ピクシブ百科事典

リング(鈴木光司)

りんぐ

『リング』とは、鈴木光司による小説。および、それを原作とした諸作品。
目次[非表示]

pixivで「リング」をタグ検索

概要

"見た者は一週間後に死ぬ"という呪いのビデオをめぐる物語。

都市伝説の「不幸の手紙」を題に取った本書は、その作中の通り、口コミで評判が広がり、ベストセラーとなった。
映画化、ドラマ化など多くのメディアミックスがされたが、それもまた作中の描写とリンクする仕掛けがなされている。

映画版の印象からホラージャンルとして見られることが多いが、シリーズ全体を俯瞰するとSF色が濃い。
また、著者の鈴木光司はホラー専門の書き手ではなく、シリーズの一部ではヒューマンドラマを成立させようと試みている。

本作の中心的な存在である山村貞子は、そのキャラクター性と映画版で見せたインパクトから、一躍話題の種となり、さまざまなパロディがなされた。

インターネット上の二次創作においては、萌えの対象となっている。
「リング」タグで見られるイラストの大半は、もはや『リング』ではなく貞子のイラストだが、「貞子」タグだけでは同名の人物と被るため、「リング」タグが併用されることもある。

シリーズ一覧

原作小説

いずれも角川書店刊。
『リング』1991年
『らせん』1995年
『ループ』1998年
『バースデイ』1999年
『エス』2012年
『タイド』2013年

漫画

『リング』1995年 - 永井幸二郎作画。講談社刊
『リング』1999年 - 上下巻。稲垣みさお作画。以下、角川書店刊
『らせん』1999年 - 桜水樹作画
『リング2』1999年 - MEIMU作画
『バースデイ』1999年 - MEIMU作画
『リング0 バースデイ』2000年 - MEIMU作画
『貞子』2012年 - MEIMU作画

ラジオドラマ・ドラマCD

『リング』1996年 - 角川書店発売

映画

日本映画。東宝配給
『リング』『らせん』1998年 - 同時上映
『リング2』1999年 - 同時上映は『死国
『リング0 バースデイ』2000年 - 同時上映は『ISOLA 多重人格少女』
貞子3D』2012年
『貞子3D2』2013年
貞子VS伽椰子』2016年

韓国映画
『リング』1999年

アメリカ映画
ザ・リング』2002年 - ドリーム・ワークス配給(アメリカ)。アスミック・エース配給(日本)
『ザ・リング2』2005年 - アスミック・エース配給

ドラマ

いずれもフジテレビ放送。
『リング ~ 事故か! 変死か! 4つの命を奪う少女の怨念』1995年 - 二時間ドラマ。『リング 完全版』としてビデオ化
『リング~最終章~』1999年 - 連続ドラマ
『らせん』1999年 - 連続ドラマ

ゲーム

『リング』2000年 - ドリームキャスト専用。角川書店発売
『リング∞』2000年 - ワンダースワン専用。インフィニティ発売
『CRリング』2007年 - パチンコ藤商事

ジュブナイル

『リトルリングⅠ 死者からの手紙』2010年 - 鈴木光司原案。みずのあき作。角川つばさ文庫

関連タグ

リング
小説 映画
ホラー ミステリー SF ファンタジー
鈴木光司
らせん ループ バースデイ
貞子 山村貞子 サマラ 呪いのビデオ

関連リンク

リング (ホラー) - Wikipedia
山村貞子 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「リング(鈴木光司)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3731

コメント