ピクシブ百科事典

ネオライダー

ねおらいだー

90年代に製作された「真・仮面ライダー」「仮面ライダーZO」「仮面ライダーJ」の三作の総称。
目次[非表示]

概要

平成初期に登場したテレビには出ないオリジナル仮面ライダー3作の総称。作品はいずれも1990年代に公開されたのだが、作風は初代仮面ライダーのそれを踏襲しているため、昭和ライダーの括りに入る。

仮面ライダーシリーズの原作者である石ノ森章太郎が製作に関わった最後のライダーたちでもあり、真・仮面ライダーでは石ノ森自身も出演している。
なお、ネオライダーの名称は括りとともにライターのガイガン山崎氏が提唱し、氏をはじめとしてマニアなファンの間で浸透していたものだが高寺成紀の怪ラジにてこの三作が取り上げられた際にこの名称で紹介された。(参照

しかし、後にガイガン山崎氏本人は自身が最初の提唱者であることを否定しており、結局は単に宣伝側が勝手にそう括ったものでしかないものと思われる。(参照

該当作品

真・仮面ライダー 序章』(1992年)
仮面ライダーZO』(1993年)
仮面ライダーJ』(1994年)

派生作品

仮面ライダーワールド』(1994年)

関連イラスト

ネオライダー 今愛が止まらない
目に優しいライダー


Forever 心つなぐ愛が止まらない
ネオライダーズ



余談・備考

三作の共通点として、岡元次郎がスーツアクターを務めていることと雨宮慶太が制作に関わっているなどがある。雨宮は『ZO』と『J』で監督、『真』では変身コーディネーターを担当している。

三作の主人公は全員が他の作品の全員がヒーローを演じているという共通点がある。なお、他作ヒーローという共通点は『ウルトラマンメビウス』放送後に出来た比較的新しい共通点である。

主人公他のヒーロー作品名・シリーズ名
シンウルトラマンヒカリウルトラマンメビウス』(ウルトラシリーズ
ZOシグブルースワット』(メタルヒーローシリーズ
Jティラノレンジャー恐竜戦隊ジュウレンジャー』(スーパー戦隊シリーズ

世界観

三部作はそれぞれ単発の作品であるため、別々の世界観とも同じ世界観ともとれるようになっている。『仮面ライダーワールド』では、ZO・Jが共演し、『真』の怪人も登場するなど同一世界観のように作られている。

また、昭和仮面ライダーシリーズ(1号からRXまでの物語)と繋がっているかは不明だが、当時の児童誌では昭和ライダーとの共演スチールが多く見られた。上記の『仮面ライダーワールド』の描写では『RX』や『BLACK』の怪人が登場し、『ZO』の漫画版では『RX』の怪人が登場するなど、昭和シリーズと繋がっているかのようなストーリーになっている。

続編

1作目『真』・2作目『ZO』は、それぞれ続編案が作られていたが、『真』はオジリナルビデオから映画に以降するため、『ZO』は単発作品として新ライダーを出すため、続編ではなく2作目『ZO』・3作目『J』が制作された。

仮に3作全てが、(『ZO』『J』と同様のストーリー展開で)『真』の続編として作られていれば、2作目で仮面ライダーガイアになるまで、3作目で仮面ライダーガイアが地球のパワーで巨大化するまで、というようになり、名前の通り地球のエネルギーを使う仮面ライダーとなり、財団との戦いも決着がついた可能性がある。

関連項目

平成ライダー 改造人間 サイボーグ バッタ 仮面ライダーガイア
オールライダー対大ショッカー レッツゴー仮面ライダー 仮面ライダー大戦
仮面ライダークウガ平成時代に仮面ライダーシン・仮面ライダーZO・仮面ライダーJの3人のネオライダーに続いて生まれたライダーであり、平成ライダーシリーズにおいて「平成ライダー1号」とされるライダー。
意図したものかは不明だが未確認生命体4号の異名を持つライダーでもある

20世紀平成ライダーズ



仮面ライダーゾンジス仮面ライダージオウ Over_Quartzerに登場する劇場版限定ライダー。ネオライダー3人の力を持っており、名前もアナグラムになっている(SIN+ZO+J → ZONJIS)。

ネオ1号…スーツアクターおよびネオ繋がり
TDG三部作ガンダム平成三部作…コンパチシリーズで似たようなもの(ただし、右2シリーズに比べてネオライダーの登場は極端に少ない)。

関連記事

親記事

昭和ライダー しょうわらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38849

コメント