ピクシブ百科事典

呪いのビデオ

のろいのびでお

呪われたビデオ。ここでは鈴木光司のリングシリーズの物を解説する。
目次[非表示]

概要

ホラー小説リングに登場する山村貞子の怨念が篭ったVHS

小説版、映画版、TV版と微妙に差異はあるが、基本的に「見たら一週間後に死ぬ」という恐ろしいビデオテープである。原作では見ると体内に「リングウイルス」というウイルスが発生して死に至り、映画ではテレビ画面から貞子が襲い掛かってくるのが有名である。

呪



対処法としては、ダビング等して第三者に見せる事で死を免れる事はできるが、根本的解決にはなっておらずその後に死んでしまうケースもある(例えば原作では体内のリングウイルスが無くなるわけではない)

発生の経緯

1966年に長尾城太郎によって古井戸に落とされ死亡した貞子であったが、その怨念は消えること無く渦巻いていた。やがて古井戸の場所にはペンションが建てられるが、この時点では直接人間を呪い殺せるような力では無かったのか、特に何も起こらず時は過ぎていった。
そして1990年、古井戸の真上の部屋に宿泊していた子どもが、テレビを録画しようとしてチャンネルを間違えた際に、怨念がテープに録画されてしまった。だが子どもはテープを見ること無くビデオデッキ内に忘れて帰ったので、早くも貞子の野望は潰えそうになってしまった。
そして次に同じ部屋に宿泊した若者達がテープを発見し視聴。この時に若者達はビデオの内容を信じず、最後の助かる方法を上書きして消去した上で、ビデオを放置して帰宅してしまう。若者達は呪いで死亡するが、ビデオはペンションの管理人にも全く気にされず、ビデオ棚に放置されて、またもや貞子の野望は潰えそうになる。
そんな中、若者達の死について調べていた浅川和行がペンションを訪れた事で、呪いのビデオによる長い物語が幕を上げたのである。

その後

前述の通り若者達のイタズラでビデオに異常が発生し、「内容を文書等に記した映像を見ても呪われる」、「女性が感染すると体内で貞子のコピーが作られる」等の現象が起きるようになった。

リング発刊当時は、VHSが主流でありインターネットも発達していない時代だったので、中々呪いが広まらなかったが、後年の貞子3Dではビデオテープに代わり、ネット動画で呪われるというたちが悪くなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「呪いのビデオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62287

コメント