ピクシブ百科事典

冬映画シリーズ

ふゆえいがしりーず

冬映画シリーズとは、文字通り毎年冬の時期に公開される仮面ライダーの映画シリーズである。
目次[非表示]

概要

2009年12月に『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』が公開されて以降、毎年12月に公開されるのが恒例となったシリーズ。
公開時現在に放送中の新作と、放送終了した旧作のクロスオーバーが大きな見所となっており、旧作から新作へのバトンタッチという側面も持つ。
仮面ライダーディケイド』以降、仮面ライダーシリーズの切り替え時期が9月となったため(『鎧武』から『エグゼイド』までは10月)、基本的に、新作は放送開始2~3ヶ月後のサイドストーリー、旧作は終了2~3ヶ月後のエピローグを展開する。また、新作に関しては公開日の段階でTV本編に登場していない新たなサブライダーの顔見せが行われることもある。

いわゆる平成ライダーは一作ごとに独立した設定と世界観を持っていることを売りにしているが、テレビシリーズ以外ではその限りでなく、映画としては『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』(2008年)からクロスオーバーが行われていた。
また、『仮面ライダーディケイド』の劇場版である『オールライダー対大ショッカー』に仮面ライダーWが客演して以降、各テレビシリーズ単独の劇場版に次回作の仮面ライダーが登場することが定番となっている(鎧武は最終回で登場)。
だが、あくまで電王中心であった『電キバ』『超・電王』や、ゲスト出演という扱いの単独劇場版とは異なり、『MOVIE大戦』は各シリーズにそれぞれ単独のパートを展開し、終盤に向けて両者が合流するという、クロスオーバーを強調した構成となっている。

大別すると、「別々のエピソードを同時上映して、最終的に一本の話に収束するタイプ」(2010、CORE、アルティメイタム、戦国、フルスロットルが該当)と「最初からコラボ前提で話が進行するタイプ」(MEGAMAX、ジェネシスが該当)がある。

2016年からはメインタイトルが『平成ジェネレーションズ』に改題された。
さらに2019年では『令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』に改題されている。
2020年はCOVID-19の影響で公開が延期となった『ゼロワン』の夏の劇場版『REAL×TIME』と『セイバー』の短編映画『不死鳥の剣士と破滅の本』の2本立てとなり、従来の冬映画は制作されず、『ゼロワン』と『セイバー』の共演は2021年夏の『スーパーヒーロー戦記』に持ち越された。

各作品

平成ライダー

MOVIE大戦シリーズ


平成ジェネレーションズシリーズ

令和ライダー


関連タグ

仮面ライダー 劇場版仮面ライダー
平成ライダー/平成二期 令和ライダー
映画 劇場版 東映 東映特撮
クロスオーバー ヒーロー 夢の共演 バトンタッチ
スーパー戦隊祭 - 主に新年冬に公開されるスーパー戦隊シリーズのクロスオーバー作品。
春の大戦映画(東映)/スーパーヒーロー大戦シリーズ - スーパー戦隊シリーズと仮面ライダーシリーズのクロスオーバー作品。

関連記事

親記事

劇場版仮面ライダー げきじょうばんかめんらいだー

子記事

兄弟記事

コメント