固定した。「ダークバースト」という掛け声で本来の姿に戻る。

闇神官モードス(演:高橋利道)
聖幹部のメンバー。闇法廷の裁判長でもある。
左肩にキーバードという鳥型生物がとまっている。

闇博士ヴィンスー(CV:寺井智之)
聖幹部のメンバー。肥満体であることを気にしている。
当初は老人の姿に変身していたが、暁たちと対峙した際は中年の清掃員に変身した。

幹部

暗黒騎士ガウザー(演:小川敦志)
中盤から登場した剣士。「ブラックアウト」という掛け声で本来の姿に戻る。
普段は黒岩相談所の所長黒岩省吾の姿で潜伏している。
好きなラームは「自分に惚れた女のラーム」

ザファイア(演:遠藤あゆみ)
ガウザーも認めるほどの実力を持つ女戦士。「ブリリアンカット」という掛け声で本来の姿に戻る。
小夜子という人間態を持つ。「惚れた男に尽くして尽くして滅ぼしてしまう」とされる幾人もの闇生物を破滅させたため封印されていた。

闇貴族デスター(演:白石真之)
ガウザーに匹敵する野心家。「ブラッディウインド」という掛け声で本来の姿に戻る。
普段はピアニストの花柳に化けている。

闇魔人アイスラー(演:高橋大祐)
ガウザーを倒してダークザイドの地位を得ようとしている戦士。「グランドクロス」の掛け声で元の姿に戻る。

ユリカ(演:木下三枝子)
黒岩の秘書。闇生物だが本来の姿には戻らなかった。

女王エリーザ(演:東風平千香)
最終回の「もう一つの世界」に登場した南エリの正体。

闇生物

名前モチーフCV/人間態登場話
ギンガー洗濯機松本大/赤間麻里子第1話
シューザー走水杏吾第2話
ジャトゥー田中哲司第3話
ミライザトイレットペーパー桑原たけし第4話
エレギス電柱粟津號第5話
ダチュラーミシン太田有美第6話
マニヤー炬燵依田英助第7話
ランゴリア剣山林孝一第8話
バジーザハサミ石黒久也第9話
バクリナー掃除機清川元夢/麻ミナ第10話
シュランザタワシ鈴木浩司第11話
インシュラー判子貴山侑哉第13話
シラガーブラシ大木史朗第14話
ドゴッチハンマー多田野曜平第15話
ガメレオカメラ小池浩司第16話
イレズマ消しゴム幸田宗丸第19話
ミミンガ耳かき大家由佑子第21話
バタンザ箪笥永田耕一第22話
ブローダーボート高品剛第25話
デリンガー電話稲葉実/橋本達也第26話
ゲトラー薬缶軍侍利信第27話
メガノス眼鏡吉田朝第28話
ボチャッカライター - 第29話
ゴハット帽子石黒久也第30話
ジャブー石鹸西村陽一第31話
グルリスコイル石井隆夫第32話
フォンダー噴水三角八朗第33話
ハーガン石川実第37話
グロッカー時計山下裕子第38話


関連タグ

超光戦士シャンゼリオン

ダークサイド(暗黒面):語源

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークザイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92

コメント