ピクシブ百科事典

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER

かめんらいだーへいせいじぇねれーしょんずふぉーえばー

仮面ライダーの劇場作品『MOVIE大戦』シリーズの第10作目。『平成ジェネレーションズ』シリーズの第3弾。
目次[非表示]
クワガタと青空と雷と


仮面ライダーアギト!


仮面ライダー龍騎


仮面ライダー555


ブレイド



全ての戦いが、憧れを掻き立てた。

仮面ライダー響鬼


「お婆ちゃんが言っていた」


仮面ライダー電王


KIVA


世界を破壊する者



この平成に、彼らは生きた。

1時間くらいで仮面ライダーダブル


仮面ライダー オーズ


宇宙キターーーーーーーーーーーーーー!!


仮面ライダーウィザード


オレンジスパァアアキング!!



時は今、動き出す。

ひとっ走り付き合えよ。


GHOST


仮面ライダーエグゼイド


Be The One



時代が終わる。すべてが始まる。

過去の意志は嘘では欺けない



概要

2018年12月22日公開。
仮面ライダージオウ』と『仮面ライダービルド』のコラボ作品にして「MOVIE大戦」シリーズの第10弾、平成ジェネレーションズの第3弾タイトル。平成最後の仮面ライダーコラボ映画である。
これまでは新旧主要ライダーの名前が付いたタイトルが多かったが、本作では記述はない。

監督は山口恭平、脚本はジオウのメインライターである下山健人が担当。脚本監修として『電王』メインライターであった小林靖子も参加している。

主題歌は浅倉大介の編曲により、歴代平成ライダー20曲の主題歌をリミックスした「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER メドレー D.A. RE-BUILD MIX」。

また今作では全歴代平成主役ライダーが集結するのだが……?(後述)
(クウガからWまでのライダーが平ジェネシリーズ初登場)。

ストーリー

常盤ソウゴと桐生戦兎の世界に異変が生じていた。仲間たちがまるで別人と入れ替わるように記憶を失っていくのだ。さらに2人の前にスーパータイムジャッカー・ティードが現れる。ティードはアナザーW・アナザー電王を差し向け、とある少年・シンゴを追っていた。
シンゴを守る戦いの中、ソウゴは「仮面ライダー好き」の青年アタルと出会う。一方単身ティードに挑んだ戦兎は洗脳され操られてしまい…

強大な敵を前に、シンゴを救おうともがくソウゴ達。そんな中、アタルはある告白をする…。
「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」

何故、いつから「仮面ライダー」は虚構<フィクション>の存在となってしまったのか?
謎が深まる中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は初代平成ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった…

登場人物

仮面ライダージオウ』より

常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(演:奥野壮)
明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ(演:押田岳)
ツクヨミ(演:大幡しえり)
常磐順一郎(演:生瀬勝久)
ウォズ(演:渡邊圭祐)

仮面ライダービルド』より

桐生戦兎/仮面ライダービルド(演:犬飼貴丈)
万丈龍我/仮面ライダークローズ(演:赤楚衛二)
石動美空(演:高田夏帆)
猿渡一海/仮面ライダーグリス(演:武田航平)
氷室幻徳/仮面ライダーローグ(演:水上剣星)

仮面ライダー電王』より

野上良太郎(U良太郎)/仮面ライダー電王(演:佐藤健)
オーナー(演:石丸謙二郎)
モモタロス(CV:関俊彦)
ウラタロス(CV:遊佐浩二)
キンタロス(CV:てらそままさき)
リュウタロス(CV:鈴村健一)

仮面ライダーW』より

風麺のマスター(演:どうきひろし)

今作オリジナル

久永アタル(演:福崎那由他)
久永シンゴ(演:斎藤汰鷹)
物語のカギを握る人物たち。

声の出演

仮面ライダーアギト』より

仮面ライダーアギト(CV:賀集利樹)

仮面ライダー龍騎』より

仮面ライダー龍騎(CV:須賀貴匡)

仮面ライダーディケイド』より

仮面ライダーディケイド(CV:井上正大)

仮面ライダーゴースト』より

仮面ライダーゴースト(CV:西銘駿)

この他の平成ライダーは音声ライブラリだが、当時演じた役者本人の声で登場している。

今作の敵・怪人

ティード(演:大東駿介)
平成ライダーの歴史を消そうと目論む「スーパータイムジャッカー」の青年。

フータロス(CV:滝藤賢一)
アタルと契約する謎のイマジン。その願いとは…?

アナザーライダー

アナザーW(CV:伊藤健太郎)
アナザー電王
アナザークウガ/???

怪人軍団

マスカレイド・ドーパント
屑ヤミー
ダスタード
グール
初級インベス
下級ロイミュード
眼魔コマンド
バグスターウイルス
ガーディアン
ハードガーディアン

劇場版限定フォーム

仮面ライダージオウ クウガアーマー
仮面ライダージオウ ダブルアーマー

関連動画





レジェンドキャスト登板にあたって

本作では佐藤健氏が『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』以来実に10年ぶりとなる仮面ライダーシリーズ出演を果たしたが、佐藤氏の出演は公開当日まで徹底して秘匿されていた。
(ちなみに、本来はもう一人レジェンドの登板が検討されていたのだが、当人のスケジュールが2年先まで埋まっていたため、今回はあえなく見送りとなったという)

まず、平成ライダーのコラボ映画は大抵の場合、予告映像公開時点でレジェンドのキャストが明かされるのだが、今回は予告の時点でも誰一人明かされていなかった。
公式や主演キャスト、多媒体からも情報の明言は一切なし。
主役が全員映ったインパクトのあるポスターも平ジェネシリーズでは初の「変身後の姿のみ」であり、公式サイトのキャラクターの欄にもジオウ&ビルド勢・本作初登場の怪人やアーマーしか出ていない。
試写会も一切行われておらず、プレミアムイベントの大きな発表も今作の主題歌とジオウ&ビルドのメインキャストのインタビューのみであり、今までの平成ライダーのコラボ映画とは色々と一線を画していた。このイベントに招待された者のみ、公開日初日まで公表禁止のプレスシートをもらったらしい。
更に撮影面でも情報統制が敢行され、白倉プロデューサーによれば、台本にも当該シーンを印刷せず、撮影スケジュール表にも載せず、音楽録音もダミー映像で演奏……といった具合に徹底していたとのこと。
ニュースサイトによれば、撮影場所となった建物には目隠しが貼られ、その撮影場所には地下から車で入るほどであったらしい。
劇場パンフレットでもクレジットのページ自体が削られていた。
そして本作は公開日初日に見に行く事が推奨されていた。

それらの甲斐あってサプライズは功を奏し、公開初日に鑑賞した人々やニュースサイトからの情報によれば佐藤氏の登場シーンでどよめきが起こり、泣く者も現れ、とある劇場ではエンドロール時のクレジットで観客から拍手が起こったようだ

また、今回U良太郎での登場となったのは「今の歳で良太郎を演じたらみんなの夢を壊してしまう」「10年経って良太郎が成長しているのはいいことだが、一方それは夢を壊すことでもある」という佐藤氏の意向であったことも語られた。

関連タグ

平成ジェネレーションズ
仮面ライダージオウ 仮面ライダービルド

仮面ライダークウガ 仮面ライダーアギト 仮面ライダー龍騎
仮面ライダー555 仮面ライダー剣 仮面ライダー響鬼
仮面ライダーカブト 仮面ライダー電王 仮面ライダーキバ
仮面ライダーディケイド 仮面ライダーW 仮面ライダーOOO
仮面ライダーフォーゼ 仮面ライダーウィザード 仮面ライダー鎧武
仮面ライダードライブ 仮面ライダーゴースト 仮面ライダーエグゼイド

仮面ライダーレーザー:今作でエグゼイドが乗るレーザーには瞳があり、九条貴利矢が変身したと思われる(エグゼイド公式ツイッターや監督のツイッターでほぼ明言されている)。台詞こそないが登場時に爆走バイクの変身音が鳴っており、エグゼイド以前のサブライダーでは唯一の参戦となった。

星プロ:本作とのコラボレーションとしてWEBコンテンツを公開している。ちなみに星プロのキャラクターの一人「ドニマル」役の新田真剣佑は過去に劇場版仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャーにて泊エイジ役として出演していた。

外部リンク



















時系列について(ネタバレ注意)

本作は「『仮面ライダー』が放映されている世界」「ビルド最終回後の新世界」「各年代にライダーがいるジオウの世界」が混ざったような世界が舞台であり(詳細は映画を参照)、白倉Pもツイッターで本編との直接的なつながりはないと語っている。

ただし、ソウゴは映画公開後の『ジオウ』本編で既にW・クウガライドウォッチを所持していることになっている。平成仮面ライダー20作品記念公式サイトではこの2つのライドウォッチの入手先に関して本作の情報が記載されており、またep38の終わりにデンライナーがやってくる際の電子音を聞いた時のソウゴの反応等、クウガとアギトの関係のような「繋がっているがパラレル」(限りなく近い出来事が本編でも発生した)と解釈するのが一番近いと言える。

ちなみにビルドに関しては高田夏帆さんのラジオ高田夏帆&チュニキャンの keep on chuningで本作にも関わった大森Pがゲストになった際にビルドNEW_WORLDは本作の後日談と明言されている。

関連記事

親記事

平成ジェネレーションズ へいせいじぇねれーしょんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 323764

コメント