2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アンク

あんく

アンクとは、 【1】(Ankh)古代エジプトで用いられた象徴図像。 【2】特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』に登場する怪人集団"グリード"の1人。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. (Ankh)古代エジプトで用いられた象徴図像。
  2. 特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』に登場する怪人集団グリードの1人。


古代エジプトの象徴図像

アンク(Ankh)とは、古代エジプトで用いられた象徴図像。
エジプト十字とも。
「生命」を意味し、エジプトではアンクに蘇りの力があるという信仰がある。

日本のオタク業界では、『ウルティマIV』の主人公である聖者アバタールの象徴として使われた事から有名になった。
Wizardry』の#5BCFにはアクセサリーとして複数種類の"ANKH"が登場し、スペシャルパワーを解放すると能力値を上昇させることが出来る。一方で、名前が駄洒落になっているだけのアンクも紛れ込んでいるのがいかにもwiz。
遊戯王カードゲームの「死者蘇生」カードにも、このアンクが描かれている。
エラリー・クイーン『エジプト十字架の謎』、原題は"The Egyptian Cross Myster"はこのアンクやタウ十字架を題材にした傑作長編推理小説である。

仮面ライダーOOO

この記事には『仮面ライダーOOO』のネタバレをある程度含みます。
また、単にアンクだけでタグ登録されていることがほとんどなので、ピクシブで検索する際は仮面ライダーとでAND検索してください。

演:三浦涼介
腕の操演:永徳
CV:吉野裕行(memory of heroez)

特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』に登場する怪人集団"グリード"の1人。

本作の主人公火野映司とは協力(というか互いに利用しあう)関係にあり、彼がオーズとして戦う際は戦況を見てコアメダルを投げ渡す役目を持つ。

グリードの中では最初に復活したが右腕しか実体化できず、他のグリードの封印も解いたが、自分のコアメダルが1枚しかなかった腹いせに、石板に封印されていたオーズドライバーと他のグリードのコアメダル数枚(カマキリ、バッタ、トラ)を奪取。
その復活した博物館で偶然警備員のバイトをしており、タカメダルを(バイト料と勘違いして)持ち帰ってしまっていた映司にドライバーの封印を解かせる。
映司をオーズとして利用し復活のためメダルを集めるようになり、瀕死の刑事・泉信吾の体を乗っ取ったことで人間態を獲得する。

設定

身長45cm→214cm
体重3kg→117kg
肩書き鳥の王
イメージカラー
構成コアメダルタカ・クジャク・コンドル
属性
名前の由来アンク(ヒンディー語で「目」)


人物

狡猾で信用ならない性格。粗野で口が悪い面が目立ち、他のグリードメンバーにも良く思われていない。
本人曰く「takeは好きだがgiveは嫌いだ」とのこと。

当初は欲望に振り回される人間を嘲笑っていたが、人間の身体を介して味覚を初めとした五感を感じた事、映司や比奈を初めとした人間たちと関わった事で徐々に意識は変わっていき、やがて何事にもメダルが中心となるグリードという存在そのものに嫌気が差し、『グリードは単なるメダルの塊でしかない』と感じるようになる。そして最終的には「この世界を確かに味わえるが欲しい」と望む。

信吾の身体に憑依した後初めて口にした食べ物がアイスキャンディーであり、以降アイスを好むようになる。
信吾の記憶を利用してiPhone4を無断で借りており、作中では掲示板を駆使してカザリの動向を監視することもやってのけた。また、他グリードが所持しているコアメダルをipadで整理したりと現代ツールを使いこなす。

頭は確実に回るが、メダルへの欲が先行するため、鴻上光生の交渉術に引っ掛かったりと駆け引きでは後一歩及ばない。人間を利用してやるアンクの本心とは裏腹に、作中では人間達に振り回されたり結構ぞんざいに扱われたりもしている。
破天荒な行動とボケをかます映司には「エージィィィ!!!!!」と怒りのツッコミをよくかます。作中では度々「おい映司!」と発しているため、当の映司には空耳として「オエージ」なる愛称が視聴者から付けられてしまった。

怪人態

復活時は右前腕部のみの実体化。
外見的特長は羽の生えた腕部や猛禽類を思わせる爪など。
かなり弱体化している為、揺さぶられただけでメダルを落としてしまったりぞんざいに扱われたりもする。

アンク



だが、そんな彼も第46話で他系統のコアメダルと信吾の肉体を利用することにより遂に本来の姿へと変貌する。
本来の姿である完全体/グリード態はアンク(ロスト)の怪人態に似た姿だが、アンク(ロスト)では不完全で紫色だった顔の右半分も、人間態及び憑依態に見られる金髪状の装飾が発生し完全なものとなっている。

おおせのままに



人間態及び憑依態

普段は、カマキリヤミーとの交戦で重傷を負った刑事・泉信吾の身体を借りて行動している(映司に対する人質も兼ねている)。
他のグリードや仮面ライダーには及ばないが、跳躍力を初めとし、通常の人間からすれば超人的な身体能力を持つ(屑ヤミーに数体に応戦できる程度には戦える)。
一般人の前では右腕も人間同様の腕に擬態している。

アーーッンク



作中での主な行動

  • 上述の通り、封印を解いてオーズドライバーや他のグリードのコアメダル数枚を奪取。以後、火野映司オーズとして利用しメダルを集める。
  • 瀕死の泉信吾の体を乗っ取り、人間態を獲得。同時にどのグリードよりも早く現代社会の武器である「情報」を手に入れる術を獲得した。
  • グリードとメダルの関係を棒アイスで例える(アイス自体もたいへんお気に入り)。
  • 泉信吾の記憶を探り、彼が妹に内緒で買ったiPhone4を無断借用。
  • 小学生にツチノコと間違われ木の棒でつつかれた上、石を投げられる。
  • 鳥類なのでよく高い所に昇ったりする(が、役者は高所恐怖症)
  • 第15話にて映司がアイス代を請求されていたが、その額23,625円。一体どれだけアイスを食べているのか。
  • 特撮でよくある可愛くないマスコットとして番組を飾る。
  • 第35話で意図せず泉比奈に祝福の言葉をかける。戻りつつある信吾の意識がアンクの精神に働きかけているようだ。
  • 第36話で信吾の意識が戻ったため一旦離れて活動していたが、再び倒れた事で結局元通りに。
  • 第40話で軍鶏ヤミー撃破後気が緩んだ所をアンク(ロスト)に吸収されてしまう。但しタカコアメダル1枚を泉比奈に託し、完全復活は防いだ。
  • 第42話でアンク(ロスト)爆散後、残ったメダルから右腕生成、その後信吾憑依時の姿をとり(信吾に憑依した訳ではなく、肉体の変化による物)遂に復活を果たすが、コアメダル3枚が破壊されたため身体の維持がうまくいかず、再び信吾の身体を乗っ取る。
  • 第43話ではヤミーも生成できるようになり、本編内では自身初のヤミーであるハゲタカヤミーを生成する。ヤミーが斃された後、残ったセルメダルを使いウヴァを復活させる。
  • 第44話でグリード4人を引き連れ映司を襲うが、完全体に戻ったカザリの無差別攻撃を受けて他のグリード共々コアメダル数枚を奪われる。
  • 第45話で信吾の身体を使ってメダルの器になろうとするがコアメダルを求める他のグリードに反発され、それに逆切れして自分以外のコアメダルをばら撒き、どこかへ去る。
  • 第46話でクスクシエに行きアイスを横領後、比奈に「どっちかは戻ってくるかもな」と言って映司の元へ向かう。オーズドライバー無しの映司と闘うが、映司に礼を言われ攻撃を躊躇。そこへ来た真木により映司はグリード化し暴走、信吾の身体を使いアンクも遂に完全体へと遂げる。
  • 第47話で映司グリードを倒すが、攻撃を躊躇した事から真木に見限られ、タジャドルコンボ変身用のコアメダル3枚を残してコアメダル3枚を奪われ、自身の意識を宿すタカコアメダル1枚にヒビを入れられる。比奈に信吾の身体を返す事を告げ、最期の闘いに赴く。
  • 最終回で映司と共に真木と闘うも、再びグリード化しそうになった映司に、自分自身のコアメダル3枚全てを渡し、自身はセルメダルに戻ってしまう。それでもなお人間態の幻影の状態でオーズを援護し、真木を斃す事に成功する。しかし真木の死と同時に発生したブラックホールに(恐らく鴻上が持っていると思われる水棲系1枚・重量系1枚を除く)全てのコアメダルは吸収され、損傷したタカコアも2つに割れてしまう。その後地上に落下する映司の前に右腕のみの状態で現れ、満足した事を言って消滅した。


「ただのメダルの塊が、死ぬ所まで来た。こんな面白い…満足できる事があるか!」

だが、割れたタカコアは消滅する事なく残っていた。
以後は霊体となった腕が映司の近くで浮遊している。

  • 2011年冬映画「フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX」では、消滅したはずがなぜか復活。序盤仮面ライダーポセイドンからメダルを奪うため再び映司や比奈と共闘した。

ポセイドン撃破後、仮面ライダーアクアこと湊ミハルが40年後へのワームホールに向かい帰還した後、突如失踪。その後、同じワームホールへ向かうところを目撃されている。
アンクとの再会時、最終決戦で使ったメダルは割れたままだったため、今回復活したアンクは未来から来た存在であると映司からは推測されている。

このことをきっかけに、2人はアンクが復活する「いつかの明日」を約束した…。

謎の左手と元の姿

800年前のある事件が原因で、自分のコアメダルを2枚取り戻しても、翼が一瞬出現しただけで終わってしまった。
その後、第25・26話で一部だけ、第29話で右側の顔と腕が不完全な体・アンク(ロスト)が登場した。

その時に奪われたコアメダルを取り戻そうと、意識と性格を右腕に集中させていたため、残った体は仮死状態となり、鴻上光生の行動によって、一人歩きするようになる。

思いがけぬ再会

「映司、相変わらずボロボロだな」

エグゼイドの世界の財団Xに所属する科学者・最上魁星のアジトに乗り込んだ永夢龍我映司を迎え撃つべく、財団Xによって複製された偽のコアメダルで最上が召喚したダミーアンクとして登場。

最初は最上に指示されるがまま映司に攻撃を仕掛けたが、映司が手に握っていたアンク本人の割れたタカメダルに反応したダミーアンクが苦しみ出し、高所から落下していくダミーアンクの手を映司が掴み取る。その瞬間、割れたタカメダルがダミーアンクの体内に乗り移り、本物のアンクとして復活を果たした。

いつかの明日


復活後は映司に「ちゃんと今日の分のアイスを寄越せ」と偉そうに言い放つなど懐かしいやり取りをしつつ、映司にコアメダルを投げ渡してオーズに変身させ、他のダミーグリード達を撃破。
財団Xが量産したXガーディアン軍団との戦いでも映司にコアメダルを投げ渡してサポートする中、自身の意識が宿ったタカメダルを含めた鳥系コアメダル3枚をオーズに投げ渡し、彼をタジャドルコンボに変身させた(TV本編最終話と同じく、ベルトの音声はアンクの声で発された)。

事件解決後、映司から約束のアイスを渡されたアンクはアイスを味わい、アイスの冷たさと甘さを感じ取れたのか否か、どちらとも取れるような切なげな表情を浮かべながら、映司の目の前で消滅。

平ジェネオーズ
いつかの明日


再び割れたタカメダルの状態へと還り、それを拾い上げた映司は「アンク、また会おう。俺とお前がいる明日に」と約束するのだった……。
余談だが、三浦氏の出演はオーズ/火野映司役の渡辺氏からオファーを貰ったことがきっかけ(厳密には渡辺氏がオファーを貰った際、たまたま傍に三浦氏がおり、そのまま「出ない?」と渡辺氏から誘われた)と言っており、本来は出演しなかった可能性が高い。

そして最後の戦いから10年が過ぎ、「いつかの明日」に繋がる物語が描かれることになる。

カウント・ザ・メダルズ

映司と対立して以降の話から記載。それ以前の状況はコアメダルを参照。

話数自分
第42話
  • タカ
  • クジャク×2
  • コンドル×2
第43話
  • タカ×2
  • クジャク×2
  • コンドル×2
第44話
  • タカ×2
  • クジャク
  • コンドル
第45・46話
  • タカ×2
  • クジャク×2
  • コンドル×2
第47話・最終回
  • タカ
  • クジャク
  • コンドル


※ 第45話で猫系(ライオン、トラ×2、チーター×2)、第46話で水棲系(シャチ×2、ウナギ、タコ×2)のコアメダルを所持するが、第47話で真木博士に奪われる。

ゲーム作品

ガンバライド

仮面ライダーオーズのカードを使用すると、前衛登場時や一部必殺技使用時などに右腕状態で登場する。

ガンバライジング

オーズ10周年記念弾のズバットバットウ2弾で「アンク(グリード態)」としてLRで参戦。
バースト必殺技はメモリアルタッグフィニッシュの「ロストブレイズ」で、オーズタジャドルコンボと共に最終回を再現した攻撃を行う。
(原作でのアンクはグリード態ではなかったが、そこは肖像権の都合もあるので仕方ない)

同じく主人公の相棒の赤い怪人であるモモタロスと組むと「赤鬼と金髪トサカ」のチームボーナス称号が発生する。元ネタはおそらくレッツゴー仮面ライダー

ライダージェネレーション

ステージの進行役を担当。他にオーズの超必殺技の演出にも登場している。
ステージクリアに失敗したときは「なるほど、確かに難しいな」「気にするな、もう一度やってみろ!」などと台詞を言うため、原作よりも優しいと一部でネタにされた。

『2』では時系列が原作後のため登場しない。

バトライド・ウォー

1作目に登場。
ナビゲーターとして登場するほか、クロニクルモードのストーリーにも関わる。

シティウォーズ

ガンバライジングと同じくオーズ10周年記念キャンペーンでアンク(グリード態)が参戦。
初のデフォルトでの怪人プレイアブル参戦となり、三浦涼介さんの新録ボイスが収録された。
オリジナル技として火炎弾を放つ「鳳凰火炎弾」、アンク版ライダーキック「ヴァーミリオンドロップ」が必殺技に設定されている。

memory_of_heroez

復活し、オーズに倒されたアンク(ロスト)の遺骸にアンクの腕がドッキングして完全復活。そのままW一行に同行する事になった。口の悪さは相変わらずで、特にダジャレを連発するゼロワンに対してはかなり当たりが強い傾向にある。
人間のように五感が不満足でありながらも必死で欲望を求めていたグリードたちと鎬を削り、人間らしさを会得した彼にとって「グリード」とは名ばかりの空っぽの存在であるムチリの存在は不快に映ったらしく、激しく酷評していた。

最期はナスカ・ドーパントと共にコアエナジーを受け止めてゼウス・ドーパントを弱体化させ、いつかの明日で待っている事を約束し、自らの心臓部である割れたタカメダルを託して仮初めの命を終えた。

余談

  • スタッフ内では脚本上区別をつけるため、右腕だけのときは"腕アンク"、信吾憑依/人間態時にグリード態の右腕が現れている状態が"半アンク"、右腕が人間同様になっている場合が"アンク"と呼称されている。



  • アンクと泉信吾、両方とも三浦氏が演じている。地毛はアンクとしての髪の方であるため、信吾の状態になる時には黒髪のウィッグを使用している。ちなみに、トレードマークともなっているアンクの独特な髪型は、撮影初日の朝、ロケバスの中で三浦氏がメイク担当と相談してその場で決めたものらしい。髪やメイクに時間がかかるため、現場入りはヒロイン役よりも早く、目元のメイクや前髪を巻く作業に関しては三浦氏が自分が行なっていた。


  • 劇中では粗野で野暮な言動というイメージが強いが、本編を観察するといわゆる「ヤクザ言葉」な言い回しはほとんどない。
    • これについて脚本の小林靖子氏は、800年前の存在のため現代風な言い回しをなるべく避けたこと、「基本的にちょっと古くさい言葉遣い」を意識していたことを公式読本で述べている。



関連タグ

Ankh(英語版の記事)
仮面ライダーOOO グリード(仮面ライダーOOO)
オーメダル アイス iPhone4 アンクいじめ 人外相棒(仮面ライダーシリーズ)ツンデレ相棒
火野映司 泉比奈 泉信吾 アンク(ロスト)
ウヴァ カザリ ガメル メズール 真木清人

デザスト…空虚な人工生命体繋がり。終盤に明らかになった背景や変身するライダーが不死鳥モチーフである為、アンクをイメージした視聴者もいる。

カゲロウ…主役ライダーの関係者の肉体を乗っ取った怪人繋がり。人物像がどちらと言えば悪役寄りである。

(主人公の片割れである「彼」)アンク???(※リンク先ネタバレ)コヨミ

外部リンク

アンク - Wikipedia

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14202275

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました