ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

仮面ライダーリバイス』に登場する五十嵐家が営む銭湯。バンコレの公式グッズ類によると、住所は東京都渓谷区いずみ元町10-10。昭和46年(=仮面ライダー放送開始年)創業。

元は五十嵐幸実の実家であり、彼女が両親を亡くしてから五十嵐元太と結婚するまでは1人で経営していた模様。そのため、元太は(ベイルから身を隠すという理由があるとはいえ)五十嵐家に婿養子入りしたことになる。


都市開発の要請で立ち退きを迫られていたが、第4話で五十嵐一輝フェニックスと契約する条件としてしあわせ湯も守るという要望が認められたのか、第5話では「フェニックス公認」の幟が道端に掲げられたことから、立ち退きは免れたと思われる。

本編の18年前に火事によって全焼したらしいが…?


ロケ地となった場所は東京都足立区千住元町にある銭湯、「タカラ湯」である。


従業員



五十嵐家の苗字は「仮面ライダー50周年」、

三兄妹達の名前は「“一”輝」「大“二”」「“さ”くら」と数字が由来になっている。


常連客

しあわせ湯の常連客。ただし、その正体は

名前の由来は千葉ロッテマリーンズに所属していた野球選手。


ロケ地『タカラ湯』

所在地は東京都足立区千住元町27-1で、キングオブ縁側として知られている。Instagramを見ると、縁側を撮影した写真が多く見受けられる。


アクセスは北千住駅からだが、徒歩20分を要する。

関東では珍しく電気風呂が設置されている。

なお、入浴シーンや脱衣所のシーンなどは実際のタカラ湯での撮影だが、ロビーはセットを組んで撮影で使用された。だが、セットの内装は本物のロビーをできる限り再現している。


余談

元太役の戸次重幸氏は本作が放映する前に氏が主演を務めたドラマ「昼のセント酒」でタカラ湯を訪れており、本作で再びタカラ湯を訪れた際には管理人がセント酒の事を覚えていた事に感激していた。


本編終了後、ロビーのセットは解体されており、『仮面ライダージュウガvs仮面ライダーオルテカ』では『王様戦隊キングオージャー』の撮影方法と同じくLEDウォールを使用した撮影が行われた。


関連タグ

仮面ライダーリバイス


喫茶どんぶら私立しんせん中学校:ニチアサにおける主人達の拠点繋がり。


ファンタジック本屋かみやま/ノーザンベースしあわせ湯/フェニックスデザイア神殿

関連記事

親記事

五十嵐家 いがらしけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113185

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました