ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

923形

きゅうひゃくにじゅうさんがたまたはきゅうにさんがた

923形とは、東海道・山陽新幹線で活躍する事業用車両。通称ドクターイエロー。
目次 [非表示]

概要編集

JR東海2000年に導入した東海道・山陽新幹線の設備点検を目的とした事業用・非営業車両。

700系をベースに製作された車両で、同新幹線としては3代目の「新幹線電気軌道総合試験車」。

黄色い車体から、「ドクターイエロー」の愛称を持つ。

現在、ドクターイエローと言えば、大体当車両のことを指す。


2005年にはJR西日本が保有する2編成目も登場した。

JR東海保有編成が「T4」、JR西日本保有編成が「T5」を名乗る。

両編成は、JRマークの色が異なる(T4…オレンジ、T5…ブルー)他、搭載するアンテナの数(T5の7号車のアンテナが多い)などの差があり、容易に判別が可能である。

基本的に両編成とも東京にある「大井車両基地」で待機しており、約10日に1回、東京駅博多駅を2日かけて1往復し、東海道・山陽新幹線の設備点検を行う。


7両編成で、各車両の役割は以下の通り。

1号車電気や信号、通信関係の測定、検査室
2号車電力・集電状態(架線)の測定、機器室
3号車電力関係の測定、データ整理室、架線観測ドーム、便所
4号車軌道の測定、データ整理室
5号車架線観測ドーム、休憩室、便所
6号車ミーティングルーム、資材置き場、電力関係測定機器室、高圧機器室
7号車添乗員室(700系と同じ客席が50席)

ドクターイエロー記事も参照。


営業運転編集

前述の通り、当車両は検査車両のため、旅客を乗せての営業運転は行わないが、2023年にイベント企画として、「ドクターイエロー乗車体験会」を開催。抽選で選ばれた人が特別料金を支払い乗車できた。(参照)

7号車の添乗員室が指定席として利用され、架線観測ドームなどの見学ツアーが行われた。

乗車体験会のための特別ダイヤで運行され、通常の検測とは別に走行した。


退役編集

老朽化のため、T4編成が2025年1月、T5編成が2027年に引退予定。

営業運転を行いながら線路や架線の状態をチェック出来る装置が開発されたため、後継車となる新型ドクターイエローは製造せず、今後はN700Sがその役目を担う予定。

T4編成は引退後リニア・鉄道館に保存される予定。


関連タグ編集

JR東海JR西日本

東海道新幹線山陽新幹線

ドクターイエロー

700系

関連記事

親記事

ドクターイエロー しあわせのきいろいしんかんせん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1239

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました