ピクシブ百科事典

逢魔時

おうまがとき

日没の直後の、世界が紫色に染まる瞬間の事。

概要

逢魔時(おうまがとき)、もしくは大禍時(おおまがとき)。
夕方の太陽が沈んだ直後の、空の青色と太陽の赤色が完全に混ざり合った瞬間のこと。
ここから少し経過すると赤色が消えて薄明となり、やがて夜になる。
早朝の太陽が昇る直前もこのように呼ぶ事がある。

世界が鮮やかな色に染まる幻想的な光景の為か、魔物に遭遇する、あるいは大きな災禍を蒙ると
信じられてきた。

関連タグ

 黄昏時 日没 日の出 薄明

関連記事

親記事

よる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「逢魔時」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3755

コメント