ピクシブ百科事典

リニア・鉄道館

りにあてつどうかん

JR東海が運営する鉄道展示施設
目次[非表示]

名古屋市のモノづくり文化交流拠点構想への参加を要請され、2011年3月にオープンさせたもの。JR東海が運営する鉄道展示施設は飯田線中部天竜駅構内にあった佐久間レールパークがあったがリニア・鉄道館のオープン決定に伴い閉園した。
名古屋市港区の金城ふ頭にあり最寄り駅は名古屋臨海高速鉄道あおなみ線金城ふ頭駅
開館前の仮称は「JR東海博物館」。

展示車両

展示車両は39両あり、4両が屋外展示のほかは全て屋内展示である。

車輌名保管場所備考
MLX01形超電導リニアモーターカー鉄道総研愛知万博で超電導リニア館に展示されていたもの
0系新幹線電車21‐86浜松工場車内へ入ることが出来る
0系新幹線電車36‐84浜松工場食堂車で21‐86と連結した状態で展示
0系新幹線電車16‐2034浜松工場グリーン車
0系新幹線電車37-2523浜松工場ビュッフェ車
922形新幹線電車922‐26博多総合車両所JR西日本の保有していたT3編成の先頭車
100系新幹線電車123-1浜松工場X2編成の先頭車両
100系新幹線電車168‐9001浜松工場100系の量産先行車X1編成の食堂車
300系新幹線電車322‐9001浜松工場300系の量産先行車。量産車とは顔つきが違う
700系新幹線電車723‐9001浜松工場700系の量産先行車。2014年1月から展示開始
955形新幹線電車955‐6浜松工場300X。最高速度記録443km/h
C57形蒸気機関車C57-139名古屋研修センターお召仕様での展示。準鉄道記念物にも指定されている
ケ90形軽便用蒸気機関車名古屋研修センター屋外で展示
C62形蒸気機関車C62-17東山総合公園狭軌の蒸気機関車で最高速度の記録を持つ
ED11形電気機関車ED11-2佐久間レールパーク
ED18形電気機関車ED18-2浜松工場2005年まで現役。
EF58形電気機関車EF58-157浜松工場現役当時は青色塗装。ぶどう色2号で展示
モハ1形電車モハ1035伊那松島運輸区
クモハ12形電車クモハ12041伊那松島運輸区
モハ52形電車モハ52004佐久間レールパーク製造当時の姿に復元
モハ63形電車モハ63638浜松工場1両丸々残っている63系電車としては唯一の存在。クモヤ90005から復元
111系電車クハ111‐1佐久間レールパーク
165系電車クモハ165‐108美濃太田車両区
165系電車サロ165‐106浜松工場
381系電車クハ381‐1美濃太田車両区
381系電車クロ381‐11美濃太田車両区
ホジ6005形蒸気動車明治村
キハ48000形気動車キハ48036佐久間レールパーク
キハ80系気動車キハ82‐73美濃太田車両区
キハ181系気動車キハ181‐1佐久間レールパークJR四国から譲り受けたもの。座席は晩年のまま
スニ30形客車スニ30‐95佐久間レールパーク
オヤ31形客車オヤ31‐12佐久間レールパーク
オハ35形客車オハ35‐206佐久間レールパーク
マイネ40形客車マイネ40‐7佐久間レールパーク
スハ43形客車スハ43-321美濃太田車両区
オロネ10形客車オロネ10‐27佐久間レールパーク
117系電車クハ117‐30大垣車両区屋外で休憩スペースとして利用
117系電車モハ117‐59大垣車両区クハ117・116と連結して展示
117系電車クハ116-209大垣車両区クハ117、モハ117と連結して展示。塗装は3両とも国鉄色

過去の展示車両

車輌名保管場所備考
300系新幹線電車323‐20浜松工場2013年12月27日で展示終了→廃車。入れ替わりで700系の展示を開始。

その他

  • 日本最大のHOゲージのジオラマがある。ジオラマを細部までよく見ると・・・。オペラグラスを持って行くことを推奨する。
  • 在来線運転、車掌シミュレータ、新幹線運転シミュレータがあり非常に人気が高い。
  • 館内の休憩用座席は新幹線のグリーン車の廃車発生品である。どうやら300系の座席を利用しているらしい

pixivに投稿された作品 pixivで「リニア・鉄道館」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 339

コメント