ピクシブ百科事典

アンク

あんく

アンクとは、 【1】(Ankh)古代エジプトで用いられた象徴図像。 【2】特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』に登場する怪人集団"グリード"の1人。
目次[非表示]

アンク(図形)

【壁紙】 Life...


アンク(Ankh)とは、古代エジプトで用いられた象徴図像。
エジプト十字とも。
「生命」を意味し、エジプトではアンクに蘇りの力があるという信仰がある。

日本のオタク業界では、『ウルティマIV』の主人公である聖者アバタールの象徴として使われた事から有名になった。
遊戯王カードゲームの「死者蘇生」カードにも、このアンクが描かれている。

関連タグ

図形 十字 エジプト

クロスファイヤーハリケーンジョジョの奇妙な冒険マジシャンズレッドの技)

外部リンク

アンク - Wikipedia

アンク(グリード)

/アイス溶ける!!\


アンクとは、特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』に登場する怪人集団"グリード"の1人。

この記事には『仮面ライダーOOO』のネタバレをある程度含みます。

設定

身長45cm→214cm
体重3kg→117kg
肩書き鳥の王
イメージカラー
構成コアメダルタカ・クジャク・コンドル
属性
名前の由来アンク(ヒンディー語で「目」)
演者三浦涼介


人格

狡猾で信用ならない性格。他のグリードメンバーにも良く思われていない。
本人曰く「takeは好きだがgiveは嫌いだ」とのこと。
当初は欲望に振り回される人間をあざ笑っていたが、人間の身体を介して味覚を初めとした五感を感じた事、映司やヒナを初めとした人間たちと関わった事で徐々に意識は変わっていき、やがて『グリードは単なるメダルの塊でしかない』と感じるようになる。

怪人態

復活時は右手のみの実体化。
外見的特長は(全容は不明だが)羽の生えた腕部や猛禽類を思わせる爪など。
かなり弱体化している為、揺さぶられただけでメダルを落としてしまったりぞんざいに扱われたりもする。

アンク



だが、そんな彼も46話で全身が実体化する。
怪人体はアンク(ロスト)の怪人体に似た姿だが、アンク(ロスト)では不完全で紫色だった顔の右半分も、
人間態時に見られる金髪状の装飾が発生し完全なものとなっている。

おおせのままに



人間態

普段は、カマキリヤミーとの交戦で重傷を負った刑事泉信吾の身体を借りて行動している。
通常の人間からすれば超人的な身体能力を持つ。アイスキャンディーが好きでよく口にくわえている。
破天荒な行動とボケをかます映司に「エージィィィ!!!!!」と怒りのツッコミをかます。

アーーッンク



主な行動

・封印を解いてオーズドライバーや他のグリードのコアメダル数枚を奪取。以後、火野映司をオーズとして利用しメダルを集める。
・瀕死の泉信吾の体を乗っ取り、人間態を獲得。同時にどのグリードよりも早く現代社会の武器である「情報」を手に入れる術を獲得した。
・グリードとメダルの関係を棒アイスで例える(アイス自体もたいへんお気に入り)。
・泉信吾の記憶を探り、彼が妹に内緒で買ったiPhone4を無断借用。
・小学生にツチノコと間違われ木の棒でつつかれた上、石を投げられる。
・鳥類なのでよく高い所に昇ったりする(が、役者は高所恐怖症)。
・15話にて映司がアイス代を請求されていたが、その額23,625円。一体どれだけアイスを食べているのか。
・特撮でよくある可愛くないマスコットとして番組を飾る。
・35話で意図せず泉比奈に祝福の言葉をかける。戻りつつある信吾の意識がアンクの精神に働きかけているようだ。
・36話で信吾の意識が戻ったため一旦離れて活動していたが、再び倒れた事で結局元通りに。
・40話で軍鶏ヤミー撃破後気が緩んだ所をアンク(ロスト)に吸収されてしまう。但しタカコアメダル1枚を泉比奈に託し、完全復活は防いだ。
・42話でアンク(ロスト)爆散後、残ったメダルから右腕生成、その後信吾憑依時の姿をとり(信吾に憑依した訳ではなく、肉体の変化による物)遂に復活を果たすが、コアメダル3枚が破壊されたため身体の維持がうまくいかず、再び信吾の身体を乗っ取る。
・43話ではヤミーも生成できるようになり、自身初のヤミーであるハゲタカヤミーを生成する。ヤミーが斃された後、残ったセルメダルを使いウヴァを復活させる。
・44話でグリード4人を引き連れ映司を襲うが、完全体に戻ったカザリの無差別攻撃を受けて他のグリード共々コアメダル数枚を奪われる。
・45話で信吾の身体を使ってメダルの器になろうとするがコアメダルを求める他のグリードに反発され、それに逆切れして自分以外のコアメダルをばら撒き、どこかへ去る。
・46話でクスクシエに行きアイスを横領後、比奈に「どっちかは戻ってくるかもな」と言って映司の元へ向かう。オーズドライバー無しの映司と闘うが、映司に礼を言われ攻撃を躊躇。そこへ来た真木により映司はグリード化し暴走、信吾の身体を使いアンクも遂に完全体に戻る。
・47話で映司グリードを倒すが、攻撃を躊躇した事から真木に見限られ、タジャドルコンボ変身用のコアメダル3枚を残して全てコアメダル3枚を奪われ、自身の意識を宿すタカコアメダル1枚にヒビを入れられる。比奈に信吾の身体を返す事を告げ、最期の闘いに赴く。
・最終回で映司と共に真木と闘うも、再びグリード化しそうになった映司に、自分自身のコアメダル3枚全てを渡し、自身はセルメダルに戻ってしまう。それでもなお人間態の幻影の状態でオーズを援護し、真木を斃す事に成功する。しかし真木の死と同時に発生したブラックホールに(恐らく鴻上が持っていると思われる水棲系1枚・重量系1枚を除く)全てのコアメダルは吸収され、損傷したタカコアも2つに割れてしまう。その後地上に落下する映司の前に右腕のみの状態で現れ、満足した事を言って消滅した。

「ただのメダルの塊が、死ぬ所まで来た。こんな面白い・・・満足できる事があるか!」

だが、割れたタカコアは消滅する事無く残っており・・・
以後は霊体となった腕が映司の近くで浮遊している。

・2011年冬映画「オーズ&フォーゼ MOVIE大戦MEGAMAX」では、消滅したはずがなぜか復活。序盤仮面ライダーポセイドンからメダルを奪うため再び映司や比奈と共闘した。

ポセイドン撃破後、仮面ライダーアクアこと湊ミハルが40年後へのワームホールに向かい帰還した後、突如失踪。その後、同じワームホールへ向かうところを目撃されている。
映司は、アンクとの再会時に、最終決戦で使ったメダルが割れたままだったから未来から来たと推測している。

このことをきっかけに、2人はアンクが復活する「いつかの明日」を約束した・・・。

謎の左手と元の姿

800年前のある事件が原因で、自分のコアメダルを2枚取り戻しても、翼が一瞬出現しただけで終わってしまった。
その後、第27話・第28話で一部だけ、第29話で右側の顔と腕が不完全な体・アンク(ロスト)が登場した。

その時に奪われたコアメダルを取り戻そうと、意識と性格を右腕に集中させていたため、残った体は仮死状態となり、鴻上光生の行動によって、一人歩きするようになる。

そして

2017年、冬の劇場版『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』にて再び登場する事が明らかになった。


関連タグ

仮面ライダーOOO グリード(仮面ライダーOOO)
オーメダル アイス iPhone4 アンクいじめ
火野映司 泉比奈 泉信吾 アンク(ロスト)
ウヴァ カザリ ガメル メズール 真木清人

他の記事言語

Ankh



以下、平成ジェネレーションズFINALネタバレ注意!









































「映司、相変わらずボロボロだな」

エグゼイドの世界の財団Xに所属する科学者・最上魁星のアジトに乗り込んだ永夢龍我映司を迎え撃つべく、財団Xによって複製された偽のコアメダルで最上が召喚したダミーアンクとして登場。

最初は最上に指示されるがまま映司に攻撃を仕掛けたが、映司が手に握っていたアンク本人の割れたタカメダルに反応したダミーアンクが苦しみ出し、高所から落下していくダミーアンクの手を映司が掴み取る。その瞬間、割れたタカメダルがダミーアンクの体内に乗り移り、本物のアンクとして復活を果たした。

復活後は映司に「ちゃんと今日の分のアイスを寄越せ」と偉そうに言い放つなど懐かしいやり取りをしつつ、映司にコアメダルを投げ渡してオーズに変身させ、他のダミーグリード達を撃破。
財団Xが量産したXガーディアン軍団との戦いでも映司にコアメダルを投げ渡してサポートする中、自身の意識が宿ったタカメダルを含めた鳥系コアメダル3枚をオーズに投げ渡し、彼をタジャドルコンボに変身させた(TV本編最終話と同じく、ベルトの音声はアンクの声で発された)。

事件解決後、映司から約束のアイスを渡されたアンクはアイスを味わい、アイスの冷たさと甘さを感じ取れたのか否か、切なげな表情を浮かべながら映司の目の前で消滅。再び割れたタカメダルの状態へと還り、それを拾い上げた映司は「また会おう。俺とお前がいる明日に」と約束するのだった……。

pixivに投稿された作品 pixivで「アンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8009696

コメント