ピクシブ百科事典

佐伯伽椰子

さえきかやこ

佐伯伽椰子とは、『呪怨』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

pixivで多いタグは「伽椰子」。
pixivで「伽椰子」をタグ検索

概要

演:藤貴子清水崇(奇声を担当)

ホラー作品『呪怨』に登場する幽霊。
稀に見るとんでもなく質の悪い怨霊または地縛霊として有名。

元々は佐伯剛雄の妻であり、俊雄の母であるとともに、学生時代の初恋相手である小林俊介のストーカーであった。
生前に小林に対する恋心や強い思いを日記に書き留めていた。ある日、その日記を夫の剛雄に発見され、嫉妬と夫の勘違いから殺害されるまでに至る。
前述の経緯により怨霊となって、のちに夫を呪い殺した。その後、押入れに隠れた佐伯俊雄もあの世へ連れて行ったと思われる。 なお、夫も後に悪霊化していると思われる。
シリーズでは佐伯家の自宅は呪いの家と化しており、それに関わった相手を全て呪い殺す悪霊(伽椰子の亡霊)の住処として登場する。
本編においては、少しでも伽椰子や俊雄に出会った者は必ず消されるか、殺される運命を辿ってしまう。

街の人口(または人類全体)が丸ごと消えたケースも存在する

なお、後述はハリウッド版限定の設定だが、『呪怨 ザ・グラッジ3』ではナオコという妹も登場しているほか、別作品では母親も登場し、娘に無事に処理される(というか、この母親が元凶である感もある)。

余談

おそらくはみんなのトラウマとして有名な彼女。
作品の視聴後には一人で寝れなくなる人が続出した。

どういう原理で対象を葬っているのかは不明。ぬ~べ~最凶の必殺技「幽体摘出」のような感じだろうか?霊界への入口を物質化できるのだろうか?とにかく、物理的法則を超越した何かがあるのは確か。劇場版の隙間女も似た能力の持ち主。だが、何故彼女にそこまでの力があるのか、他の霊的存在は何をしているのか、人間以外の存在には反応するのか、等々も不明(幼少の時から母親に怨霊を取り込まされてきて、他の霊も強制的に操作が可能という設定が近年生まれた)。

だが、息子共々その理不尽さ故に憤りを覚えた視聴者も少なくないはず(?)である(その理不尽さも醍醐味の一つなのだが)。そのため、こういった輩に制裁を加える存在を妄想した人もいるだろう。
そんな場面を見てみたい気もする。

钟馗远东平魔录


また、中の人ふつくしいために違った見方映画を楽しむ人もいるという。萌えてみろ

そしてついに・・・

2016年夏、なんと冗談としか思えない状況が発生した。なにこの無法地帯

pixivに投稿された作品 pixivで「佐伯伽椰子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202516

コメント