ピクシブ百科事典

N700系

えぬななひゃくけい

N700系とは、JR東海及びJR西日本が共同開発した新幹線車両である。
目次[非表示]

N700系新幹線電車

JR東海JR西日本が共同開発した新幹線電車。

ニッポンの新幹線


2007年7月1日より東海道・山陽新幹線で主に「のぞみ」として営業運転に就いており、現在両社において増備が続けられている。また、九州新幹線全線開業に伴い2011年3月12日より山陽・九州新幹線直通列車「さくら」・「みずほ」にも7000番台・8000番台が投入された。

先代の標準形である700系をベースに曲線通過速度・最高速度・加減速性能、乗客の快適性、環境対策の向上を狙って設計された。最高速度は300km/h(山陽新幹線区間)。営業用新幹線電車としては初となる車体傾斜システムの導入などで東海道新幹線においては300系投入時以来となる時間短縮を実現している。ただし、通過速度は向上したが、山陽新幹線内はほとんど全ての「のぞみ」が基本停車駅+姫路駅や福山駅、新山口駅などのうち1駅追加停車しているため所要時間はそれ程変わらず、列車によっては逆に遅くなってしまった。現在東京~博多間の最速列車は4時間50分(基本停車駅のみ停車)で、500系が出した4時間49分(当時品川駅は未開業で新横浜駅と新神戸駅は通過)はいまだに破られていない。

2008年に鉄道友の会よりブルーリボン賞を受賞。他、多数の賞を受けている。

番台別

9000番台

試作車。JR東海所有の16両編成1本が在籍。量産車とは客室形態が異なるため営業運転に就くことはなく、新技術の実車試験やデータ収集などに用いられている。現在は1000番台・4000番台にあわせる改造工事を施行済みだが、番号は9000番台のまま。

0番台・3000番台→2000番台・5000番台

デビュー当初のグループで16両編成。耐用年数を迎えた300系を置き換えるために製造された。JR東海所有のZ編成が0番台、JR西日本所有のN編成が3000番台として登場した。

のち1000番台・4000番台にあわせる改造工事を行い(キャリパー式車輪ディスクブレーキのブレーキディスクのボルト締結方式を、内周締結式から中央締結式に変更してブレーキを強化したほか、定速走行装置の搭載・地震ブレーキの搭載)、原番号に2000を追加して全編成が2000番台・5000番台となった。JR東海所有のX編成が2000番台、JR西日本所有のK編成が5000番台。

N700系X59編成(2000番台)

2015年6月30日の東海道新幹線火災事件の被災編成。1号車の車内が大きく損傷した。
事故後、X59編成は三島車両所へ回送され、事件から一年になろうとしていた2016年6月29日未明に、代替新造のための新たな一号車が日本車輌から陸送された。
因みに今回陸送さた車両、前照灯は1000番台と同様の形状だが側面の青帯やロゴマークは2000番台のものとなっている。その為編成の前後でライトの形状が微妙に異なる編成となる。

7000番台・8000番台

山陽・九州新幹線さくら


2011年九州新幹線(鹿児島ルート)全線開業に伴う山陽・九州新幹線直通列車向けに製造された。8両編成。JR西日本所有のS編成が7000番台、JR九州所有のR編成が8000番台である。

座席は700系「ひかりレールスター」をベースに改良が施されており、指定席の座席は通路を挟んで2列ずつとされている。また、6号車がグリーン車・普通車の合造車という珍しい構成である。なお、全ての車両を電動車とした一方で、東海道区間とは異なり主要区間が線形のいい山陽新幹線でもあるため車体傾斜装置は未搭載であり、準備工事に留めている。

1000番台・4000番台

2013年からは改良型の1000番台・4000番台を製造開始。「Advanced」の意味を込めて「N700A」の通称が与えられたが、あくまでN700系の一員である。耐用年数を迎えた700系を置き換えるために製造された。16両編成。JR東海のG編成は1000番台、JR西日本のF編成は4000番台を名乗っている。車体側面のロゴマークには大きく「A」の文字がある。

定速走行装置を搭載したり、キャリパー式車輪ディスクブレーキのブレーキディスクのボルト締結方式を、内周締結式から中央締結式に変更することでブレーキを強化したほか、台車振動検知システムを採用している。製造当初から東海道新幹線内での285km/h運転に対応している。

番台区分未定

「Supreme」(最高の)の意味を込めて「N700S」の通称が与えられる。2018年に試作車を、2020年に量産車を投入する予定。ブレーキ装置のさらなる強化が行われるほか、炭化ケイ素(SiC)素子が採用される予定。この他普通車の全座席へモバイル機器用コンセントを設置するなどさらなる快適性の向上も実施する

運用範囲

東海道・山陽新幹線用

1000番台G編成、2000番台X編成(どちらもJR東海所属)、4000番台F編成、5000番台K編成(どちらもJR西日本所属)が両者共通で16両編成ののぞみひかりこだまで運用されている。
N700A充当列車は乗車当日に駅かテレフォンセンターで問い合わせること。

山陽・九州新幹線用

7000番台・S編成(JR西日本)と8000番台・R編成(JR九州)が8両編成で「さくら」「みずほ」「つばめ」「ひかり」「こだま」に運用されている。S編成に関しては博多南線での定期運用があり、R編成はダイヤ乱れ時の突発的代走以外での運用はない。


関連タグ

0系 100系 300系 500系 700系
のぞみ ひかり こだま さくら みずほ つばめ
東海道新幹線 山陽新幹線 九州新幹線
JR東海 JR西日本 JR九州

pixivに投稿された作品 pixivで「N700系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135485

コメント