ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「一輝兄、大ちゃん、ゴメン…私全然弱かった…でもね、自分の弱さを受け入れた私は…無敵よ!」
「女子高生、舐めんな!」
「家族に偽物も本物もない。色んな家族の形があっていいじゃない!」

演︰井本彩花

変身する仮面ライダー
仮面ライダージャンヌ

概要

仮面ライダーリバイス』の登場人物。五十嵐一輝五十嵐大二の妹で三兄妹の末っ子。

優しい性格だが、クールを装っている思春期真っ只中の女子高生
心技体全てにおいて優れており、実は兄2人よりも大きな可能性を秘めている
空手を習っているが、それだけにもかかわらずギフジュニアを相手にデッドマンズに備えていた、フェニックスの構成員よりも苦戦する様子も無く戦える程強い。
……てか第3話でも拳銃を持った誘拐犯を相手に素手で倒している(しかも拘束を腕力のみで解いている)ので、現状の描写では明らかにフェニックスよりもさくらの方が強い

しかし一輝の家族である為、デッドマンズにリバイアキレス腱として狙われてしまう。
更に「空手をしている時は自分を開放できる」とも口にしており、カゲロウの件も考えると、何かのフラグと捉える視聴者も出てきている。実際、第9話では「悪魔が負の感情で育つ事実」が判明した経緯もあり、今後の展開によっては非常に不穏。

更に第11話ではある理由から、今まで溜まりに溜まった強いフラストレーションによって、何か得体のしれない存在が生まれ出ようとしているシーンがある。

人物像

父親を反面教師にしてか、2人の兄と同様にしっかり者。昔は「パパと結婚する」等とも言っていたようだが、現在はやはりか父親を毛嫌いしていると、典型的な娘キャラ。
子供の頃の夢は「無敵」
オフの時は年齢相応な言動を見せており、五十嵐家のムードメーカーのポジションに就いている。
また、2人の兄と同じく正義感に篤く、悪漢を目にした時は義憤を持って相手を制する。

だが、未成年・思春期故の無神経さや依頼心も強く、悪い意味で未熟さが目立つ場面も。
上記の正義感も悪い方向に昂ると、独善的な言動に変貌し、視野が狭まる上に言葉のトゲが強くなってしまい、場面によって身勝手に当たり散らしている風にも見える(第9話へのバイスや第10話の門田ヒロミへのそれが顕著)。

特に第9話のカゲロウの件では「どうしてあんな優しい大ちゃんに悪魔なんているの?」と、よりにもよって悪魔を宿す一輝に言ってしまった(悪魔を宿している一輝を考えていない発言であると同時に、さくらも大二の苦しみに気づいていない)。更に弟との戦いに苦しむ兄の気持ちを無視して、一方的に「大二を助けて」と押し付けている様にも聞こえる様は、見方によっては当事者意識に欠けている風にも見える。

そして大二の問題が(一応)解決すると同時に、今度は彼女の歪みの方が爆発。
自分の強さに自信を持っていたが、それは所詮「常人」の範疇に過ぎず、二人の兄が人外との生死を賭した戦いに身を投じ始めた上、目をつけたアギレラに接触された事もあり、「世界における自分の無力さ」を突きつけられ強いストレスを感じ始める。

第11話で差出人不明の荷物が届き、第4のドライバーバイスタンプで変身しようとするも失敗してしまう(尚、ドライバーの特性からか、ヒロミの時の様に悪魔は出て来なかったが、リバイ=一輝がの攻撃からさくらをかばい、失神してしまう)。

そして、続く第12話にて一輝の「「自分の強さ」で戦うのは良い。だから半端な「強がり」を見せるな」の言葉を受けた後、改めて変身しようとするもまったく上手くいかない内に、「あたし……全然強くない、無敵じゃないよ」と号泣してしまうさくら。
だが、上記の事態が「さくらが自らの弱さを直視する」結果と繋がり、さくらの内から悪魔が誕生、晴れて仮面ライダージャンヌへの変身に成功したのだった。





戦線に加入してからの活躍


その後も戦い仮面ライダーとして続けたさくらだったが、25話で家族に関わる衝撃の真実を知ってしまい、まだ生まれていない為に母親の胎内にいた時期に母親ごとベイルに殺されかけた事が判明。
ベイルにとっては殺し損ねた相手でもあるからか、「漸く殺せる」と呪詛の如く吐き捨てられ、真っ先に殺害対象として狙われてしまう。
更にその後、自分達兄妹がギフの遺伝子を受け継ぐ存在』である真実を知り、あまりの事に大二の腕を震えながら掴むのであった。

その後ギフの復活とデッドマンズの事実上の壊滅を経てウィークエンドに所属。ギフを倒す為家族から離れて戦う事を決意する。

その後は、長い間敵対していたアギレラとの決着をつけることに迷いが生じて本来の調子が発揮できない時もあったが、ラブコフの反抗を受けて迷いを吹っ切り、自分自身に足りなかったものが「覚悟」であることを自覚し、「例えギフの力であっても、アギレラも含め誰かを救うためにその力を使う」と決意。覚悟を決めてアギレラとの決戦に臨み、自分の手でアギレラを救い決着をつけた。

余談

  • 演者の井本氏は実年齢ではさくらの兄・大二を演じる日向亘氏と同学年であり、生年月日に関しては井本氏の方が先。


  • 木下半太氏が2007年に執筆した『悪魔のドライブ』の主人公が「五十嵐桜」という女性であるが、おそらく名前は彼女から取ってきたのではないかと思われる。

  • 上記の通り、普通の女子高生でありながらかなり強く、関連タグの項目にある人物達や、ウルトラシリーズの様に訓練を積んでいる女性キャラと比較しても、戦闘訓練では無い空手だけでここまで強い女性キャラはかなり珍しい(関連タグの人物達は特殊な出自だったり、特殊な装備を持っている若しくは貰っていたり、いざ本格的な戦闘となると特技を生かせなかったりする為)。


  • 第27話で大食い女子であることが発覚し、自分の顔より大きなおにぎりをペロリと平らげたにも関わらず、その10分後にはもうお腹をすかせていた。続く第28話でも、一輝の心の中とはいえ、巨大なおにぎり数個をガツガツ食べていた。ちなみに、演者の井本氏も趣味が大食いであり、さくらと同じ大食い女子である。(明らかに中の人ネタである。後に、本人のInstagramで撮影で食べた巨大おにぎりをお持ち帰りし、全て平らげたことを報告している。恐るべし。)

関連タグ

仮面ライダーリバイス しあわせ湯 五十嵐家 五十嵐三兄妹
仮面ライダージャンヌ ラブコフ(仮面ライダーリバイス)
ライダーヒロイン

関連・類似キャラクター


  • 春日野さくら:「さくら」と言う名前のJK格闘家(作中で年を重ねる)。というかもしかすると名前の由来かも知れない。
  • 大神さくら:こちらも「さくら」と言う名前のJK格闘家。
  • 戦闘狂サイヤ人範馬勇次郎:一部視聴者からこのような扱いを受けることもしばしば…。


五十嵐家


ライダーヒロイン
須藤芽依五十嵐さくら → ???

3号ライダー変身者
富加宮賢人五十嵐さくら → ???

関連記事

親記事

五十嵐三兄妹 いがらしさんきょうだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「五十嵐さくら」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「五十嵐さくら」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 823986

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました