ピクシブ百科事典

カメストーン

かめすとーん

カメストーンとは、仮面ライダーに登場する改造人間の名称である。
目次[非表示]

「綺麗な惚れ惚れするようなオーロラだろう!!」
CV/辻村真人

概要

仮面ライダー』第50話「怪人カメストーンの殺人オーロラ計画」に登場するの能力を持ったショッカー新型改造人間
自身が作り出した“殺人オーロラ”を使い世界中の人間たちの抹殺を目論む。鳴き声は「エエェーッ」
ちなみに2号編で2号が最後に1人で倒した怪人でもある。

能力

からオーロラに酷似した“殺人オーロラ”と呼ばれる光線を発射することが出来る。この光線を見た者はまず最初に視力を失った後、から次第に腐り始めて行き、最終的には全身が溶けて死んでしまうという恐ろしいものであり、その効果は改造人間である一文字隼人=仮面ライダー2号にも効果があるという恐るべきものである。コイツを量産してひっきりなしに放っていればショッカーは世界を征服できたのではないのだろうか。

また、人間の姿に擬態することが出来るほか、背中甲羅を外して投げつけるという攻撃手段も持っている。
ただし、一度この攻撃をかわされてしまうと再び甲羅を投げる事ができない上に無防備な背中が露出してしまうという弱点を抱えている。

活動歴

“殺人オーロラ”を使って次々に人々を襲撃して行き、一文字隼人も初戦において目を失明させることに成功。
その戦果に満足したため一時撤退し、アメリカらから呼び寄せたFBI捜査官ロバート田中を殺害し、彼に成り済まして隼人と滝を抹殺しようと企てる。(隼人には彼の乗っていたバイクガソリン目薬ニトログリセリンにすり替えていた)

しかし、夜な夜な隼人が目が見え無いながらもバイクの練習をしていると思い、バイクを調べた立花藤兵衛にガソリンとニトロをすり替えたことを気づかれ、隼人は彼を全く信用していなかったため失敗に終わってしまい、滝を処刑する為に営業中止状態に陥っていた向ケ丘遊園へと誘き寄せた所へ目が完治していない隼人=仮面ライダー2号が駆けつけたために正体を現し、戦闘へと突入。

視力を完全に失っているライダーはその優れたた聴力により足音を聴き分けて戦いを挑むが、その途中で“殺人オーロラ”の症状が進行したのか突如としてライダーの目が痛みだし、その隙に乗じたカメストーンは遊園地のアトラクションを動かしてライダーを混乱させる。
しかし滝がアトラクションのスイッチを切り騒音が止んだ事で形勢は逆転。
最後は甲羅を投げつける攻撃を逆に投げ返されてしまい、その一瞬の隙を突いて繰り出された『ライダーキック』の直撃を受け爆死。
それと同時に“殺人オーロラ”の効力も消え去り、ライダーを始め視力を失った人たちの視力も完治するのだった。

その後の活躍

映画『仮面ライダー対ショッカー』において再生怪人軍団の一員として登場している。

また、PS2専用ソフト『仮面ライダー 正義の系譜』において邪眼の手により再生復活を遂げ、1974年の時代で死神博士の計画に必要なコバルト爆弾が貯蔵された倉庫の守衛を務めており、仮面ライダーV3とハリケーンでのバイクアクション終了後に壮絶な死闘を演じる事となる。

ちなみにゲームでの“殺人オーロラ”の効力が原作と異なり、ライダーへと変身する為に必要なエネルギーゲージを吸い取って変身を解除させるものへと変更されている。
しかも、投げつけてくる甲羅は投げる回数が無制限であるという地味なパワーアップを遂げていた。

最後はV3に敗れコバルト爆弾の計画を阻止されてしまった。

余談

登場シーンで、登場した途端に主題歌「レッツゴー!ライダーキック」のメロオケが流れているのでどこかシュールであった。

ちびまる子ちゃん』で当時ライダースナック関連の社会問題を取り扱った第40話「男子対女子大戦争」においてまる子が引き当てたカードがコイツだったりする。


関連項目

ショッカー怪人 ショッカー  初代ライダー チート

亀仲間

ウツボガメス カメバズーカ カマクビガメ 奇械人ゴロンガメ
ゾウガメロン イワガメ怪人 ガイナギンガム ゴ・ガメゴ・レ
トータスロード オトロシ(魔化魍) ウラタロス トータスイマジン
トータスファンガイア リクガメヤミー トータスアンデッド

pixivに投稿された作品 pixivで「カメストーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 410

コメント