ピクシブ百科事典

オウルロストスマッシュ

おうるろすとすまっしゅ

『仮面ライダービルド』に登場するロストスマッシュの1体。
  • 身長:203.0cm
  • 体重:115.0kg
  • 特色/力:索敵能力、飛行能力

CV:魏涼子、吉村卓也

「久しぶりねグリス。役立たずの仮面ライダー!」

「流石カシラ、優しいなぁ~。」

概要

仮面ライダービルド』第40話「終末のレボリューション」に登場。
スマッシュの最終形態であるロストスマッシュの1体。

素体にされた人物は第22話以降長らく安否不明となっていた元北都の首相の多治見喜子その人で、ロストフルボトルに1つであるフクロウロストフルボトルを体内に取り組むのと同時に2体のクローンスマッシュ(プレスストレッチ)と融合する事でこの姿に変貌する。
容姿はオウルハザードスマッシュとほぼ同一で、下半身が黒くなり、左腕に装着されていたロストフルボトルが無くなっている。

高濃度ネビュラガスを投与された影響で倒されると消滅して死に至るリスクを抱えているが、スマッシュの最終形態だけあってその戦闘力は数々の強敵たちを退けて来たライダー達と互角以上に渡り合える程に強大。

最後はビルド最強フォームであるジーニアスフォームの必殺技ジーニアスフィニッシュを受け、体内のガスを浄化され消滅することなく無事に元の姿へと戻った。

第46話でエボルトの遺伝子が擬態した黄羽が登場し、ロストフルボトルを使わず単独で変身している。詳細は不明だが、黄羽自身がエボルトの遺伝子の擬態であるため、このスマッシュ体も擬態能力によるものと仄めかされている。
続く第47話では一海が変身したグリスブリザードに3体がかりでも圧倒され、最後は天井に叩きつけられ撃破された。

関連項目

スマッシュ(仮面ライダービルド) 仮面ライダービルド

コメント