ピクシブ百科事典

ネオ生命体

ねおせいめいたい

ネオ生命体とは『仮面ライダーZO』に登場する人口生命体にして、彼?に率いられてZOと対立する敵キャラクターたちの組織名である。
目次[非表示]

「どう?パパと会えて嬉しい?アハハハハハッ」

仮面ライダーZOでのネオ生命体

概要

望月敏郎博士が麻生勝=仮面ライダーZOを制作した後、さらに改良を重ね生み出した人工生命体。
博士が当初目指していた完全生命体-感情に左右されず物事を合理的かつ冷徹に考える完全生物-の完成型で、ただ自らの強大なパワーを揮う凶暴な生命体。
誕生から数年と経っていないためか、戦闘形態であるドラス時の外見と高い知能を持つにも関わらずその精神年齢は幼く、それを反映してか、人とコンタクトを取る際は声変わり前の少年のような甲高い声で話す。また、相手の前に姿を現す際には、輪から緑色の肌と赤い目をした人間の上体を突き出したような、東洋的かつ宗教色のある(いかにも雨宮監督のデザインらしい)形態となるが、この外見も幼い少年の姿を思わせる。

成長過程で自我に目覚め、狂気に取りつかれた頃の望月博士に教わったとおり、人間は感情に左右される未熟な生き物と判断、それらを淘汰し生態系の頂点に立つことを望み、それらを実行しようとしていた。だが、そんな彼の恐るべき成長速度を目の当たりにし、目が覚めた望月博士に成長を止められたため、定期的に生体プールに浸からなければ生命を維持できない弱点が残ってしまう。
これを克服するため望月博士を脅迫、さらに博士を機械に融合し、宏を襲撃することになる。

当初、感情に左右されず、それを超越した完全生命体という設計思想で作られたため、自身も感情を侮蔑しているが、実は(劇中明言はされていないが)意識の深層では家族愛に飢えており、人間を不完全な生き物として淘汰しようとした行動原理も「父親」でもある博士に認めてもらうべく彼の教えに忠実に従い、実行しようとした結果であった。そして博士を脅迫し機械に融合したのも、宏を襲ったのも、その根底には父親から拒絶され誰も自分を受け入れてくれない、「家族」がいないこと=嫉妬が全ての原因としてあるのだった。彼の姿が幼い少年に似ているのも、博士の実子である宏の姿を模して、「父親」の関心を引こうとした結果であるという。

劇中、幼生の時に宏から聞かされていた懐中時計のオルゴールを聞いて「家族」の記憶を思い出し「優しい気持ち」が生じて精神が乱れたのもこのためであり、皮肉にも、家族愛という感情により自身が破滅してしまう結果となり、彼の本当の願いが叶う事は無かった。

組織としてのネオ生命体

ZOの敵組織「ネオ生命体」は、首領であるドラス(オリジナルのネオ生命体)と、その分身であるクモ女コウモリ男以上の3体が全構成員である。戦闘員?大幹部?そんなものはいない。
まあ、宏への襲撃が長引けば、新しい怪人を数体ほど精製していたかもしれないが。

スーパーショッカーでのネオ生命体

「ごちそうさま」

映画「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」にてリ・イマジネーションという形で復活。スーパー死神博士が全並行世界征服成就のために“神を超える力”として作成した究極怪人。なお、パンフレットによれば「復活させた」、ディエンドの発言によれば「蘇った」となっているため、オリジナルは「ZOの世界」で既に倒されておりスーパー死神博士がその世界の技術をもってして作成したと思われる。
この映画におけるドラスはネオ生命体自身の変身ではなく、彼?が分身として新たに生み出し、外部から操作する存在である。

オリジナルZOに登場した個体と同じく、誕生間もないため、精神年齢は低く、緑色の液状の姿で某ホラー映画のとあるキャラそっくりな輪から緑色の肌と、赤い目をした少年の上体を突き出したような形態をとり、声変わり前の少年のような甲高い声でしゃべる特徴を持つ。

普段は小型のプールのような機材の中におり、高エネルギーの生命体(改造人間も含む)を取り込むことで成長することが出来き、早く外で遊び(暴れ)たがっている子供の残忍さも併せ持つ。

生みの親であるスーパー死神博士を「パパ」、その側近である蜂女を「ママ」と呼ぶ。
理由は不明だがディケイドを「おにいちゃん」と呼ぶ。オリジナルや実妹とは違い全っ然可愛げがない。
なお、ダミー・ドーパントのことは「ドーパントくん」、仮面ライダーWにいたっては「キミ」で済ませてた。

更に物語の途中、助けを求めてやって来た蜂女を吸収、成長し、実質上スーパーショッカーの指揮権をスーパー死神博士から奪取し、首領ポジションに収まった彼はスーパークライス要塞を起動させ、ついでにディケイドと遊ぶための「おもちゃ」として、平成12大ライダーをも圧倒するほどの超強力怪人ドラスを誕生させる。

そのドラスが倒されると今度はスーパークライス要塞に意識を同期させ、巨大生物のように意のままに操り猛威を振るうが、仮面ライダーWの介入やなんやかんやで、それらをも破壊されると、偶然迷い込んできたダミー・ドーパントを吸収、合体し成人へ成長(ただし肉体だけ)、“究極生命体アルティメットD”へと変貌し、お気に入りの玩具を壊された恨みを晴らそうとするがディケイドとWの前に敗れ消滅した。

関連項目

哀しき悪役
ドラス
門矢小夜/ビシュム - 別のディケイド完結編にて門矢士(ディケイド)を「お兄ちゃん」と呼ぶ人物。

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオ生命体」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25174

コメント