ピクシブ百科事典

キギンガー

きぎんがー

キギンガーとは、『仮面ライダー(新)』に登場するネオショッカーのアマゾン支部からの使者である改造人間の名称である。

CV/沼波輝枝

概要

新仮面ライダー』第36話「急げ一文字隼人! 樹にされる人々を救え‼」、第37話「百鬼村の怪!洋も樹にされるのか?」に登場。

人体にを張り、その人間に変えてしまう“アフロマジンカ”という樹木を使い、全人類を木に変えてしまおうと目論むネオショッカーアマゾン支部より日本へと来日したアマゾンの使者。
熱帯樹木をモチーフとした女性怪人で、普段は金髪美女の姿で暗躍する。鳴き声は「ガー‼」

主な戦力は人体に付着すると即座に発芽して人間の身体に根を張り、その人物を木に変えてしまう“アフロマジンカの種”状の。また、その容姿を利用して樹木に擬態することも可能。

ネオショッカーの人体実験場として支配下に置いた百鬼村においてアフロマジンカの栽培を行うのと同時に、木に変えた人間を不快を感じる電波を使って自在に操る作戦というかつてGOD機関アルセイデスが行った作戦を更に発展させたかの様な計画を立案し、その実験を行うなど、魔神提督天才と言わしめる程の頭脳を持つドロニャンゴと並ぶネオショッカーの残酷にして冷酷なマッドサイエンティスト
なお、木に変えられた人物は怪人が死なない限りものと姿には戻れない。

百鬼村で人体実験を繰り返し作戦を着々と推し進めていたが、村の惨状を知り駆けつけた筑波洋=スカイライダーや怪人を追って日本へと帰還した一文字隼人=仮面ライダー2号にことごとく作戦を妨害され、更に木に変えた人間たちのまでは完全に支配できなかった事もあり計画は頓挫してしまう。

ドラゴンキングの敗北や上記の計画の失敗を受け自棄を起こしたかのように改良型“アフロマジンカの種”を使い、次々にの人間たちを襲撃していたが、最後はスカイライダーの99の技の1つ『風車三段投げ』を受けグロッキー状態になった所へ追い打ちで放たれた『スカイキック』の直撃を受け爆死した。

関連項目

ネオショッカー怪人 ネオショッカー  ドラゴンキング スカイライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「キギンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87

コメント