ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

静岡県浜松市天竜区佐久間町半場にあるJR東海飯田線
静岡県内にある飯田線の駅では唯一の有人駅並び駅長配置駅(直営・管理駅)である。
また、同県内にある各駅(出馬駅-小和田駅間)を管理している。
朝を中心に当駅始発の列車が多くある。また、特急伊那路や快速列車も停車する。
1日の乗車人数は120人程度。

歴史

1934年11月11日、当時の三信鉄道の終点「佐久間駅」として開業する。
1935年5月24日に中部天竜駅(なかっぺてんりゅうえき)と改称。
1942年3月24日に、漢字はそのままに読み方を「ちゅうぶてんりゅうえき」とする。
1943年8月1日に国有化され、鉄道省(→国鉄JR東海)飯田線の駅となる。
1991年4月21日、構内に「佐久間レールパーク」(後述)がオープン。 →2009年11月1日に閉園。

佐久間レールパーク

かつて存在した中部天竜機関区の跡地を利用して開設された鉄道車両展示施設。中部天竜駅の入場券または乗車券で入場できた。
車両はほとんどが屋外保存で、建物内には鉄道部品などが展示されていた。
名古屋市に建設されたリニア・鉄道館への移転に伴い、2009年11月1日をもって閉園した。
ほとんどの車両が移転されたが、165系クヤ165-1、ソ80形ソ180、クモエ21800など、一部の選定から漏れた貴重な車両は解体されてしまった。

駅構造

島式ホーム1面2線と側線、列車交換が可能な地上駅。

乗り場路線方向方面備考
1飯田線下り天竜峡飯田方面
2飯田線上り豊橋方面

関連タグ

JR東海 飯田線 静岡県内の駅一覧
佐久間レールパーク

関連記事

親記事

静岡県内の駅一覧 しずおかけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中部天竜駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72

コメント