ピクシブ百科事典

バイス

ばいす

バイス(Vice)は、SNKの対戦型格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

キャッチコピー-元・ルガールの秘書(『'96』)、躍動する残忍な嘲笑(『'98』)、蠱惑の裁断(『CAPCOM VS. SNK』以下カプエス)、躍動する残忍な嘲笑(『XIII』)
格闘スタイル-オロチの力(力技を得意とする)
出身地-不明
誕生日-11月28日
身長-178cm
体重-59kg
スリーサイズ-B90 W58 H88
血液型-A型
年齢-27歳
趣味-アメコミコレクション
大切なもの-ARON WIESENFELDのサイン本(『'96』)、Dan Breretonのサイン本(『'98』)
好きな食べ物-
嫌いなもの-草薙柴舟
得意スポーツ-スキューバーダイビング(『'96』)、ベンチプレス(『'98』)

概要

『ザ・キング・オブ・ファイターズ'95』のデモ画面で初登場したキャラクター。
プレイヤーキャラと使用可能となるのは、『ザ・キング・オブ・ファイターズ'96』からである。

常にマチュアと行動を共にしており、マチュアと同じくオロチ八傑集の1人で、
当初は大会主催者であるルガール・バーンシュタイン秘書として登場した。
当初の目的としては、オロチの力を吸収したルガールの監視を行うためと後付けされた。

ルガール消滅後は、八神庵に接近をはかり、急襲するが、逆に返り討ちに遭いそうになり
バイスから自分達と組まないかと持ちかけて、庵がこれに了承して「八神」チームの
一員として参加するようになった。

八神チーム
15th


接近をはかった理由としては、庵の祖先である八尺瓊一族のオロチの力への憧憬が
きっかけで一族がその血を引いている庵の監視であった。
しかし、いつしか二人は本来の目的よりも庵自身に興味を持ち始めており、
同胞でもあるゲーニッツに反目するようになった。

しかし、ゲーニッツ撃破後に暴走した庵の手によって、二人は身体を引き裂かれてしまい死亡。
その後『XIII』のプレストーリーにて『XI』で庵がアッシュに八尺瓊の力を奪われたことで封印が緩み、マチュアと共に復活を果たした。

因みに『98』のインタビューで柴舟とは組みたくないと答えており、柴舟を洗脳するのに相当手を焼いたというのが公式で発表されているが、実は草薙の一族だからという無難な回答だった。その一方で「渋い男が好み」と言っておりハイデルンタクマ・サカザキには必ず援護する。

ん?某メスビッグフットにそっくりだって!?わしもそう思う。

カプエスでは

「苦しけりゃ死ねばいいのさ。最後ぐらい華々しく散りなよ!」
「・・・・面白いじゃないか。こんなバケモノがまだ他にもいたなんてね!」
SNKがクラークを推したにも関わらずカプコンが男女比を考慮した結果、参戦することになった。残虐かつサディスティックな台詞を言うため、他のキャラ(悪役キャラや、趣向の似通った山崎を除く)からは敬遠されている。それでも、たまにツッコミ役に回るこあたり、一部のキャラよりはまだ社交性はある。ガイル曰く「一番嫌いなタイプ」。原作から大きく関係のあるルガールに大して、こちらでは内心見下している事が判明する。

容姿

Viceです
バイス


茶髪ショートカットで、すらりとして長身の女性。
を基調とした服装で、胴部分はベストを着こんでいる。
マチュア同様に強調された胸元を少しのぞかせている。
(マチュアに対して年上だから敬意は払うが美貌は自分のほうが上と言っている)

『XIII』ではマチュアと同じく黒一色のスーツにモデルチェンジされており、他のキャラ同様旧ドットとの差別化が図られている。


ゲーム中の性能

『万力』の名を冠するだけあって、複数の投げ技を使う所謂『投げキャラ』ポジション。

初参戦となる『'96』では近C→屑風の永久持ちの庵、3F発生ガード時2F有利の吹っ飛ばし攻撃で猛威を振るったマチュアを横目に主力となる通常技に乏しく、投げ技も投げ間合いが狭い、他の必殺技も使い道がないなどから作中最弱キャラのポジションを獲得している。

総集編である『'98』では、各種スプライトが一新され、無敵投げのブラックンド、突進技のメイヘム、追撃投げのミサンスロウブが追加。通常技も大幅に性能が向上し稼動初期は強キャラ、その後他キャラの研究・攻略によってランクは下がるも現在は中堅に位置している。
アッパー作品の『'98UM』およびネスツ編総集編である『02』および『02UM』にも参戦しているが評価はほとんど変わらない。ただし、後者はどこでもキャンセルの恩恵を受けれない(有用な実用的コンボが存在しない)ため先鋒専用キャラに近い。

客演となるカプエスではマチュアと自身を足して折半した性能。

およそ10年ぶりの参戦となる『XIII』では戦闘スタイルが一新され、ジャンプ牽制となる遠Dや、ジャンプ吹っ飛ばし攻撃を軸に、引き寄せ投げ技となったディーサイドを使い高火力のコンボを叩き出すキャラになった。火力こそパワーゲージに依存するが通常技の性能がよく立ち回り重視となる先鋒戦もこなせる。稼動初期には特定の技が相打ちになるとゲームがフリーズする致命的なバグ(闘劇では即失格が下されたほど。似たようなバグはキャラにもあるが彼らはプレイヤー側で対策が取れる)があり使用率が低いという憂き目に遭った。アップデート及び家庭用では修正されネシカ版でも安心して使用できる。

関連タグ

マチュア ルガール・バーンシュタイン 八神庵
秘書 巨乳 筋肉娘
KOF

荒野を走る死神のバイス

関連画像

秘書'sと庵君
晒しぃAge-21
ねえさん
マンリキネーサン
満月の夜に、また逢おうか
バイスとマチュア
マチュアとバイス
<合作用>秘書二号

pixivに投稿された作品 pixivで「バイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 426802

コメント