ピクシブ百科事典

オーマジオウ

おーまじおう

オーマジオウとは、特撮作品『仮面ライダージオウ』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

「お前たちに私を倒すのは不可能だ。なぜか わかるか?私は 生まれながらの王である。」

声:小山力也

概要

仮面ライダージオウ』本編(2018年)から50年後のツクヨミゲイツの生きる2068年の世界を支配している『時の王者』
人々を苦しめ希望の無い世界を作り出している事から、レジスタンスであるツクヨミからは「サイテーサイアクの魔王」と呼ばれる。

預言者ウォズとは、彼がソウゴのことを「我が魔王」と呼んで臣下の如く接しているため、何かしらの関係がある模様。

容姿

その姿は一言でいうなら豪華版のジオウ。全身が黒と金で統一されている。
胸にはたくさんのライドウォッチ(リングはブランクウォッチやアナザーウォッチに似る)が付いており、肩から黄金のベルトをかけている。また、背中には時計の針二本がマントの様についている。
顔は3つのクロノグラフがついたGショック時計風で、赤い字でジオウと同じく『ライダー』と書かれている他、よく見ると小さい『王』の文字が無数に並んでいるのがわかる。

ベルト

ジクウドライバーに似た黄金のベルト。
豪華な装飾が施されており、よく見るとジオウと同じく「2018」の文字が確認できる。
ライドウォッチを装着する部分が無くなっている。

戦闘能力

EP01の戦闘では、片手を軽く振るっただけで大爆発を起こして大量のレジスタンスを一掃し、自身の数倍の体格を持つタイムマジーン念動力のような物で触れる事無く軽々と片手で投げ飛ばした。
また手をかざしただけで、大量のミサイルを空中に静止させる時間停止のような能力念じただけでレジスタンスの人間、タイムマジーンやミサイルなどの兵器を一瞬で消滅させてしまう等の強力な能力を有している。
これらの能力を使って、『常磐ソウゴ初変身の像』の前から殆ど動くことなく、レジスタンスを蹂躙し壊滅へ追い込んだ。

仮面ライダージオウ白倉伸一郎プロデューサーが明かした設定によれば、2067年までに歴史上に登場する仮面ライダーの能力を使えるとのこと。(『東映ヒーローMAX Vol.58』のインタビューより)
そのことを考慮するならば、先述の超能力の一部も既存のライダーの力を元にしたものなのかもしれない。

正体考察

祝え、新たな王の誕生を


その正体は未来のジオウであり、2068年の常磐ソウゴが変身しているらしい。
テレビ朝日の仮面ライダージオウ公式サイトでは、ライダーの項目のジオウのページで形態の一つとして紹介されている。
しかし、未来からやってきて実際にソウゴと接したツクヨミは、現代のソウゴの言動が未来世界を苦しめる最低最悪の魔王とは到底思えず、本当にオーマジオウの正体がソウゴなのか疑問に思い始めている。
現時点では、ソウゴ本人やゲイツ、ツクヨミ、ウォズ、タイムジャッカーの全員が「オーマジオウ=ソウゴ」と認識しているが、ソウゴの「王様になりたい」という思いの裏には「世の中をよりよくしたい」という思いがある為、そんな彼が未来で行っていることは自身の思いと矛盾したものとなっているため、「ソウゴとは別人説」を挙げるファンも少なくない。
一説では「ジオウのアナザーライダーか、ジオウがアナザーライダーで、その元の存在なのかもしれない」とも言われている(アナザーライダーが歪んだ姿になるのは力に適合できないためであり、適合できるのなら本物の仮面ライダーとなれるため)。
また、ソウゴ自身だとしても、ベルトと声が同じな為、「ベルトに操られているのでは?」とも言われている。

なお、未来のソウゴ自身であるという事実が本当ならば、彼はこの姿に変身している際には68歳というかなりの高齢となっている(作中でもオーラにジジイ呼ばわりされていた為、高齢なのは事実な模様)一方、上記のような強大な力で暴れまわっていることになる。

現在のオーマジオウの描写が未来人による映像でしか登場していないため、「実は事実がゆがめられているだけで、オーマジオウは正義のための行動をしているのでは?」「なんらかの事情で敵を演じているのでは?」「過去作の例に鑑みてどちらかがリ・イマジネーションライダーなのでは?」などの意見も存在している。

その一方、ゲイツはソウゴの言葉とオーマジオウの言葉に一種の繋がりを見出してもいる。


余談

名前の由来はおそらく「逢魔時(おうまがとき)」+「ジオウ」。また、オーマを並び替えると「マオー(魔王)」になる(こちらは補完計画で明言されている)。
「生まれながらの王」を自称することから、「真の王」という意味で「大マジ王」「王、マジ、王」である可能性も考えられる。

小山力也氏は『仮面ライダー鎧武』の武神鎧武以来、主役ライダーとほぼ同様の姿のライダーを演じることになった。
また、小山氏は過去に『仮面ライダーBLACKRX』で霞のジョーとして顔出し出演していたものの『仮面ライダーディケイド』では出演を辞退することになっていたのだが、初期話からオリジナルキャストを積極的に出演させる方針の『ジオウ』ではひょっとしたら…ひょっとするかもしれない。

初変身時の自分の銅像を建てるという大胆な事をしているため、ネット上では「随分元気な爺さんだな」とネタにされている。(俗にいう高性能じいちゃんというやつである)

まあ、先輩ライダーに前例がないわけではないが……

もし、未来のソウゴではなく別の人物が変身している仮定を前提とする場合、銅像は「変身者をソウゴ本人と誤認させている」、「本物のソウゴを銅像にして、封印している」とも考えられる。

ちなみに石ノ森章太郎による漫画作品『仮面ライダーBlack』では、奇しくも2018年に人類滅亡後の世界の支配者として「魔王」が登場しており、その正体が未来の主人公である可能性が指摘されている。

また、視聴者の中には『ライダー』という文字の形状がよく見るとあの組織のシンボルに似ているという声もあるが……?

関連タグ

仮面ライダージオウ

ゲムデウスクロノスゴルドドライブ:2体ともカラーリングが類似。何かしらの集団のトップに立つ悪のライダーである点も共通する。
仮面ライダーソーサラー:上記の共通点の他、オーマという名前が共通する。
パラドックス・ロイミュード:上記に加えて、時間に関係した能力を持つ。また、声優も同じである。
仮面ライダーディケイド10作前の節目の作品の1話冒頭に登場し、圧倒的な力を誇示したライダー。オーマジオウは「魔王」として恐れられているが、彼も「悪魔」と呼ばれ忌み嫌われている(特にある人物から)。

仮面ライダーダークキバ先代オーズ:悪の王が変身している過去のライダー達。

ファンタジーゲーマーレベル50:こちらは魔王の力を使って戦う強化形態(ただし、変身者は善人である)。

異界王,烈海王:同じ小山力也氏で王つながり

pixivに投稿された作品 pixivで「オーマジオウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107317

コメント