ピクシブ百科事典

猿渡一海

さわたりかずみ

猿渡一海とは、『仮面ライダービルド』の登場人物。
目次[非表示]

「俺にナイショで何楽しんでんだ? ゴラ」
「心の火……心火(しんか)だ。心火を燃やしてぶっ潰す!」
「俺が望んでたのはこういうバトルなんだよォーーー!!」

演:武田航平

概要

パンドラボックスフルボトルを奪うべく北都から東都に送り込まれた秘密兵器・仮面ライダーグリスの変身者。
北都軍のトップであり、北都三羽ガラスからは「カシラ」と呼ばれ慕われている。

人物像

7月17日生まれの29歳。血液型はAB型
桐生戦兎の「敵も味方も死なせない」という気持ちを「自分達は殺し合いをしている」と真っ向から否定し、戦うことを「祭り」と呼び強者との戦いを至上の喜びとするバトルジャンキー。グリスに変身している時はスクラッシュドライバーの機能も相まってさらにハイになり、一度スイッチが入ると無双の戦闘力を発揮する。必殺技を使用し、万丈龍我に止めを刺そうとした時には「友よ、最期の時だ」と、まるで世紀末救世主の様なことを言っていた。また、戦闘中はよく二字熟語を3つ並べて叫ぶ事が多い(「最大!無限!極致!」など)。
少なくとも元格闘家の龍我以上の実力を備えており、フルボトルを握ったままのパンチ一発でスマッシュを撃破している他、変身時の負荷も特に無いように見えるため、ネビュラガスにより馴染んでいる=ハザードレベルが高いと推測されていたが、第19話でのスタークの測定によるとハザードレベルは4.2であり、現時点ではもっともハザードレベルが高い人物である。(しかしブラッドスタークによると、彼の体を改造してもハザードレベルの上昇は早められないらしく、龍我に超えられるのも時間の問題である様子。)

このように、戦いにおいては非情かつ過激な姿勢を見せるが、根は善良な人物であり、戦争に関係のない一般市民が巻き込まれることを良しとせず、東都軍や仮面ライダーとの戦いだけで戦争を終わらせることを望んでおり、17話で避難所に現れたスマッシュを倒して避難所にいた一般市民を助けたりするなど必ずしも多治見首相に従順という訳ではない。
自分の部下で家族同然の青羽を殺した戦兎に対して適切なフォローをしたり、龍我がスクラッシュドライバーを制御し自分を超えたことを素直に称賛できるなど、それまで戦兎たちが戦ってきた相手の中では一番まともな人物である(そも比較対象が精神がおかしくなってしまった幻徳と平成ライダーシリーズでも屈指の外道であるスタークなので比べるのもおかしいのだが)。

滝川紗羽の調査によると、家は北都の農地の大地主(一人息子で両親は既に他界、育てていたのはキャベツとサトイモらしい)であるらしく、三羽ガラスも彼の下で働いていたが、『スカイウォールの惨劇』によって土壌が変わったせいで北都の農家たちは壊滅状態になった。しかし彼は決して農民たちを見捨てず、私財を投げ打ってでも必死に働き、自身のその日食べるものが無くなるまでに面倒を見てきたが、借金が増えていくばかり(使用人の一人に金銭を持ち逃げされた疑惑もある)でどうしても首が回らなくなり、政府の人体実験に協力する道を選んだ(借金は約400万円)。
戦いに臨んでいるのも三羽ガラスの家族の生活費を工面するためで、それゆえに彼らから慕われているものの、彼自身は自身の記憶を消しているため、そのことは一切覚えていないらしい。
第22話にて実際は記憶を消してはいなかったことが判明。三羽ガラスの面々に対して記憶を消したと偽ったのも、全ては彼等に気を遣わせないためだった。

また、方向音痴なので単独行動に向いていない他、偶然出会った石動美空のことを何か知っているかのように見つめていたが、実はネットアイドルとしての美空=みーたんの大ファンだったため正体がわかって大喜びしたりなど、かなり人間臭い一面も見せている。
紗羽から「みーたんと握手したいなら5万ドルク」と金を請求された際は「5万……安いっすね。10万ならみーたんとツーショットとか?」と自分達の生活費を使って支払おうとする(これは赤羽と黄羽に阻止された)など金銭感覚は壊滅的。方向音痴といい「カシラは俺たちがいないと何にも出来ねえからな」という三羽ガラスの台詞もむべなるかな。

第19話の時点では戦兎の名前の由来となった、石動惣一の行きつけだった理髪店『バーバー桐生』を占拠し、自分達のアジトにしている。

劇中の活躍

  • 第17話

避難所で龍我が偶然接触し、そこに現れたストロングスマッシュハザードをパンチの一撃で倒した(見えないように隠していただけで、殴る際は手にヘリコプターフルボトルを握っていた)。
その後、北都三羽ガラスと戦っていたビルドクローズチャージの前にスクラッシュドライバーを持って姿を現す。

