ピクシブ百科事典

アナザーファイズ

あなざーふぁいず

『仮面ライダージオウ』に登場するアナザーライダーの一人。
目次[非表示]

ソウゴ「中から、違うアナザーライダーが出て来た…!?」

演/声:水石亜飛夢/スーツアクター:永徳

データ

身長:186.0cm
体重:91.0kg
特色/力:生体エナジーの吸収と供給

概要

仮面ライダージオウ』第5話「スイッチオン!2011」のラストにて登場。
アナザーライダーと呼ばれる怪人の一体だが、今までのアナザーライダーとは出現した経緯が異なり、2011年の時代でタイムジャッカーの一人・スウォルツが誕生させたアナザーフォーゼジオウによって倒された後、アナザーフォーゼのボディとフェイスが剥がれ落ちる形でこの姿に変貌した。
モデルは仮面ライダーファイズ

仕草は本来の変身者と似ており、アナザーフォーゼからこの姿に変わった時は、変身者がファイズに変身した後にする手首スナップを行なっている。

アナザーフォーゼ同様、天秤座生まれの18歳の女子高校生青い炎のような生体エネルギーに変換し吸収する能力を持っており、この力をある目的の為に使用している。しかし、2011年の段階で既にこの力は弱体化しており、とても使い物にならなくなっていた。

ゲイツとの戦いでは、ライダーキックを思わせる飛び蹴りを繰り出している。赤黒いエネルギーを纏いながら飛び込む演出から、ブラスターフォームのブラスタークリムゾンスマッシュを意識した技となっている。

新たなアナザーライダーに変異した事実から、スウォルツがアナザーフォーゼウォッチを埋め込む前から既に、佐久間の体にはアナザーファイズウォッチが埋め込まれていた事になる。少なくとも「新しい体験」と発言した事も踏まえて、スウォルツは事前に知っていたようだが……?

容姿

姿は他のアナザーライダーの例に漏れず、ファイズの通常形態を歪めたような外見をしている。
黄色い複眼はよく見ると内側に小さな目があるのがわかり、どことなくタイガーオルフェノクに似た炎のようなモールドも見られる。恐らく本来の変身者のトラウマであるのイメージと思われる。

ボディはスマートな体型をしている本家と違い、こちらは筋骨隆々としたマッシブな体型で、ボディ各部に走っている赤いフォトンストリームは歪みに歪んでいる。右肩にはFAIZの文字が、左肩には2003の年号が刻まれている他、ベルトの形状はファイズドライバーを模した形状になっている。なお、四肢のモジュールのジョイント等アナザーフォーゼの名残りも残っており、両腕やベルトを除く下半身の形状は同じである。
ファイズポインター無しのライダーキックを放った際に、足の裏のΦマークが確認できる。

身体のシルバー部分はさながら骸骨のようで、ファイズギアの装着者が死者の進化系であるオルフェノクである事を意識したかのようにも見え、頭の触角はファイズの当初のモチーフであったのヒレに似た造形(見ようによってはチョウが羽ばたいているようにも見える。)になっているなど、555に関するネタがこれでもかと詰め込まれたデザインである。

そのファイズを無理矢理怪人化させたような姿は、まるでファイズを含めたスマートブレイン製ライダーズギアのモデルとなったオルフェノクの王を彷彿とさせる。
下半身の造形から見るに、オルフェノクの身体が剥き出しになったファイズ=人の心を失って完全に怪物と化した存在をコンセプトしているものと思われる。

活躍

  • 第5話

2011年の時代でジオウが変身したフォーゼアーマーに倒された後、爆炎の中で立ち上がったアナザーフォーゼのボディとフェイスが剥がれ落ち、アナザーファイズの姿に変貌した。

一方、現代の2018年では本来のファイズの変身者である青年ツクヨミ達の前に姿を現し……。

  • 第6話
アナザーファイズの姿を見せたものの、後述の事情で力の維持ができなかったためか、再度アナザーフォーゼの姿となる。

その後、実は2003年の時代で佐久間龍一がオーラと契約した事で生まれたアナザーライダーであり、交通事故で死亡した山吹カリンを生かすためにその力を使用していた事が判明(オーラとの契約のためか、フォーゼと違いファイズの変身は解けたが、ファイズドライバーは巧の腰に装着されたままだった)。
なお、この時ファイズはエレファントオルフェノクに殺されそうになった園田真理を救う最中に変身解除されたが、フォーゼの変身解除時にスコーピオン・ゾディアーツが消滅したこと、並びに佐久間撃破後も巧が死ななかったことから察するに、エレファントオルフェノクも人間に戻るなり消滅するなりして真理も助かっている可能性が高い。

しかし、時代が流れるにつれてその力は徐々に弱まっていき、2011年の時代で完全に失われてしまう。その後、今度はスウォルツによって別のアナザーウォッチを埋め込まれた事でアナザーフォーゼとして覚醒し、以降は2つのアナザーライダーの力を持って活動していた。

その真意を知った明光院ゲイツは2003年の時代に飛び、常磐ソウゴから授かったファイズライドウォッチで仮面ライダーゲイツファイズアーマーに変身。最後はファイズアーマーの必殺技・エクシードタイムバースト(クリムゾンスマッシュの再現技)に対してライダーキックで反撃に出るものの、押し切られて撃破された(この時、2018年でアナザーフォーゼが再びジオウ・フォーゼアーマーに敗れた事で、2つのアナザーウォッチは同時に消滅した)。
その後の行く末はアナザーフォーゼの記事を参照。

余談

デザイナーはオルフェノクと同じ篠原保が担当。

活動時期は2003年から2011年までとされており、アナザーファイズは少なくとも8年ほどで力を失っている。もし、これが叶えたい願いの困難さやライダーとしての資質の問題でなく、他のアナザーライダーが同程度であった場合、アナザーフォーゼの力も2019年には切れるのかもしれない(その場合、オーマジオウに代わる王を選別しようとしているとされているタイムジャッカーの目的もまた変わってくると思われる)。

また、アナザーフォーゼとしての活動時期も含めると、15年間も人を襲い続けた事になる。

アナザーライダーは誕生した時間でしか倒せないため、1人ではどちらかが撃破されても、もう片方を撃破する前にタイムジャッカーが再起動させる隙を与えるため、現時点では単独の撃破は不可能に近い。

第6話においてオーラから「今日からあなたが仮面ライダーファイズよ」と言われているが、原典を知っている視聴者からは「何人目だよ」というツッコミの声も上がった。

参考までに

ファイズとフォーゼの共通点


真逆な点

  • 主人公には最初夢がない。後に「みんなが幸せになりますように」⇔「全校生徒と友達になる」という身近な目標がある。後に友達になりたい対象は全宇宙にまで拡大
  • 普通に暮らしていた人間が突然怪人化し、人を襲ったり倒される⇔心の闇に付け込まれ怪人になった相手を倒すことで浄化し、友達になる
  • ファイズはストーリーがシリアス⇔フォーゼはコミカル


ちなみに『ジオウ補完計画』にはフォーゼを「フォオーゼ」と読ませて、ファイズの王ネタとこじつけるネタも存在している。(なお、フォーゼのラスボスの武器の名前はメソポタミアの英雄王だったりするので、王繋がりネタは一応成立する事になる。)

関連タグ

アナザーライダー 仮面ライダーファイズ フォーゼ 哀しき悪役
ライオンファンガイア:同じく異なるふたつの時代で同時に倒される演出がされた怪人。

クロウ…中の人が同じ特撮キャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーファイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12484

コメント