ピクシブ百科事典

海東大樹(仮面ライダージオウ)

かめんらいだーじおうのかいとうだいき

特撮番組『仮面ライダーディケイド』の登場人物、海東大樹の分割記事。こちらでは特撮番組『仮面ライダージオウ』における行動等をまとめている。
目次[非表示]

演:戸谷公人

「この世界のお宝を独り占めにはさせないよ。

概要

「仮面ライダージオウ」EP29・30から登場(厳密にはEP28のラストシーンで顔見せしている)。
ネオディケイドライバーを手にした士=ディケイドと同様、その手にはディケイド本編時とは少し異なるシアン色のディエンドライバーが握られている。
これまでと違い、髪が金髪になっているのも特徴的。

また、彼がジオウに初登場したEP29・30は『仮面ライダー剣』関連のエピソードであった。
彼とブレイドは何かと関わりがあり、

等々、彼が本格登場する回がブレイド編であるのも実はかなり真っ当だったりする。

その狙いはやはり「お宝」で、公式からは「ソウゴ達が持つライドウォッチをターゲットとしている」とアナウンスされていた。

活躍

  • EP29『ブレイド・ジョーカー!?2019』

いつの間にかクジゴジ堂におり、得意の料理をソウゴ達に振る舞っている隙にライドウォッチを盗み出す。後を追いかけて来たものの変身できないソウゴとゲイツの代わりに黒ウォズが変身した仮面ライダーウォズと対決した。
フューチャーリングキカイによっていくつかのライドウォッチを奪い返されるも、「その程度のお宝は返してあげるよ」とナイト・バロンを召喚し、自らは「アタックライド インビジブル」で撤退した。

今回、彼がライドウォッチを盗んだのは白ウォズに依頼された件も関係しているようで、彼に盗んで来たジオウライドウォッチⅡゲイツリバイブライドウォッチを手渡した。
肝心のミライドウォッチを盗んでこなかった事を糾弾する白ウォズに対し、「君が必要な物があるなら、君自身で調達したまえ」と一蹴した。

その後、白ウォズがノートに「黒ウォズ、仮面ライダーディエンドと再び戦った」と書き込んだ事で再び黒ウォズと対峙。
フューチャーリングシノビの機動力で優位に立とうとするウォズに対し、召喚したアクセル・バースとの完璧な連携で圧倒。「ファイナルアタックライド」でトドメを刺した。

だがそれはシノビの能力による身代わり。ウォズの意図に気付いたゲイツの策略により、身代わりに気を取られた隙にウォズにゲイツライドウォッチを取り返され、参戦した仮面ライダーゲイツと仮面ライダーウォズの同時必殺技でアクセルとバースを撃破された。

  • EP30『2019:トリニティはじめました!』
ウォズとゲイツを同時に相手取り、ゲイツから何者なのか問われた際は「通りすがりの仮面ライダー、彼を追いかける者……とだけ言っておこうかな」と告げ、「ディエンドブラスト」で2人が怯んだ隙に姿を消す。

そしてアナザーブレイドの事件が解決した後、タイムパラドックスで消滅した白ウォズが遺していった未来ノートを「この世界のお宝」として回収し、ソウゴとゲイツの前に再び登場。(ライドウォッチに執着していない様子から、本当の狙いは最初からこのノートであった模様)
2人に「祝電」として、オーロラカーテンを通じて2068年の未来にいるオーマジオウと対話をさせたのだった。

  • EP42『2019:ミッシング・ワールド』
改変された2019年でも変わらずお宝を探し求めており、加古川飛流アナザージオウⅡが持つアナザージオウⅡウォッチ目当てに加古川飛流の城に侵入。迎撃するアナザーゴーストアナザーエグゼイドは召喚したスペクター・ブレイブに任せ(※)、「アタックライド ブラスト」でアナザージオウⅡウォッチを手に入れる。逃走しようとしたが、部屋を出た先にいたスウォルツに時間を止められアナザージオウⅡウォッチを取り返されてしまう。
スウォルツにその場を任せて飛流が去った後、彼を利用しようと考えたスウォルツから「お宝が欲しいなら良い物をやる」とタイムジャッカーと同じ時を止める力を(無理矢理)与えられた

その後は戦闘中のジオウⅡとアナザージオウⅡの前に現れ、時間停止の力でジオウⅡ達の時間を停止し、ジオウⅡが使おうとしていたグランドジオウライドウォッチを強奪。「こんなに楽にお宝が手に入るのは初めてだよ」と時間停止の力を気に入った様子を見せ去っていった。
何故タイムジャッカーと同じ力を持っているのかをオーラから問い詰められて「スウォルツから貰った」と答え、彼女のスウォルツに対する不信感をより強める事となった。

