ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「わたしは”ツクヨミ”。わたしの時代は破滅を迎えているの……」

演:大幡しえり

概要

オーマジオウによって支配された2068年の未来からやってきた謎の少女。18歳。
常磐ソウゴの命を狙う明光院ゲイツを追って2018年の世界にやって来ると、ゲイツに襲われているソウゴを助けて接触。ソウゴの人柄を見極めた上で「あなたは未来でサイテーサイアクの魔王になる」と話し、魔王の力を手に入れないように働きかけた。

ソウゴの「最高最善の魔王になる」という宣言を聞いても信じられずにいたが、ソウゴがアナザービルドの攻撃から自分とゲイツを守ったのを見て、ソウゴがオーマジオウに本当になるのか疑問を抱き、第2話終盤にてゲイツと共にクジゴジ堂に居候してソウゴを監視することになる。
楕円形のタブレットのようなものを使って過去と未来の事件に関する情報収集等でソウゴ達を裏でサポートしたり、タイムマジーンを操縦したり、仮面ライダーファイズファイズフォンを模したライドガジェット「ファイズフォンⅩ」を用いて戦う。

聡明さと気丈さを兼ね備えた性格で、肝が据わっており良くも悪くも決断力が強い。
清楚で儚げな雰囲気に反し、ソウゴの人柄を見極めるため江戸時代にて偶々起きていた喧嘩に強引に巻き込ませたり、(過度の時間干渉を防ぐため、かつ気絶させただけとはいえ)ソウゴ、戦兎龍我の3人を続けざまに問答無用で撃つ等行動はかなり大胆で過激。
第1話の2068年の場面では、オーマジオウに対抗するレジスタンスとしてゲイツと同じような戦闘用装束を纏っており、第15話ではカッシーンに襲われたゲイツを救うために、生身でスライディング脛蹴りを決めているので、おそらく訓練を受けていて格闘能力もそれなりのものがある模様。こうした事もあって、作中では武闘派ヒロインとして扱われつつある(ちなみに公式でもほぼこのままの扱いである)。

第3話ではゲイツと共にソウゴの通う光ヶ森高校の生徒を装い、現代での活動を開始。
衣装は女子生徒の制服に変えるもののマントらしきものは羽織っており、他の衣装でも同様。

潜入



第31話にて、レジスタンスに属する以前の記憶がないことが判明。「ツクヨミ」はコードネームであり本名ではない。これにより織田信長や過去のライダーの存在を知らないことに納得がいく。上述したような戦うヒロイン要素も生きてきた人生のほとんどがレジスタンスに属している頃と考えれば妥当とも言える。

戦闘の最中敵の時間を止める能力が発現したが、現在のところ真相は不明。ただ32話の時点である程度使いこなしている様子(いままで白ウォズの未来ノートやジオウライドウォッチⅡの時間の巻き戻し以外での対処が難しかったタイムジャッカーの時間停止に新たな対処法が生まれた、という意見もある)

第35話にて、辛い物好きであることがゲイツの口から語られた。

作中での動向

本編前半では、事あるごとにソウゴと衝突しているゲイツと違い、彼女は割とソウゴに協力的であった。
ソウゴとゲイツが別行動をした時も同じレジスタンスで未来人でもあるゲイツではなく、ソウゴの方に協力している上(ゲイツが別行動をしている間のソウゴの監視をしているだけとも取れる)、ソウゴを倒す事に躊躇っていたりと彼女はそれなりにソウゴを信用していたと思われる。

ただしそれはオーマジオウになったら自分が倒すと決意したゲイツとは違い、オーマジオウとソウゴを結びつけられなかったためであることが大きかった。

ジオウⅡの圧倒的な力を目の当たりにした第22話では、これまでの考えを一転させソウゴを危険視し始め、ソウゴの下を離れて白ウォズにつき、共に行動するようになる。同回の前半でソウゴに「あなたがオーマジオウになる訳がない」と言っていたこともあり、一部視聴者からは熱い手のひら返し扱いされた。
とはいえこの時のソウゴは、ゲイツが死ぬとわかっていながら急いで駆けつけて止めようともせず致命傷を負った後にゆっくりと現れ、「やっぱりこうなるよね」と笑いながら言い放ったジオウⅡの能力で事もなげに時間を巻き戻して無かったことにするという見ようによっては空恐ろしい言動・行動をしていたために、ツクヨミがオーマジオウとの繋がりを見出して脅威を感じだすのは仕方ないとも言える。それだけジオウⅡが今までの考えを改めざるを得ないほど凄まじい能力を持っていた、およびソウゴの言動が魔王を思わせるそれだったということなのだろう。

むしろ、元々オーマジオウになる前にソウゴを(未来のため仕方なしとはいえ)倒しにきたにも関わらず、(ソウゴの発言を聞いていないとはいえ)あれほどの力を見せつけられても共闘しているゲイツの方が甘すぎるという声もある。

その後ソウゴの夢が予知夢ではなく夢で見たことを未来として創造しているという事実に気付き、ソウゴの底知れなさに恐怖を抱きだす。
自分も時間逆行でアナザーキカイに殺される未来を改変されて以降もソウゴへ特に礼を言うこともなかったため、視聴者からは前述の手の平返しに加え恩知らずとも呼ばれてしまった。そして後述の26話放送後は、その時点で真実が不明だったこともあって、「バスジャッカー」「バスジャック犯」と呼んだ視聴者も。
但し完全に割り切ってソウゴへの情を失ったわけではなく、常磐順一郎にソウゴの昔の話および自分とゲイツを友達だと思っているということを聞かされた時には複雑な表情を浮かべていた。

第26話ではソウゴと加古川飛流の因縁を調べるため10年前(2009年)にタイムスリップしていたはずだったが、飛流の記憶の中ではバスに乱入してソウゴの名を叫び、ファイズフォンXを発砲、それが原因でバスが爆発炎上したことになっている。
飛流はそれが原因でソウゴを恨んでアナザージオウとなり、また事故の一部を目撃したゲイツは自分の不甲斐なさがツクヨミを暴走させ、ひいては心中させたと認識し、ソウゴへの情を殺し救世主として覚醒することとなった。

しかしその真実はバスに乗っていた2000年生まれの子供たちの中から時間の王となる者を選別するために乗り込んだスウォルツを止め、かつまだ幼いソウゴを助けようとした為に起こした行動であった(例によってバスジャック犯と見ていた視聴者も一斉に見事評価を改めた)。スウォルツはその直後彼女を吹き飛ばし爆発前にソウゴや飛流達を連れていき、ツクヨミはバスの乗務員として乗り合わせていた門矢士と共にオーロラカーテンでバスから脱出。その先で大量のダイマジーンが街を蹂躙する光景を目の当たりにする。

第28話にて、士から「この世界(ジオウの世界)を破壊すべきか否かを見極めようとしている」と彼が訪れた目的を聞かされ、「常磐ソウゴが魔王になる未来しか見えないのなら結論は既に出ている」(=ソウゴが魔王のような力を見せたとしても、必ずしも魔王になるとは限らない)と諭される。
そして彼のオーロラカーテンで2019年に帰還。ソウゴとゲイツは互いを友と認め合い、共闘を終え、かつソウゴが「クジゴジ堂に帰ってきてほしい」と本心を打ち明けたところであったため、彼女が生きているとわかった2人には笑顔で迎え入れられた(この時、事情を知らないツクヨミは困惑していた)。

その後は再びクジゴジ堂に下宿する事となり、ゲイツと共に「ソウゴは魔王にならないしさせない」と友達としての決意を固めたのであった(士の指摘のほかに、ソウゴの魔王化に関して裏に関わる存在がいたことが明確になったため、感情面を抜きにしてもソウゴだけを倒しても根本的な解決にはならないこともある)。

第32話では上述した記憶喪失と能力の発言に戸惑いを覚え(上述したようにソウゴに時間の介入することを攻めていたのにも関わらず、自分にも同じように時間に介入する能力があったためでもある)、一時ソウゴたちから距離を置いてしまうものの、同じく記憶喪失かつ突然手に入れた力に戸惑ったことのある津上翔一と彼を受け入れている風谷真魚の話を聞いて、ソウゴ達と改めて歩んでいくことを決意する。

余談

名前の由来は日本神話の月の神『月読』から。
ちなみに、同じモチーフかつ同名のキャラクターが漫画『仮面ライダーSPIRITS』に登場しているがこちらは男性である。

OPではタイムジャッカーの3人とツクヨミが映るシーンがあり、何らかの関係があることが仄かされていた。第31話を基に考察すると、彼女の失われた記憶にタイムジャッカーが関与している、あるいは元タイムジャッカーという可能性が生じるが…?
ただし、後者の可能性では『タイムジャッカー(ひいてはスウォルツ)が知らないのはおかしい』という疑問が発生する(一応、現在の歴史のスウォルツが初めてツクヨミに出会ったのは、2019年のツクヨミがタイムトラベルしてきた2009年のバスからであるため、現在の歴史のスウォルツは知らなかった、という可能性もないわけではないが)。

関連タグ

仮面ライダージオウ 明光院ゲイツ

コヨミ 名前の響きが似ている6作前のヒロイン。「○○堂」という名の個人商店お人よしのおじさんが経営している)に居候していることも共通。
ポッピーピポパポ 作品中盤で主人公達を裏切ったヒロインつながり。再び主人公側に戻ったことでも共通。ただし、あちらは敵方に洗脳されていた点で異なる。

石動美空ツクヨミ → ???

関連記事

親記事

クジゴジ堂 くじごじどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ツクヨミ(仮面ライダージオウ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 936777

コメント