ピクシブ百科事典

呪怨

じゅおん

『呪怨』とは、1999年に発売された清水崇監督・脚本によるホラービデオ作品のタイトル。また、同作から続く映画シリーズ。
目次[非表示]

概要


つよい恨みを抱いて死んだモノの呪い。 それは、死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。 その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる。

という意味がこの作品のタイトルである。

粗暴な夫によってその命を喪った女性・伽椰子の怨念が宿る一軒の家を中心にして描かれるオムニバス形式で、呪いの家に関わった全ての人間が伽耶子の怨念によって呪い殺されていく。
仏壇の中や布団の中に伽椰子が現れるなど、過激な恐怖描写と、少しでも関わった人間は全て無残な末路を迎えるという理不尽な恐怖で大人気を博す。

ビデオ・映画版

2000年にオリジナルビデオ作品『呪怨』『呪怨2』の2作が作られた。その後、劇場用に『呪怨』『呪怨2』が2003年に製作・公開され、大ヒットを飛ばす。
さらに、カルト映画の大家サム・ライミ「こんなに怖い映画を見たことは無い」とこのシリーズをいたく気に入り、『リング』シリーズから始まったジャパニーズホラーブームに乗る形でハリウッドリメイクもなされた。
ハリウッド版は2004年『THE JUON/呪怨』、2006年『呪怨 パンデミック』、2009年『呪怨 ザ・グラッジ3』の3作が製作されたが、サム・ライミと清水崇が関わったのは2作目までであり、3作目はビデオスルーとなった。

以降しばらく音沙汰が無かったが、2009年6月27日には、「怨み続けて10周年」と掲げてシリーズ10周年を記念し、『呪怨 黒い少女』と『呪怨 白い老女』が2作同時公開された。
そして2014年には『呪怨 終わりの始まり』が、2015年には『呪怨 -ザ・ファイナル-』が公開され、シリーズに幕を下ろした。

その後、『リング』とのクロスオーバー映画である『貞子VS伽椰子』が2016年に公開された。

ゲーム版

2009年7月30日には、Wii向けゲームソフトとして『恐怖体感 呪怨』が発売された。
呪いの家に引っ越してきた一家の体験を追い、その恐怖を体感していくFPSホラーゲーム。
Wiiリモコンを懐中電灯に見立てて暗い家の中などを探索して行く。もちろん伽椰子の襲撃をモロに体感することになる。
原作の監督である清水崇が「恐怖アドバイザー」として製作に参加しているが映画とのつながりは何も無い。

また、『THE JUON』の宣伝用として「The Grudge House」というタイトルのPC用フラッシュゲームも公開されている。こちらはホームヘルパーとなったプレイヤーが呪怨の家に招かれ、恐ろしい体験をするという話の流れになっている。

関連項目

佐伯伽椰子/伽椰子 - 本作の中心となる人物。長い髪と恐ろしい表情が特徴的な女の怨霊。
佐伯俊雄 - 伽椰子の息子。伽椰子と共に怨霊と化す。

ホラー ホラー映画 呪い 清水崇

外部リンク

呪怨 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「呪怨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 740861

コメント