2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:矢柴俊博

概要

仮面ライダーリバイス』の登場人物。主人公・五十嵐一輝が営む銭湯「しあわせ湯」の常連客。
妻は牛島公子が、息子に牛島光がおり、家族全員で「しあわせ湯」の常連客である(しかし……詳しくは後述)。

その一方、第8話では盗聴して五十嵐家の動向を探るような行動をする等、ただの一般人ではない様な不穏な空気を醸し出している。
第11話では家出した五十嵐さくらを家に招き入れたが、家具が最低限しかない上に、リビングの棚に一切物を置いていない等、全体的に生活感に乏しく、さくらも違和感を覚えていた。

正体

「ようこそ、ウィークエンドへ。」
その正体は地下組織ウィークエンドの構成員。「しあわせ湯」には、現状明確な理由は不明だが潜入しており、当然同組織の構成員である妻子(これも表向きで、実際は組織の上司・部下関係に過ぎず家族関係はない)も同様である。

組織での衣装はフォーマルなスリーピースに、足元はロングブーツ、スカーフは腕章のように左腕に装着するというスタイル。組織では代表である狩崎真澄の補佐に加え、有事には広報・勧誘といった組織の顔としての役割を担うなど、狩崎の右腕として辣腕を振るっている。(そんな彼がチームを組み拠点を構えてまでリソースを割いていたという点で、五十嵐家の監視がどれだけ重要な役割であったかが窺える)

地下組織の反政府活動家幹部という過激な経歴と素性ではあるが、五十嵐家の残酷な真実に気分を悪くしたように口元を隠したり、光が独断で仮面ライダーオーバーデモンズに変身し五十嵐3兄妹を救助した際には賞賛を送ったりといった様子から、真っ当な感性は持っている。

一方で一輝がバイス一体化し暴走の危険性が出た際には問答無用でスタンガンを当て拘束、アギレラに纏わる32話及び33話では、さくらの「アギレラを救いたい」思いを「彼女は所詮デッドマンだ!」「今更人間に戻っても普通に生きる事はできない」と強く否定する、さくらの思いを叶えようとする狩崎の行い(あるいは狩崎の御子息のウィークエンド本部来訪)に少なからず不満の色を見せるなど、敵に対する排他的・好戦的な顔を見せている。

39話では構成員や避難民の鼓舞を行うなど指揮官として尽力。赤石の召喚したヘルギフテリアンギフジュニア軍団による第9シェルター襲撃では、光が変身したオーバーデモンズが一蹴されたことを受けて、負傷した公子を見捨て、より多くを救う非情な決断も厭わなかった。
公子を失ったことで帰還後に食って掛かった光に対しても「根拠のない話をするな」「今のお前に救えたのか?」と冷酷とも思える言い方で切り捨てているが、本人曰く「これでも甘くなった」とのこと。事実、指示を出してから光が戻ってくるまでの間にウィークエンド司令室の設備が荒れており、描写こそされなかったが彼もまた、公子の死に慟哭し設備に当たり散らしたと思われるあたり彼の苦悩が窺える。

余談

  • 演じる矢柴氏は仮面ライダーシリーズへの出演は本作が初だが、特撮作品全体としては『手裏剣戦隊ニンニンジャー』にて伊賀崎旋風役でレギュラー出演して以来、6年ぶりの出演となった。


関連タグ

仮面ライダーリバイス ウィークエンド(仮面ライダーリバイス)  しあわせ湯
牛島家 牛島公子 牛島光





















以下、第40話ネタバレ注意















父として、息子に未来を託して(第40話ネタバレ注意)


五十嵐大二は倒すべき敵だ」と断言する太助に対し、迷い、答えが出せない一輝さくら。光も「あんたの考えを押し付けるな。それを選ぶ権利があるのは一輝さん達だ、あんたじゃない」と反発する。
公子の死をまだ引き摺っており、彼女を見捨てる決断を下した太助への不満と怒りもあって、五十嵐家に過剰に肩入れする光の危うさを、太助は感じ取っていた。

そして大二を連れ戻すべく一輝とバイスがシェルターを留守にした際に、悪魔の大群が急襲。「シェルターを守りきれないとなれば、市民の避難を優先する」と太助は命じたが、さくらとが了解する横で、「僕は自分の判断で動きます」と意固地に言い張る光。
ジャンヌアギレラオーバーデモンズギフテリアンギフジュニアの大群を蹴散らすも、赤石が現われギフデモスに変身。その猛威の前に3人はまるで歯が立たない。

たまりかねてシェルターから飛び出してきた太助は「撤退だ!」と叫ぶが、オーバーデモンズは、ジャンヌとアギレラを逃がし、なおも戦い続ける。太助が「お前も戻れ!」と命じても、オーバーデモンズは勝ち目のない戦いをやめようとしなかった。

ギフデモス「私から逃げられると思うか?」
オーバーデモンズ「思ってないさ!…でも、僕はやるべき事をやる!」
ギフデモス「その意気や良し…!」

「戻れ…戻れ!命令だーっ!」と絶叫する太助の声も聞かず、すっかり意地になって冷静さを失っているオーバーデモンズは、一方的に叩きのめされた末に変身解除に追い込まれる。

もはや切り捨てるしかなしと判断した太助は無表情になって、光に背を向けて立ち去ろうとした。そしてギフデモスが爪を振りかざして、とどめを刺そうとした次の瞬間……



太助は光を突き飛ばし、身代わりとなってその身を貫かれていた。



光「父さん……どうして……」
太助「オーバーデモンズはウィークエンドの貴重な戦力だ。失う訳にはいかない…
   行け!……命令だ!行けえええーっ!!」

…俺は未来しか見ない



光は顔をくしゃくしゃにしながら、遂にその言葉に従って撤退してゆく。

がっくりと膝をつく太助の懐から、何か紙きれらしき物が落ちた。最後の力を振り絞って彼が手を伸ばそうとする前に、変身を解いた赤石が拾う。太助の血に染まったそれは、1枚の写真だった。笑顔の太助の横には、女性と女の子が写っている。

赤石「これが君の本当の家族か……亡くなったのかね?」
太助「ああ…デッドマンズの汚い手にかかってな…」
赤石「さぞ辛かったろう…」
太助「気にするな…過去の事だ……俺は…俺はな…おい…!ああ、くそ…くそっ…!」

立ち上がってシェルターの方角を見遣り、歩き出そうとする赤石に太助は必死ですがりつくが、もう力が入らず、ばたりと倒れた。

太助「俺は未来しか見ない…自由無き平和など何の意味もない……
   それを必ず証明してくれる……私の…息子がな……」

貴重な戦力を失いたくないなどとは、建前に過ぎない。この男は、二度も『我が子』を目の前で失いたくなかっただけなのだ。その姿は、さすがの赤石の胸にも迫るものがあった。感極まったような表情になりながら、赤石は尋ねた。

赤石「…愛してたか?」

もう返事はなかった。太助は既に事切れていた。
赤石はもはや光の後を追おうとはせずその場に座り込んで、やりきれぬといった苦悩の顔のまま、太助の亡骸の上に写真を放るのだった。


余談

  • 40話の放送日は丁度父の日であり、皮肉にもそんな日に本来の家族を思い出し、伝わる事の無い光への愛情を告げながら死亡してしまう太助の姿は多くの視聴者の心に刺さり、「何も父の日に死ななくても」「今日は父の日だってのに牛島パパ死ぬのかよ…」等の声が一部視聴者から聞こえた。
    • また、前回は実質的な母の公子が退場しており、真の家族ながらギスギスしている五十嵐家疑似家族ながら情が芽生え始めていた牛島家、と見事な対比になっている構図を更に強める事となった。
    • 更に、妻子をデッドマンズのせいで失ったにも関わらず、嘗てデッドマンズの一員だった玉置と花を仲間として迎え入れていることから、葛藤はあるが「互いの過去を詮索しない」ウィークエンドのルールに誰よりも忠実で、贖罪を果たそうとする玉置と花を許す情に厚い人物だった事が窺える。


  • 因みに40話の放送日に奇しくもYouTubeではニンニンジャーの旋風にまつわるエピソード「忍者すごろく決定版!」が配信されると言うタイムリーな事になっている。

  • 40話での赤石に掴みかかるシーンは、矢柴氏のアドリブであった事を赤石役の橋本氏が自身のブログで語っている。

更なる関連タグ

フジキド・ケンジ敵組織によって妻子を殺害された過去を持つ人物繋がり。

関連記事

親記事

牛島家 うしじまけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「牛島太助」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「牛島太助」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1691

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました