ピクシブ百科事典

目次[非表示]

起動音がカッコイイ携帯ゲーム機

概要

任天堂が発売したゲームボーイカラーがヒット商品となる中、バンダイより発売された携帯ゲーム機。開発にあたっては任天堂にてゲーム&ウォッチゲームボーイといった名機を多く生み出してきた横井軍平氏を招いており、氏が最後に手掛けたゲーム機となった。

EEPROMを内蔵しており、ユーザーのプロフィールを登録可能になっているほか、電池残量や音量等のインジケーターを表示する機能もある。外見上最大の特徴は十字キーの代わりに4個のX・Yボタン群が付いており、本体を縦持ちして縦長画面のゲームをプレイ可能になっている。

本機の設計思想は親が子供に買い与える玩具としてとにかく廉価である事、電池持ちが非常に良くランニングコストが低い事に焦点を当てており、カラーゲーム機が巷で話題の中モノクロ液晶で発売される徹底ぶりだった。
他のゲーム機では電池は2本以上使うのが常識であったが、ワンダースワンは単3電池1本でも他のゲーム機よりも長い稼働時間を実現していた。
また重量も非常に軽く、本体のみで100gを切る超軽量な作りである。

価格も安く押さえられており、定価4800円となっていた事や、発売直後からアクションパズルゲーム『GUNPEY』、スクウェアの移植・外伝作品、バンダイが得意とするガンダムデジモン等の版権ソフトを矢継ぎ早に発売し、ゲームボーイ系列にこそ敵わなかったものの、初代ワンダースワンのみで112万台を売上げそこそこ成功を収め、携帯ゲーム業界の2番手3番手争いに食い込む格好になった。

押し寄せるカラー化

先に述べたようにゲームボーイカラーを筆頭に携帯ゲーム機におけるカラー液晶の実用化・低価格化が進んでいた時期だった事もあり、ワンダースワンもカラー化を行う必要が生じてしまい、ワンダースワンカラー、スワンクリスタルとカラー化モデルの投入を始めた。

その間に任天堂から放たれていたゲームボーイアドバンスの一強状態が確立しつつあった為に、スワンクリスタル向けのソフトは急激な先細りになり、2003年に11本のゲームをリリースしたのを最後に一般販売は終了になった。
翌2004年には受注生産のような形で限定カラー本体・ゲームを販売しており、『JUDGEMENT SILVERSWORD -Rebirth Edition-』『Dicing Knight』の2本を最後に完全に終了。その歴史に終止符を打つこととなった。

販売期間はシリーズ全体で1999~2004までの5年間ととても短かったものの、約350万台を累計で売り上げておりゲームボーイゲームギアに続く当時ナンバー3の記録となっており、鳴かず飛ばずで終わった携帯ゲーム機と比べると圧倒的に知名度・普及率は高いと言える水準である。

また、サードパーティの誘致戦略についても評価される部分が多く、有名シリーズの外伝・スピンオフ作品、続編等が数多くリリースされた他、キャラゲー等も粒ぞろいとなっており良ゲー・名作が多い。
その後他機種に移植されたソフトも多いが、そこから漏れた作品についてはアーカイブ化されておらず実機以外でプレイの方法が無いものもあり、惜しむ声も多い。
売上本数のトップ5は『ファイナルファンタジー』『ファイナルファンタジーⅡ』、『チョコボの不思議なダンジョン』、『スーパーロボット大戦COMPACT』、『GUNPEY』であった。



公式ツールとしてC言語プログラミングソフトである『ワンダーウィッチ』も発売された。
上述の2004年に受注販売された2本のソフトは本ソフトを使用したプログラミングコンテストの受賞作品であり、他にも数多くのユーザー制作のゲーム・ソフトウェアが公開されていた。
他、赤外線機能を使った自律ロボットの操作ソフト『ワンダーボーグ』やポケットステーションを受信部としたプレイステーションとのデータのやり取り『ワンダーウェーブ』など周辺機器も豊富。