  • 第18話
グリスに変身しクローズチャージを圧倒するがトドメは刺さず、「後から乱入しておいて戦利品を貰うのは趣味じゃない」とフルボトルも奪わずに撤退。同時に戦兎からスクラッシュドライバーを手に入れた経緯について問われ「陽気なオッさんから貰った」と答えている(これにより、戦兎は惣一が地下の秘密基地からスクラッシュドライバーとスクラッシュゼリーのデータを盗み取っていた事を知る)。しかし、実際に撤退したのは龍我に駆け寄った美空の顔に見覚えがあったからだった。
その後は東都のテレビ局を占拠し、東都政府に宣戦布告。その際、民間人は戦いの邪魔をしなければ原則傷付けないとも宣言し、同時に北都の首相である多治見に対しても「余計な手出しをしてこっちのペースをかき乱すな」と警告している。
そして改めて戦兎・龍我と対峙し、やはり二人を圧倒し奪われた6本のフルボトルを再び取り返す。戦兎の戦いに対する考えを真っ向から否定しつつトドメを刺そうとするが、再び現れた美空を見て動揺し逃走を許してしまう。そして間近で見た美空の顔と、自分の携帯の待ち受けにしている人物の顔を見てある確信に至る。
多くの視聴者は「過去に美空と関わりがあったのか」とシリアスな予想をしていたが……実際は前述のようにみーたんのファンなだけだった(この時の「みーたんだぁ〜♪」の台詞には、視聴者の大半が「あれ?さっきまでシリアスだったのに、いきなりシリアルになった」と思ったり、思わなかったり)。

  • 第19・20話
ボトル奪取のため東都首相官邸を襲撃。そこに戦兎達が駆けつけ、再び戦闘になるかと思いきや、開口一番「みーたんとはどういう関係だ!?」と怒鳴りつけ、敵味方双方を唖然とさせる。これに対して戦兎は「別人だよ、よく間違えられるんだ」と苦しい言い訳をするのだが、一海はそれをあっさりと信じてしまい、納得してそのまま戦闘に臨んだ。しかし途中スタークが乱入したことで戦闘を中断され、やむなく撤退する。
北都でスタークから龍我のハザードレベルがいずれ一海を上回る事、一海のハザードレベルは肉体改造を施しても今以上には上がらない事、そして三羽ガラスを強化する方法としてハザードトリガーの存在についてを聞かされる。しかしハザードトリガーによる強化は「敗北すれば即、死に繋がる」という重すぎるデメリットを抱えており、当然一海はそれを拒否。龍我のハザードレベルが自分を超える前にケリをつけると宣言する。だが、そんな一海の思いとは裏腹に、一海の役に立ちたい三羽ガラスたちはハザードトリガーによる強化を受け入れてしまう。
東都政府は北都の襲撃に備えてボトルを東都の各所に分散して隠したが、北斗側は何らかの工作でボトルの在り処の情報を手に入れており、一海はあっさりとボトルを回収。そこでまたビルドと交戦するが、そこにハザードトリガーによって強化され、ハザードスマッシュとなった三羽ガラスが現れる。三羽ガラスを止められなかったことに苛立つ一海は、彼らがボトルを奪ったのを確認すると、後から合流した龍我との戦いをそこそこに切り上げ、撤退した。
その後もボトルの在り処を正確に把握しているため、着々とボトルを奪っていく北都一行。そこで東都政府がパンドラボックスを隠したという情報を掴み、現場に急行する。
しかし、それは情報が漏れていることを逆手に取った氷室幻徳の罠であり、毒ガスによって三羽ガラスもろとも窮地に陥る。やむを得ず、身体に負荷のかかる「スクラップフィニッシュ+ツインブレイク」で難を逃れるも、その反動でしばらく動けなくなり、北都に進行しようとする東都軍への追撃を三羽ガラス達に任せることになる。

  • 第21話
なんとか三羽ガラス達に追いついた一海だが、そこで彼が見たのは、今まさに暴走したビルドの手に掛かりそうになっている青羽の姿だった。
止めようとするも間に合わず、ビルドの必殺技を受けた青羽はハザードスマッシュの副作用によって消滅、命を落としてしまう。当然と赤羽と黄羽は激昂し暴走が収まって茫然自失となった戦兎に襲いかかろうとするが、一海はそれを止め、その場を去る。
再びボトル回収の任務に戻り、龍我と交戦するが、先の出来事でショックを受けていた龍我はまともに戦うことが出来ず返り討ちに会う。そして龍我は「青羽が死んだのは自分のせいだ」と一海達に謝罪するが、一海はそれを文字通り一蹴し、「半端な覚悟で戦場に出てくるな」と言い捨ててその場を去った。
その後、東都と北都の戦争の決着を双方から1人のライダーを選出して戦わせる代表戦によって決定することが決まり、北都の代表には当然一海が選ばれる。
そして青羽の供養のため彼の死地を訪れるが、そこには依然ショックから立ち直れない戦兎がいた。戦兎は「俺はとんでもない過ちを犯した。謝っても許されることじゃない、だから気が済むまで殴ってくれ」と懇願するが、当初より「敵味方問わず一切の犠牲が出ない戦いなどあり得ない」と持論を掲げていた一海は「あいつは弱かったから死んだ。お前のせいじゃない」と諭す。だがそれでも軍人ではない個人としてはやはり青羽を殺されたことを割り切れた訳ではなく、「心火を燃やしてお前を倒す」と宣言した。

  • 第22話
戦争の決着をつけるため、ついに代表戦が始まった。開幕からは彼が見たこともないベストマッチフォームを連発するビルドが優位に立つものの、この戦いこそが望んでいた「祭り」に合致する戦いだったため闘争心に火が付き、次第に盛り返していく。
互角のまま長引いた勝負は、ビルドがハザードフォームに変身したことで一気に動き出す。暴走状態に陥ったホークガトリングハザードフォームのハザードフィニッシュを食らったグリスはとうとう変身解除となってしまい、代表戦の敗北が決定。これにより北都は戦争に敗北してしまう。
しかし戦闘が終わってもビルドの暴走は止まらず彼に拳を振り上げるが、すんでのところでクローズチャージが登場し危機を免れた。暴走を克服できない今の龍我ではビルドを止めるのは無理だと叫ぶが、彼はそれを覆し見事にドライバーの制御に成功してビルドを変身解除させる。その姿に「殻破りやがったな」と素直に称賛の言葉を送り、自分の完敗を認めた。

役者について

演じる武田氏は『仮面ライダーキバ』に紅音也役でレギュラー出演していたことで知られており、『仮面ライダーディケイド』での客演以来9年ぶりの平成ライダー出演となった。
上述のように一海も音也のようにかなり人間臭い面を見せたため、視聴者からは「ネビュラガスが入っただけの音也」と言われることも。
また『ディケイド』のネガの世界の音也はダークライダーで一人だけディケイドに倒されなかったので一海が「ネガの世界から来たんじゃね?」などと言われたこともあった。ちなみにその場合北都=ネガの世界になってしまうが、共にディストピアめいた部分があるため強ち間違いとも言い切れない。

一人の役者が複数の作品で別のライダーを演じることは稀で、テレビ版かつレギュラー役で出演した場合に限定すると、武田氏は二人目(※)となる。
※一人目は響鬼斬鬼キバイクサに変身する次狼を演じた松田賢二である。桜井侑斗(ゼロノス)と桐矢京介(京介変身体)を演じた中村優一氏も微妙なラインだが、桐矢の変身した京介変身体はライダーと見なされないことが多いためここでは除外とする。

前述の松田氏演じる次狼は、何の因果か音也のライバルポジションで、1986年パートでは事あるごとにぶつかり合いイクサナックルを取り合っていた間柄である。

ちなみに、第18話で一海が自分の携帯電話の待ち受け画面を見た際、画面に表示されていた日付は第18話の放送日(1月14日)であり、演じている武田氏の誕生日でもある。
また、一海が身に着けているドッグタグのシリアルナンバーは「907101080」、つまり「くれないおとや」の語呂合わせになっている。

余談

前述のとおり彼は(元だけど)農家(農場経営者)だが、仮面ライダーに変身する農業者は彼が初である(以前も家庭菜園作りをするライダーはいたが)。戦隊シリーズまで広げると大石雷太小津蒔人が農業を営んでいる。

関連タグ

仮面ライダービルド

北都 仮面ライダーグリス 北都三羽ガラス

紅音也/仮面ライダーイクサ仮面ライダーダークキバ
紅正夫/仮面ライダーキバ
上記の2人は演者がかつて演じたキャラと変身した仮面ライダー繋がり。

浅倉威/仮面ライダー王蛇:戦いを祭りと呼んで愉しむ、戦う前に身体を伸ばす、三匹怪人を引き連れて戦う等、細かい所まで共通点が多い。ただし、こちらは実弟までもを殺す快楽殺人鬼という違いがある。

ブレン:口癖で3つの語句を並べるのは共通。ただしこちらは「○○で△△で××」と「で」を挟む。

pixivに投稿された作品 pixivで「猿渡一海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60934

コメント