ピクシブ百科事典

僕の旅の行き先は、僕だけが決める

ぼくのたびのいきさきはぼくだけがきめる

「仮面ライダーディエンド」こと「海東大樹」の台詞・信条。(本記事は諸般の事情により執筆依頼提出中です。正しい記事内容を作成できる方は記事の執筆をお願い致します。なお、第三者の権利を侵害しないよう十分注意してください。)

※本記事は編集前の記事本文に問題があったため、執筆依頼提出中です。正しい記事内容を作成できる方は記事の執筆をお願い致します。なお、第三者の権利を侵害しないよう十分注意してください。

セリフとしての初出は第13話『覚醒 魂のトルネード』。アギトの世界でもう一人のアネさんの為自分と対峙した、ユウスケに言い放ったもの。
「君の旅はここで終わりらしいが、僕は違う」と繋げており、またディケイドの旅が自らの意思でない(ように見える)事へのカウンター的な意味合いもあるようである。
誰かの為でも世界の為でも無く、ただ宝を求めて行動するドライな性格を表すワードとして、一種決めセリフ的に使われている。


関連タグ

仮面ライダーディケイド 仮面ライダーディエンド/海東大樹 セリフ台詞

関連記事

親記事

海東大樹 かいとうだいき

兄弟記事

コメント