ピクシブ百科事典

仮面ライダーバルキリー

かめんらいだーばるきりー

仮面ライダーバルキリーとは「仮面ライダーゼロワン」に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

「人工知能特別法違反を確認。対象を破壊する」

CV:井桁弘恵
スーツアクター:藤田慧

概要

仮面ライダーゼロワン』に登場する仮面ライダーの1人。
A.I.M.S.の技術顧問、その後ZAIAに戻った刃唯阿エイムズショットライザーで変身する女性ライダー
第3話より登場。
ZAIA編に入ってからは出番が少なくなり、唯阿が28話よりバルキリーの戦闘データが反映されたファイティングジャッカルレイダーに変身するようになってからは一時期本格的に登場しなくなった。
劇中での描写はないが同話では公式ポータルサイトの人物相関図によれば最低でもラッシングチータープログライズキーは返却されている模様。
だが、あくまでもランペイジガトリングプログライズキーのデータ収集の為の一時的なものだったようでそれ以降は手元に再び戻っており、第33話ではZAIAの離反を決意したと同時に再びバルキリーに変身している。

変身ポーズとシークエンス

无题


右掌でプログライズキーをクルクル回しながら顔の左側に持ち(稀に回さない事も)、薬指でボタンを押す。バックルにセットされているショットライザーへプログライズキーを装填し、「オーソライズ」後に展開、そのままトリガーを引いて放たれた弾丸からアーマーが展開され、変身が完了する。

形態

ラッシングチーター 

ラッシングチーター!
"Try to outrun this demon to get left in the dust."

仮面ライダーバルキリー
[RC]仮面ライダーバルキリー


チーターの力を持つ「ラッシングチータープログライズキー」で変身する基本形態。
右半身にオレンジのアーマーが装着される。
高速疾走と高速の指裁きによる連射を得意とする。

ライトニングホーネット

ライトニングホーネット!
"Piercing needle with incredible force."

仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット
ライトニングホーネット


ハチの力を持つ「ライトニングホーネットプログライズキー」で変身する派生形態。
上半身を中心に、全身にアーマーが装着される。
羽による飛行や雷撃炸薬を搭載したマイクロミサイルを武器とする。

ジャスティスサーバル

サーバルタイガーゼツメライズキー」で変身する強化形態。

使用アイテム

  • エイムズショットライザー

変身ベルト兼武器。

  • プログライズキー
仮面ライダーバルキリーへの変身に用いる。

ショットガン型のアタッシュウェポン。
不破は反動を抑えきれず苦戦していたが、ライトニングホーネットで難なく使いこなしている。

劇場版で使用する模様。カウルにはA.I.M.S.のロゴが描かれており、支給品である事が推察される。

ガンバライジング

バーストライズ(以降BS)1弾から登場。BS1弾ではラッシングチーターが、BS2弾からはライトニングホーネット、BS5弾ではファイティングジャッカルレイダーとしてレジェンドレアで登場。当然ながらこの時点で女性ライダーでのレジェンドレアは最多である。また、主人公のゼロワンは当然だが、何気に現行弾の1弾から登場しているサブライダーではバルカンと共に現行の最終弾まで全ての弾で高レアで登場しているという初の事例が出来ている。※
※ただし、バルキリーの場合はファイティングジャッカルレイダーを含めた場合だが

余談

史上初の量産型で無い、レギュラーにして初期から登場する3号女性ライダーである。
職業を題材している以上、「職業としての仮面ライダーも男女平等に取り扱うべき」という考えから、女性が憧れる仮面ライダーを目指して採用された経緯がある。
ライトニングホーネットの登場により、映像作品で専用のフォームチェンジをした史上初の女性ライダーにもなった。

強化フォームこそ無いが、実は近年インフレの激しいライダーバトルでは、意外とインフレに置いて行かれていない。強化フォームに変身する事でインフレに追いつくことが当たり前になっている中で、同じく滅が基本形態のままインフレに置いて行かれる事は無かったが、彼の場合、彼自身がヒューマギアであり、ヒューマギアだからこそ可能なラーニングによって強さを維持していた。だが唯阿は普通の人間でありながら、自身の技量だけで激しいインフレに喰らい付いている状態と言うかなり変わった状況に置かれている。尚、フィギュア王No.276インタビューによれば当初、バルキリーに強化が用意されるという予定だったらしい。だが、最終的に強化フォームが登場したため、晴れて強化フォームがあるサブライダーの仲間入りを果たしたことになり、女性ライダー初の「専用」強化フォーム及び、女性ライダー初の「専用」最強フォームと言うポジションも確立した(こう言う書き方なのは同作の劇場版にて主役の最強フォームを借りる形であるとは言え女性が最強フォームへの変身をしているからである)。

名前の由来は北欧神話に登場する戦乙女ワルキューレ(ヴァルキリー)。

スーツアクターの藤田慧氏は、久々の女形でのレギュラーである。

因みに、サウザーが登場することで視聴者たちからはサウザーが3号ライダーのポジションになる可能性が想像されていたことがあるが、OPでサウザーが登場するようになっても変わらず3番手であり(サウザーは4番目で迅復活後はサウザーが一番最後になっている)、ガンバライジングやブットバソウルなどでキャラの順番になるときもバルキリーが3番手であることが多かったり、カードやメダルの数も3番目に多い、マクドナルドハッピーセットのラインナップにもバルキリーのおもちゃがある(迅・滅・サウザーはシールのみ)為、引き続き3号ライダーとして扱われており、オロナミンCのCMにも見事に登場を果たした為、史上初のオロナミンCのCMへ登場した女性ライダーにもなった。因みにweb movieではイズも登場している為、一度に仮面ライダーの女性キャラが二人もオロナミンCに関わっているというかなり異例な状態になっている。

変身時のプログライズキーをクルクル回す動作について、井桁氏は「CGではない」と発言しており、実際に回しながら投げて手に取ってみる視聴者が続出。中にはスマホリングとハンドスピナーを使った工作で再現している人もいた。劇中での描写では唯阿がキーを回すシーンをスローで見ると指輪のようなものが見える。そして遂に2020年2月28日にプレミアムバンダイで予約開始された「A.I.M.S.なりきりセット」にて「回せるラッシングチータープログライズキー」が登場した。ただし劇中でこれを使っているわけではないと思われる(劇中のように片手でクルクル回らないため)。

兵器として開発が続けられランペイジバルカンまで作られたバルカンと異なり前述の通り変身手段が失われ代わりの装備が与えられているが上記のように再びバルキリーに変身するようになっている。

8月24日にエグゼイドから恒例になりつつあるメモリアルプログライズキーのセットが販売。当然ながらバルキリーもラインナップに含まれている。ただ、前々作であるビルドの際には女性ライダーが登場せず、前作のジオウではツクヨミが登場したため、2年連続で女性ライダーのメモリアルアイテムが登場するという記録を出した。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 刃唯阿
3号ライダー 女性ライダー 仮面ライダーバルカン 仮面ライダーサウザー

ファイティングジャッカルレイダー同じ変身者のレイダー

仮面ライダー龍玄 とある事情から、別のライダーに変身していたが(バルキリーの場合は怪人だが)最終的には本来のライダーに変身するようになった、3号ライダー繫がり。

仮面ライダーバスター 劇中3番目に登場した後輩ライダー。こちらはと同じ4号ライダーに当たるが、4号ライダーとしてはシリーズ初の3番目の登場となった。

ヴァルキリー(ファントム) 同名の怪人。但しこちらは男性。奇しくも、人の夢や希望を踏みにじる種族の怪人である。

仮面ライダーゾルダ:同じく、強化形態を出す案が頓挫したという事が書籍で明かされた3号ライダー。

3号ライダー
ウォズバルキリーエスパーダ

○号ライダー
バルカン(2号) → バルキリー(3号) → (4号)

関連記事

親記事

刃唯阿 やいばゆあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーバルキリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1414602

コメント