ピクシブ百科事典

風田三郎

かぜたさぶろう

仮面ライダーフォーゼの後日談を描いた『MOVIE大戦アルティメイタム』に登場する人物。
目次[非表示]

「力の使い道だァ!? 正義の味方はあんた一人で十分だろうが!」

「俺は…新しい自分に生まれ変わる…! 今の自分を…超える力を手に入れる!」

概要招来!


演:須賀健太

 2017年(フォーゼ最終回から5年後)の天ノ川学園高校に通う男子生徒。クラスは如月弦太朗が担任を務める1年A組。
 常に飄々とした傲岸不遜な態度を隠さない皮肉屋で、サイコキネシスを始めとする超能力を使うことが出来る。旧人類を見下し、クラスメイトのルビィ(小巻瑠美)コング(近藤大太)ネズミ(根津誓夫)と共に怪人同盟を結成。旧人類に対して反乱を企てていた。
だが、その野心は全て、自らの能力を周囲から理解されず、友人はおろかにすら恐怖の対象として見做された経験による孤独感や哀しみ等の深い心の傷が起因したものであり、弦太朗達に見せていた強気な態度も「普通の人間ではない」という自分自身へのコンプレックスの裏返しである。

また、劇中で見せていたフォーゼに対する異様な敵愾心も同じ異端の力を使う者ながら「化け物」と卑下される自分とは対象的に、「正義の味方」として皆から称賛されるフォーゼへの嫉妬心である事が本項目の冒頭の台詞(一段目)から窺い知る事ができる。

そんな数々のコンプレックスや葛藤が生んだ幾多の心の”殻”の底には、自分が異端な存在として扱われる事への恐怖心に敏感な非常に繊細な心が秘められており、劇中では自らの超能力を目の当たりにしたクラスメイトの一人であるミヨッペ(大木美代子)から「化け物」と蔑まれた際には、思わず素の感情が溢れ出る形で哀しみの涙を流していた。

 超能力者を支援するマッドサイエンティスト番場影人と組んで、宇宙開発に関する国家予算の撤廃と宇宙飛行士城島ユウキの搭乗した帰還船爆破を目論み、弦太朗と敵対する。
 しかし、元ライダー部員達とインターポールにより超能力者達が人身売買(人間兵器としての輸出)の対象にされていることを知ると、仲間達が目を覚ましてライダー部OBに協力する中で、三郎だけは唯一信頼を置こうとした番場にすら裏切られたショックから、周囲への不信感やフォーゼへの敵愾心を更に増長させ、番場から奪った超能力増幅装置ゼーバーを使ってフォーゼに挑もうとする等、完全に自暴自棄に陥ってしまう。

 だが、そこへ現れたミヨッペから「化け物」呼ばわりした事を謝罪される。
初めて他人から偏見を向けた事を謝られ動搖する三郎に対し、弦太朗は「本当に力を怖がっているのは旧人類ではなく三郎自身」であると諭し、そして「自分で作った殻を壊すのは自分自身」であるという事を教える為に、なんとフォーゼドライバーを焼き捨てるという捨て身の教導(説得)に打って出た。

この行動を目の当たりにした事で遂に心に抱えていた幾多のトラウマやコンプレックスを克服し、新しい自分に生まれ変わる決意を果たし、文字通り自分の殻をぶち破って更なる進化を遂げ、フォーゼに代わる新しい「正義の味方」自由の戦士イナズマンとして覚醒。番場の変身したヘラクレス・ゾディアーツを「超力イナズマ落とし」でいとも簡単に倒し、ミヨッペと友情を交わし、過去の自分と決別。

事件解決後は「怪人同盟」を「少年同盟」として再結成。仲間三人、そして自分達を支えていく事を決意したミヨッペと共に自分の超能力を正義の為に使うべく、新たな道を歩み始めた。


剛力招来!

 彼の元ネタは漫画版『イナズマン』の主人公風田サブロウであり(ルビー達、三郎の取り巻きや、ミヨッペも同作のキャラがモデル)、当然ながら変身能力も持っている。

 「剛力招来」と叫ぶことで体を茶色い甲殻で覆った醜悪なサナギマンに変身することが出来る。TV版『イナズマン』に登場した渡五郎の変身したサナギマンはイナズマンに変身するまでの前座(なお、相手のエネルギーを吸収するというメリットはある)であったが、こちらはフォーゼを圧倒するほどの怪力を有している。
 外皮も極めて頑丈であり、ライダーロケットパンチエレキステイツ電撃にも耐えうる。
 また、念力エネルギーはサナギマンになることで増幅され、不可視の衝撃波を放つ。凝縮すればいかなる物体をも破壊するという(『テレビマガジン』2012年12月号より)。
 先ほど「醜悪」と書いたが、実際に三郎もこの姿はあまり好んでいない。
 変身する際にはデビルマンのように服が弾け飛び、変身を解除すると真っ裸になる。三郎が女性じゃなくてホントに残…ゲフンゲフン。

超力招来!!

サナギマンからイナズマン


 ミヨッペとの和解、そして弦太朗の説得を受け、生まれ変わる決断をした三郎は、サナギマンの殻を吹き飛ばし、自由の戦士「イナズマン」へと進化を果たす。
 TV版の渡五郎が変身したイナズマンがいかにもヒーローらしい見た目をしているのに対し、三郎のイナズマンは原作漫画のそれを踏襲した上で全く別の(どちらかと言えばMEIMUの漫画『キカイダーVSイナズマン』のイナズマンに似ている)姿と化している。
腰周りには原作のソレに似たプロレスパンツのような模様が刻まれ、全身を稲妻のような筋が走っているのが特徴。
 
 その実力は一言で言えば反則石ノ森作品の中でもRXと双璧を成すチート野郎であることは本作においても全く変わっておらず、超能力はサナギマンをはるかに凌駕し、オーラを放出して自在に空を飛び回ることも可能。
 電撃を操る力は勿論のことながら、あらゆる攻撃を逆再生にしたかのように弾き返す「逆転チェスト」、竜巻で相手を拘束する「超力タイフーン」など多彩な能力を持つ。

余談招来!

 後に映画スーパーヒーロー大戦Z』(2013年4月が舞台)にも参上。スペース蜘蛛男に食われそうになっていたフォーゼを救い出し、フォーゼと協力してスペース蜘蛛男を撃破した。「アルティメイタム」では叶わなかったフォーゼとイナズマンの共闘が実現した。
 助け出したフォーゼに対していきなり「先生!」と言っているため、当のフォーゼ/弦太朗には何の事か判らずに唖然とされていたが、すぐにダチになった。

関連招来!

仮面ライダーフォーゼ イナズマン MOVIE大戦アルティメイタム 哀しき悪役 光落ち

pixivに投稿された作品 pixivで「風田三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147

コメント