バリエーション

ワンダースワンカラー

2000年12月に6800円で発売されたカラー化モデル。
モノクロ版の発売から1年9ヶ月後である。

【素材】ワンダースワンカラー



一応のカラー化はしたものの、STN液晶だった為にグラフィック品質はそこまで高くなく、残像が多い、全体的に暗くて見づらいなどの問題点が多かった。

スワンクリスタル

2002年7月に7800円で発売された新型モデル。
ワンダースワンカラーで問題点だった部分を改善している。

ポケットチャレンジV2

ベネッセがリリースした電子学習機器「ポケットチャレンジV2(以下、V2)」。
ワンダースワンをベースにしたものであり、外観やカートリッジ形状が異なるが実は派生機である。
V2のソフトはカートリッジのガワから基板を取り出してワンダースワンにセットするとそのまま起動する一方、逆にワンダースワンソフトを同じ方法でV2で行おうとしても起動しない為V2はワンダースワンをカスタムしたものである事が分かる(なお、稀にワンダースワンソフトを認識する事がある様子)。
携帯ゲーム機を学習用機器にカスタムしたものは恐らくワンダースワンだけだと思われる。

mama Mitte'

タニタがリリースした妊婦用脂肪計mama Mitte'(ママみって)に同梱された電子機器。
スワンクリスタルをベースにしたものであり、こちらは外観もカートリッジ形状も似ている。実はママミッテのカートリッジはスワンクリスタルでは警告が出て起動できないが、逆にママミッテはワンダースワンのソフトは全部動く。「mama Mitte'用スワンクリスタル」がどうやら正式名称である模様。

関連イラスト

センシティブな作品
細かすぎて伝わらない好み


ゲーム探偵198Xさんの奥様
鈴谷とワンダースワン



余談

  • 縦持ちスタイルは後にニンテンドーDSプレイステーション・ポータブルの一部ソフトに受け継がれていたりする。
  • Xボタンユニット・Yボタンユニットの特殊なボタン群のせいかは不明だが、未だにバーチャルコンソールといったワンダースワンそのものの移植がされていない。
  • ワンダースワンはスピーカーからの音が割と悪い。そしてイヤホンジャックが標準で付いておらず、拡張端子に接続する変換アダプタが必要だった。特にコナミからの唯一のソフト「beatmania for WonderSwan」はこの変換アダプタで聴かないとコナミがワンダースワンでやってのけた事の凄さが半減する。
  • 他社の携帯ゲーム機と比べてROMカセット側の端子が剥き出しになっている為、非常に汚れやすい。
  • バンダイから発売された事もあってか、多くの作品にてこのゲーム機を見かける事ができる。
  • 最近では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』にて式波・アスカ・ラングレーが所持していた事でも有名。だが、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』では何故かXボタンユニット・Yボタンユニットが『ゲームキューブ』のコントローラーにあるCスティックに酷似したものに両方とも変わっている。
  • 仮面ライダーエグゼイドの第1話に予想外とも言える登場を果たす。このゲーム機の存在を知らない人にとっては、実在のゲーム機である事に驚く人もいるだろう。恐らくスポンサーにバンダイがいるための登場だと思われ、一部の視聴者からは冗談めかして「エグゼイドの世界はワンダースワンが主流になった世界」説などが挙げられている。劇中では16年前の回想シーンで主人公の宝生永夢が命を救われた医師から渡されたゲーム機として描かれており、仮に『エグゼイド』の時間軸が2016年とすれば、2000年に発売されていたワンダースワンが渡されたとしても不思議はないと言える。またあちらの世界では「当時人気でなかなか手に入らなかったゲーム機」とのこと。
21世紀・ゲームハード進化の歴史



  • カクヨムにおいては『モノクローム・サイダー』というワンダースワンを持った女子と恋に落ちると言う恋愛小説が存在し、しかも書籍化された。

モノクローム・サイダー




関連タグ

バンダイ
ファイナルファンタジーシリーズ
アークザラッド
Riviera〜約束の地リヴィエラ〜
デジタルモンスター秋山遼シリーズ)
スーパーロボット大戦COMPACT3

関連記事

親記事

携帯ゲーム機 けいたいげーむき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ワンダースワン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262650

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました