2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

原名:British Museum(
1759年に開館。その後規模拡大を続け、現在は収蔵品約800万点、うち常時展示約15万点を蔵する世界有数の巨大博物館となっている。

基本的に観覧料は無料。博物館の維持は寄付(館内でも受付している)やグッズ販売で賄われている。

収蔵品の中には大英帝国時代に植民地や諸外国で買い叩いたり略奪したりしたシロモノも少なからずあるため、返還要求が時に起きたりもしている。
このことをして「泥棒博物館」などとも揶揄されるが、本来の収蔵地に存在したままであったら戦火や政情不安で失われていたであろうとみられる物品も少なくないため、功罪両面を併せ持っていると言える。

主な収蔵品

ロゼッタストーン

詳細はロゼッタストーン記事参照。大英博物館の象徴的な展示品の一つである。古代エジプト王の勅令が古代エジプト文字とギリシャ文字の両方で記載されている石板。文字の比較から、古代エジプト文字の解読、ひいては古代エジプト文明の実態を明らかにする事を可能にした超重要資料。
ナポレオン軍が遠征中のエジプトで発見し、ナポレオンを破ったイギリス軍が奪取して本国に持ち帰ったという発見時の劇的な歴史も背負う。今は無断で重要資料を国外に持ち出された立場のエジプトが返還請求を繰り返している。

ラムセス二世の巨象

古代エジプト新王国全盛期の英雄王、ラムセス2世の胸像。花崗岩製で重さが7トンを超える。1818年にイタリアの探検家によって王都テーベにあった同王の葬祭殿から運び出され、イギリスに渡った。右胸に穴があり、ナポレオンがフランスに持ち去ろうとした際に付いた穴だと伝わる。

パルテノン神殿彫刻「エルギン・マーブル」

古代ギリシャパルテノン神殿を飾っていた彫刻群。イギリスの外交官エルギン伯がその彫刻に着目して削り取り、当地の支配者オスマン帝国の許可を得て本国に持ち帰った。イギリスではその美が高く評価される一方で、親ギリシャの詩人バイロンをはじめ、伯爵の略奪を批判する声も大きく賛否両論の論争となった。しかも、かつては白無地大理石の彫刻と考えられていたのが、21世紀の研究で極彩色に塗装されていたらしいと判明。1999年BBC報道により、大英博物館は彫刻が塗装されていた可能性を無視して洗浄し塗料の痕跡を消滅させてしまった事が発覚、大スキャンダルとなった。
重要遺跡から相談もなく彫刻を奪われた立場となるギリシャ政府が返還請求を行っており、さらに博物館側が塗装状況の史料を破壊してしまったことは外交問題に発展している。

ルイスのチェス駒

スコットランドのルイス島で1800年代に発見されたチェスの駒78点。中世12世紀の制作と推定され、全種類揃っている現存品は希少である。
このデザインをよく眺めると既視感を覚えるかもしれない。そう、映画版『ハリー・ポッター』一作目で用いられたデザインがこの駒である。

モアイ像「ホアハカナナイア」

11~17世紀にイースター島ポリネシア人によってつくられたと考えられるモアイ像。1868年に英国海軍が持ち出してイギリスのヴィクトリア女王に献上、女王から博物館に寄付された。現地での持ち出し許可は得てなかったという。チリ政府とイースター島住民により返還請求が行われたが、2018年のロイター報道によるとイースター島当局は現地よりも博物館の方が保存に適しているという論争があると表明している(ロイター)。

水晶ドクロ「ブリティッシュ・スカル」

古代アステカ文明によって作成されたとされる水晶ドクロの一つ。美的な価値に加えて、古代文明での制作は到底困難と思われる精巧な技術からオーパーツとして注目された。1880年前後に欧州で見つかり、宝石店ティファニーから古代の遺産としての売り込みで購入された。だが他の水晶ドクロと同様、2008年の鑑定結果で、近代的な工具による製作跡が見つかり贋作と判定された(AFP)。今は言ってみれば博物館をも騙し得る贋作の証拠品となっている。

日本ギャラリー

大英博物館の膨大な展示は地域別に展示されているが、その中には日本産の収蔵品を集めたギャラリーがある。古代の銅鐸埴輪などから武士の甲冑浮世絵、現代の漫画まで展示されている。展示自体は日本でも見られる展示品が多いが、英国人がどのように日本を理解したかを表現した展示としては興味深い。

関連タグ

イギリス ロンドン
博物館 南方熊楠 C.M.B.
大英図書館

関連記事

親記事

博物館 はくぶつかん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2896

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました