ピクシブ百科事典

ズー(仮面ライダーJ)

ずー

『仮面ライダーJ』に登場する3幹部の1人。
目次[非表示]

「いえ、あの少女の方が生贄に相応しい」
演:万里洋子

概要

フォッグのの支配者にして自分たちの偉大なるでもある機械獣母艦フォッグ・マザーに使える3幹部の1人である女性神官
フオッグ・マザーが大孵化に必要な生贄の選定などを行うなどの役割を担っており、最初にアギトが生贄に指名した瀬川耕司ではなく、その傍にいた少女・木村加那こそが生贄に相応しいとして連れ去ったのも彼女である。

普段は地球人の女性と変わらない姿をしているが、戦闘の際は真の姿にして別名『ハチ女』とも呼ばれる怪人としての姿で敵に襲いかかる。

主に同族の死を察知するなどの精神官能的な能力で真価を発揮する為、3幹部の中では戦闘力は比較的高くなく、実際の戦闘では幻術で相手を惑わし、その隙に自身が持つ飛行能力や掌から発射する『パームニードル』で敵を刺し貫く奇襲戦法を得意としている。

アギトがJに斃されたのを察知するのと同時に彼に戦いを挑むみ、幻術や飛行能力、そして『パームニードル』を駆使し彼を翻弄するも、ジェイクロッサーを使用したJの体当たり攻撃によりに地上に叩き落され、その隙に腹部にJパンチを受け致命傷を負ってしまったため、最後の力を振り絞りJを抱きかかえてフォッグ・マザーの元へと連れて行き特攻をかけるも斃すこと敵わず、ガライの名を呼びつつ息絶え消滅した。

なお、人間態は妖艶な大人の女性の姿をしているが、幻術を用いた幻惑世界にて一瞬だけ少女としての人間態を披露している。
そのほか、『小学館スーパークエスト文庫』から出版されている小説『仮面ライダーJ』(著:上原正三氏) で明かされた裏設定によればガライに想いを寄せていたらしい。

また、同小説で明かされたフォッグ・マザーの元々の姿が地球蜜蜂に酷似した宇宙生命体だったことから、もしかするとマザーの本来の姿の時の遺伝子を色濃く受けた存在だったのかも知らない。

ちなみに全国の遊園地やイベントなどで公開された3D映画『仮面ライダーワールド』にも登場している。

関連イラスト

ハチ女 
ブーン
ズー
ハチ女 ズー



関連タグ

フォッグ(仮面ライダーJ) フォッグ・マザー 仮面ライダーJ 蜂女 アギト(仮面ライダーJ) ガライ

pixivに投稿された作品 pixivで「ズー(仮面ライダーJ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64603

コメント