ピクシブ百科事典

スタッグロストスマッシュ

すたっぐろすとすまっしゅ

『仮面ライダービルド』に登場するロストスマッシュの一体。
  • 身長:205.2cm
  • 体重:124.4kg
  • 特色/力:高速剣技

CV:山崎将平、芹澤興人

概要

仮面ライダービルド』第41話「ベストマッチの真実」に登場。
スマッシュの最終形態であるロストスマッシュの一体。

素体にされた人物は葛城忍の元教え子であり、第1話で登場したストロングスマッシュに変化させられていた人物である志水恭一で、ロストフルボトルの1つであるクワガタロストフルボトルを体内に取り込むのと同時に2体のクローンスマッシュ(ストロングフライング)と融合する事でこの姿に変貌する。
容姿はスタッグハザードスマッシュとほぼ同一で、下半身が黒くなり、左腕に装着されていたロストフルボトルが無くなっている。

高濃度のネビュラガスの影響で消滅のリスクを抱えているが、全身の装甲はハザードフォームに匹敵する強度を誇る。

最後はオウルロストスマッシュと同じくジーニアスフォームジーニアスフィニッシュを受けた事により体内のガスが中和され、消滅することなく元の姿へと戻るが、その場に現れた仮面ライダーエボルブラックホールフォーム)によって消滅させられて、またしてもスタッグのスマッシュとなった人間を救えない結果となってしまった。

第46話ではエボルトの遺伝子が擬態した青羽が登場し、ロストフルボトルを使わず単独で変身している。詳細は不明だが、青羽自身がエボルトの遺伝子の擬態であるため、このスマッシュ体も擬態能力によるものと仄めかされている。
続く第47話では一海が変身したグリスブリザードに3体がかりでも圧倒され、最後はグレイシャルアタックで壁に叩きつけられ撃破された。

関連項目

スマッシュ(仮面ライダービルド) 仮面ライダービルド

コメント