ピクシブ百科事典

風谷真魚

かざやまな

風谷真魚は、「仮面ライダーアギト」の登場キャラクターで、同作のメインヒロイン。
目次[非表示]

「翔一君、人の居場所を守るために戦ってきたのに、どうして自分のためには戦えないの!?」

演:秋山莉奈/谷村聡美(幼少期)

概要

本作のメインヒロイン。年齢16歳→17歳。3月10日生まれ。緑ヶ丘学園の女子高校生
周囲には隠しているが、強力なサイコメトリー能力の持ち主。
彼女の生後まもなく母親は他界し、長年、父・伸幸と2人で暮らしてきた。だが、その父も2年前の自身の誕生日に不可解な死を遂げた。その後、義理の叔父である美杉義彦の家に身を寄せることになる。

翔一のことを、年上にも関わらず「翔一くん」と呼んでいる(曰く「翔一さんって感じじゃないでしょ?」とのこと)。
第3話にて、アギトに変身したことに動揺する翔一に、何を聞いても驚かないからと事情を話すよう促すも、翔一をつけていった結果彼がアギトになる瞬間を目撃。想定外のことによるショックでその場から逃げ出ってしまう。しかし義彦から、翔一が引き取られるまでの過去、およびその時でも自分を助けてくれた女子高生の靴が濡れることを心配していたことを聞き謝罪。「自分の居場所ぐらいちゃんと守りなさいよ」「だって翔一君は翔一君でしょ?」と受け入れ、以降翔一の理解者となる。

性格は活発でやや勝ち気。いわゆる常識人でもあり、天然ボケ気味な津上翔一への突っこみとフォロー担当であるが、時に悪ノリをすることがある。
また、血の繋がらない親戚の家に世話になっている・超能力を隠し持っていることもあって、悩み事があっても一人で抱え込もうとする傾向にある。ただ平静を装えるタイプではなく、態度や言動に内心が強く現れてしまうことが多い。
例として、第7話では気絶した翔一から父の殺害現場の記憶を偶然読み取ったことで(気絶する直前、翔一は真魚の部屋から信幸の死亡が報道された新聞記事を見つけていた)一時的に翔一を拒絶している。(その後第8話で思い直し、彼への信頼は回復している)
第15・16話では突如美杉家に現れた榊亜紀を不審がって、翔一が亜紀を気に入っていたこともあり彼女にかなり苛立ち(嫉妬?)を覚えていた。そのため彼女を終始疑っており、ソフトボール部にいたと語った彼女の話が実際のルールと矛盾していたことから、榊の嘘をいち早く見抜いている。(その後第21話で、榊が葦原涼に好意を寄せていると知った時は、翔一を元気付けていたが、明らかに声音は弾んでいた)

学校では帰宅部。一時期テニス部に所属したが、先輩たちからの嫌がらせと自身の能力に対する悩みから程なくして退部した。
第30話では北條透に「伸幸を殺したのは超能力者の可能性がある」と告げられたこと、及びテニス部の上級生達に責められた際、車のバンパーが動いて彼女達を襲ったことで、自分の能力に恐れを抱く(実際に力を使ったのは相良克彦で、彼女を引き入れるための工作)。一時は「父を殺したのは自分かもしれない」とまで思い詰め、警察に自首しようとした(これに関しては相談された氷川が止めている)。
その後相良の手によって拉致同然にマンションの一室に移動させられ、関谷真澄真島浩二といったあかつき号事件の一部メンバーに会わせられる。死ぬ間際の相良から事の真相を明かされた後、一時的に美杉家を離れて自分を見つめ直した末、「自分の場所を探しているのは自分だけじゃない」という結論に行き着いた。
なお、この過程で沢木哲也によって力を覚醒させられ、水死した涼の蘇生に手を貸すこととなる。

成績は超能力頼みであったが、最終回では真島浩二と共に真面目に受験勉強をしている(この時の描写から、少なくとも真島よりかは勉強ができる様子)。

HEROSAGAでの小説では2作とも酷い目にあっている

超能力

上記の通り強力な超能力を持つ。サイコメトリーの他にも、劇中では未来予知、透視、蘇生能力、サイコキネシス、テレパシーを使用。沢木によって強化された後は(一度きり、かつ副作用なのか手が一時的に老化したが)蘇生能力も発動させている。
故に、作中では幾度かアンノウンに狙われることがあった。

父には能力を秘密にするよう言われてきたため、超能力を持つことは翔一や美杉家の面々にも長らく明かしていなかった。
しかし第9話で翔一が殺人容疑で逮捕された際、彼の無実を信じ、証明するために能力の使用を決意。超能力者の存在を信じ調査を進めていた氷川誠に面会し、彼の運転免許証の番号を透視することで超能力があることを証明。秘密にすることを約束した上で、犯行に使われた針金から記憶を読み取り翔一の無実を証明した。

作中の超能力者の中でも力は強力な部類に入るが、ムラがありいつでも使えるわけではない。そのため榊や相良のようにアンノウンを迎撃することは出来ず、襲われたときはもっぱらライダーに助けてもらっていた。

劇場版ではその力を利用しようとする者に拉致された。

しかし、作中では結局アギトの変身能力に目覚めることはなかった。(目覚める可能性自体は示唆されている)

仮面ライダージオウ

EP31・32に登場。

2019年現在は、翔一の経営するレストラン「AGITΩ」で働いており、翔一がフランスへ料理修行に出かけて不在の間、店を切り盛りしている。G3ユニット謎の怪物の襲撃を受けたというニュースについて翔一に連絡していた。

そこにアギトの変身者に会おうとしていた常磐ソウゴ明光院ゲイツがやって来て、「王様になりたい」というソウゴの発言に困惑しつつも、翔一がアギトの変身者であり、彼が海外で修行中のため日本にいない事を伝えた。
その後、日本に帰国した翔一にもソウゴ達が尋ねて来た事を伝えている。

余談

  • 第46~51話での出番が少なかったのは、演じる秋山莉奈が海外で撮影があったため。
  • テーマソングには秋山莉奈本人が歌った『Home sweet Home』がある。ちなみにアギトでキャスト本人が歌ったテーマソングがあるのは真魚だけである。


関連タグ

仮面ライダーアギト 超能力者 特撮ヒロイン

ナオミ6代後の作品に現れたそっくりさん。こちらの方が知名度が高い。

沢渡桜子風谷真魚神崎優衣/桃井令子

関連記事

親記事

仮面ライダーアギト かめんらいだーあぎと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「風谷真魚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5542

コメント