※余談だが、基本的に足止めや牽制に使用されるディエンドの召喚ライダーが(再生怪人とは言え)戦闘員以外の怪人を単独で撃破したのはこれが初

  • EP43『2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル』
ウールがスウォルツを問い詰めている場面に現れたオーラが「海東がタイムジャッカーの時間を止める力を使ったこと」および「その力をスウォルツからもらったと本人に聞いたこと」をスウォルツに述べるのをソファーに腰掛けながら見物し、「あれ?それって言っちゃまずいことだった?」と、茶目っ気たっぷりに誤魔化す。その後ウールは力を奪われて気絶したオーラを連れて逃亡。
スウォルツから2人を始末するよう命令され、「お宝」を条件に快諾。
その後は追っ手のアナザーライダー達から逃げた2人の潜伏している隠れ家に現れるが、彼自身は2人を始末するつもりはなく、「僕はお宝が手に入ればそれでいい。だからって誰かの言いなりになるのは気に食わない」と相変わらず人に指図されるのを嫌っている様子を見せ、ソウゴから盗んだばかりのグランドジオウライドウォッチをオーラに投げ渡す。しかし「スウォルツに変に勘繰られるのも勘弁」という理由から、付近にいたアナザーファイズアナザーWに2人の居場所をバラしてから立ち去っていく。

その後はジオウ一行と共にアナザージオウⅡ率いるアナザーライダー軍団と戦っていたディケイドに背後から不意打ちの銃撃を浴びせる。

「会えて嬉しいよ士。君の相手はこの僕だ」

お互い変身アイテムがアップデートされているのもあってか両者は互角に立ち回るも、ライドブッカー・ソードモードの一撃を受けて圧倒される。
だが最後の瞬間、スウォルツから授かった時間停止の力で「ファイナルアタックライド」のカードを装填しようとするディケイドを停止。スウォルツが士から「ディケイドの力」を奪う手助けをした。

アナザージオウⅡが倒された後、倒れ伏す飛流が掴もうとしたアナザージオウⅡウォッチを「お宝」として先に拾い上げ、ソウゴ達を一瞥して「またね」と再び会うことを想起させる言葉を告げてから立ち去るのだった。ディケイドの力を奪われて気絶した士を置いたまま……。

  • EP47『2019:きえるウォッチ』

「お宝をこんなとこで使いたくはなかったが…」

別の時間軸の2058年、ツクヨミを抹殺しようと試みる若き日のスウォルツを妨害するという形でオーロラカーテンから登場。
ツクヨミを庇って死んだ士の意図を聞き出す、という名目で(渋る素振りを見せながら)アナザージオウⅡウォッチを起動させ、時を巻き戻し士を復活させる。

「やあ、士。一回死んだんだ。せめてナマコは食べられるようになったかい?」

だがその直後、アナザーウォッチ起動の「副作用」により、苦しみながらアナザージオウⅡに変貌。士に対して明確な殺意を露にする。

「最後のお宝をもらうよ。士の命っていうね!」
士「自我までアナザーライダーに呑み込まれたか…」

士は対抗するようにディケイドウォッチを起動し、奪われた力を取り戻してディケイドに変身。戦いながら現代に戻り、「ジオウにはジオウの力」とカメンライドしたディケイドジオウとグランドジオウ相手に1vs2で戦い撃破される。

士「全く、世話を焼かせる…ほら(手を差し伸べる)

海東「…士。感謝の言葉は口に出したまえ」

  • EP48『2068:オーマ・タイム』
ライドウォッチの消滅による世界の崩壊が起こり、それに伴う大量の怪人達にソウゴ達と共に囲まれる中、突如士が口にした『この世界を……破壊する』という言葉に驚愕。そして士達が退く際に、彼らとは別方向へ退却した。

そして士が世界を救う方法を語った後に、ディケイドに変身しゲイツと共に、スウォルツが変身するアナザーディケイド率いる怪人軍団を相手にしていたが、ゲイツがジオウトリニティの召喚により未来へ飛ばされ、事実上のディケイド同士の対決に陥った際、アナザーディケイドの時間停止能力でディケイドが追い詰められた瞬間、

「忘れちゃったのかい? その力、僕にも分けてくれたじゃないか?」

ディエンドに変身した海東が颯爽と現れ、かつてスウォルツに与えられた時間停止能力で逆にアナザーディケイドを停止させた(そしてまたまたディケイドのBGMを流しながらの登場)。
そしてディケイドと共にアナザーディケイドを追い詰める(もう番組が完全にディケイド2です本当にありがとうございました)。

しかし、二人のライダーの猛攻にアナザーディケイドは一瞬の隙を見計らい、オーロラカーテンによって退却されてしまう。

  • LAST『2019:アポカリプス』
延々と再生していく怪人に苦戦するディケイドの前に現れ、「世界の滅びを一緒に楽しめるなんて、最高のお宝だね。」と言いながら共闘(この時士はかつてのディケイド本編のような声色で「無駄口叩く暇があったら戦え!」と突っ込んでいる)。

その後の経緯は不明だが(恐らくアナザーディケイド消滅まで戦い続けていたものと思われる)、オーマジオウとなったソウゴによる世界の創造を見届けた。

余談

門矢士役の井上正大氏が司会進行を務める「銀岩塩チャンネル」の2019年3月30日公開の回では、海東大樹役の戸谷公人氏がゲスト……どころか番組の司会進行を乗っ取る形(※台本通り)で登場し、『ジオウ』にディエンド役として出演した件について「10年間ひたすら士を追っかけている」という設定で演じていたことが明かされている。

従来は主人公であれサブライダーであれなんでも召喚していた彼だが、『ジオウ』客演では玩具のネオディエンドライバーに2号ライダーのカードしか付属しない関係か2号ライダーしか召喚していない。

以前はなんだかんだ言いながら士を助けることが多かったが、再登場の前半辺りでは完全に敵対していた(以前騙されたことをまだ根に持っているのだろうか?などと考えるファンも)。
なお、EP43放送後に戸谷氏は自身のTwitterにて「士と海東の旅はまだまだ続く」「士を救えるのは僕しかいない」など意味深なつぶやきをしていたが、その後のEP47以降は結局いつもの共闘関係になっていった。まぁ敵対していたのも全てお宝第一のためであったのだが

因みに、海東アナザージオウⅡにトドメを刺した3つの武器は、絆を重んじるライダーたちの最強フォーム専用武器と士に対して情を持つ海東とは逆に士と最後まで敵対し続けた仮面ライダーの武器だったりする(トレーラー砲は本来ドライブ・タイプフォーミュラ専用だが、専用武器を持たない最強フォーム・タイプトライドロンの専用武器としても使われていた)。

なお、力を与えた張本人であるスウォルツが滅びた事により、恐らく時間停止能力は今もなお持ち続けている可能性がある

彼が狙った「お宝」リスト

仮面ライダージオウ以降における「お宝」を記載。

EP29で彼が(白ウォズの依頼で)狙っていたお宝。
奪い返されだ際に「その程度のお宝は返してあげるよ」と発言しており、彼自身はライドウォッチに対する執着はさほどなかった他、上述した通り本来白ウォズに依頼されたはずのミライドウォッチは一切盗んでいなかった。
その後、黒ウォズとゲイツの策略でゲイツウォッチも奪い返されるが、その時点で既にジオウⅡウォッチとゲイツリバイブウォッチは白ウォズの手に渡ってしまっている。

EP30で手に入れたお宝。EP29の時点で目を付けていたらしく、EP30終盤で白ウォズがタイムパラドックスで消滅した後に回収していた。最初に盗んだライドウォッチはあっさりと返却していたことから、彼の本当の狙いは最初からこちらであった可能性が高い。

EP42で狙ったお宝。加古川飛流から奪うことには成功したものの取り返され、後にEP43でアナザージオウⅡが倒された後に回収していった。
過去改変とアナザーライダーの召喚・使役といった、魅力的な能力(特に前者)を秘めたお宝であったため、ウォッチが砕け散ってしまったことにはショックを受けた模様。

EP42で狙ったお宝。スウォルツから与えられた時間停止能力を使い、グランドジオウに変身しようとしていたジオウⅡから奪った。その後、スウォルツの命令で他の二人のタイムジャッカーに近づいた時に二人に渡している。
その後、EP43で受け取っていたオーラからソウゴの手元に戻った。

EP47でアナザージオウⅡと化して暴走した際に狙ったお宝。海東曰く「最後のお宝」らしい。

  • 世界の滅びを士と一緒に楽しむ
もはや物品でも何でもない。こちらは曰く「最高のお宝」らしい。

関連タグ

仮面ライダージオウ ネオディエンド ネオディエンドライバー
ネオディケイド 門矢士(仮面ライダージオウ)

海東大樹:「ジオウ」以前の活躍はこちらの記事を参照。

関連記事

親記事

ネオディエンド ねおでぃえんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「海東大樹(仮面ライダージオウ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38042

コメント