ピクシブ百科事典

蜂女

はちおんな

ショッカーの元祖女怪人
目次[非表示]

蜂女とは、

  1. ショッカーの女怪人
  2. 蜂の格好をしている女性。 蜂娘の記事を参照。

ショッカーの蜂女

「ショッカーがお前を必要としているのだ!さぁこい、来るのだ!」
第8話「怪異!蜂女」登場
cv:沼波輝枝/中谷ゆみ(正義の系譜)

ショッカー女怪人第1号。身長157㎝、体重48㎏。普通すぎな体格。

特徴・能力

ショッカー本部が送る初の女性型改造人間フェンシングの名手。武器の剣先には、麻酔薬や毒薬etc.を仕込んでいる。羽から超音波を発して特殊感覚装置内蔵の眼鏡をかけた人間を操る。眼鏡だけでなく緑川ルリ子にはイヤリングを通して本郷猛を毒殺するよう超音波を送っていた。

配下の戦闘員は皆男のはずだが、どういうわけかほとんどが女性のような声を上げている。ダメージを受けると皆溶けて死ぬ。

活躍

毒ガス製造工場計画/世界征服の為に必要な毒ガスを作るため、廃ビル地下にあるショッカーの毒ガス製造工場の作業員を集めるのが目的。

最期は羽を切られた所を仮面ライダーライダーキックを受け、黄色い液体と化し消滅した。

その後、第13話において仮面ライダーのために一向に進まない日本占領を一気に加速化させるため、原子力研究所を襲撃するための人員確保のため、破損個所を修理し復活を遂げる。
そして新怪人「トカゲロン」の指揮の元、他の再生怪人達と共にライダーに襲いかかるが、呆気なく投げ飛ばされ、最後は「トカゲロン」の爆死の余波に巻き込まれ絶命してしまった。

なお後に、「新・仮面ライダーSPIRITS」(の設定では)において、後のアンチショッカー同盟のメンバーとなった小暮や木暮たちショッカーの被害者たちの訴えを聴き、独自の調査を行っていた一文字隼人死神博士の要請を受け、先の原子力研究所の襲撃作戦と並行して、第二期強化改造人間(ショッカーライダーのプロトタイプ制作)の資材として他の再生怪人たちと共に、持ち前の催眠能力(乳首から発射しているようにしか見えない)により一文字の拉致に貢献していたことが後に発覚した。

その後、大人の事情により、他の怪人たちと違って再生怪人として登場することはなかったが、PS2専用ゲーム『仮面ライダー 正義の系譜』で邪眼の手で復活。
自身を地獄へ叩き落とした仮面ライダー1号の前に恨みを晴らすべく、再び立ち塞がることになる。

そのほか、仮面ライダー(漫画)でも登場するが全身に影が差しているため明確な姿ははっきりしていない。ウツボ男が保護した蜘蛛男の話した内容に驚愕し、蝙蝠男に伝える場面以外での登場はなかった。

裏話

なお、この回の脚本を執筆した滝沢真里女史はこの「怪異!蜂女」がライダーシリーズ初の脚本であり、女怪人にしようとしたのも自身が女性だったから「こういうのも面白いんじゃないか」と思ってやった事らしい。当初の構想では蜂女の正体はこの回のゲスト・少女サチコの「(劇中では)去年死んだ」とされる母親だった、というものだった。

またプロデューサーの平山亨氏は、蜂女の供養をしていたという仮面ライダーファンの女子高生に触発されて彼女の身の上を描いた小説『蜂女物語』を執筆、日本文芸社の書籍『仮面ライダーV3カード』に掲載している
素体となったのはサダエという昭和20年2月生まれの日本人の少女で、誕生直後に母親は憲兵から逃れようとして死亡し、孤児院の大台園で育ったが9歳でアメリカの資産家リグリーの養子となる。
しかし16歳の時にリグリーが破産し南アフリカ共和国に移住したが当時人種差別の激しい南アフリカで日本人のサダエは迫害され、養父母のもとからも逃げ出し黒人夫人に保護されるが、黒人居留区で「白人のスパイではないか?」と疑われて日本へ強制送還されることになる
そして乗せられた貨物船の中で大幹部死神博士からの誘いを受け、腐敗した権力社会へ復讐すべく改造人間になることを選び、改造手術を受けたという。


スーパーショッカーの蜂女

『仮面ライダー』より『蜂女』



劇場版『仮面ライダーディケイド 完結編』で、スーパーショッカーの幹部候補として登場。
初代個体とは異なり、口元がライダーマンのように肌色をしている。

演:及川奈央

出身世界・組織:「1号の世界」のショッカー

劇中行動:大ショッカー弱体化に乗じて怪人たちを糾合し、ゾル大佐鳴滝)とスーパー死神博士を担ぎ上げ、スーパーショッカーを結成。実質的なナンバー3におさまる。かつて電波人間タックル毒殺した。
が、ゾル大佐及び死神博士はいずれも『ディケイド』本編中でショッカー側と敵対していた存在であり、事実上彼女が最も旧大ショッカー派閥においてはトップに近い存在であった。
霊となっていたタックルの猛攻をくらい、重傷を負いながらもネオ生命体の元に駆け込むが捕食されてしまった。その肉体はドラスに変わり果てたと思われる。

仮面ライダーJのハチ女についてはズー(仮面ライダーJ)を参照。

仮面ライダーSDの蜂女

デフォルメ女性怪人(ライダー編)



地獄大使の配下として登場。マイティライダーズの弱点を探る為、同じハチの改造人間であるスーパー1に取り入ったが、作戦ではなく本当にスーパー1に惚れていた。
正体がばれて地獄大使共々スーパー1に追い詰められたが、軽いお仕置きと、他のライダーへの謝罪だけで許された。

OVAでは野良怪人として登場。ライダーマンデートをしていた。

余談

『僕たちの好きな「仮面ライダー」怪人ランキング』では13位。女性怪人としては当然というべきかトップであった。

のぶみ氏による絵本ぼく、仮面ライダーになる!』ではゴースト編に登場。街の人々を催眠音波で操って、ショッカー怪人の食糧にしようと目論むというどっかで聞いたような展開になったが、主人公のかんちゃんのライダーキックで空の彼方まで吹っ飛ばされた。

ちなみに、映画『仮面ライダー1号』に登場するノバショッカーの幹部の1人イーグラは蜂女型改造人間の最新機種らしい(『1号』パンフでは「蜂女の系統」と説明がある)。

プレイステーション版仮面ライダーに登場する最強怪人バージョンの蜂女は顔までマスクに覆われたクラッシャーのない仮面ライダーのような姿をした怪人となっている。


関連項目

敵女 女幹部 サイボーグ

蜂モチーフの女怪人

ズー(仮面ライダーJ) ビーロード(男性あり。) インセクト眼魔 ハチアマゾン(男性あり。)

その他の蜂仲間

ハエトリバチ ハチ獣人 ドクバチジン バチンガル ハチ怪人
ツルギバチ怪人 メ・バヂス・バ バズスティンガー ビーアンデッド
仮面ライダーザビー ワスプイマジン

男ばっかりな気がするが気にしてはいけない。自然界の雄蜂は地位が低いため、その意趣返しだろうか?

その他昭和の女怪人

アリキメデス ドクダリアン ギリーラ バラランガ ノコギリトカゲ 原始タイガー メドウサ ヒルドラキュラ ムカデヨウキヒ ドクターケイト ヘビ女 サソランジン キギンガー クチユウレイ ヘビンガー サタンホーク サタンドール マジョリンガ バラロイド カマキロイド(spirits) クロネコ怪人 アネモネ怪人 ムカデ怪人 大怪人ビシュム マリバロン 天空 百目婆ァ クモ女 ハチ女ズー フォッグ・マザー

昭和期にこれだけの女怪人を生み出すきっかけを作った蜂女の功績は大きい。

モモレンジャー/電波人間タックル:蜂女が初の女性怪人なら、彼女達は東映の変身ヒーロー側における初めての女性戦士というべきキャラクター達。

pixivに投稿された作品 pixivで「蜂女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1304439

コメント