2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ゴルバット

ごるばっと

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.042
英語名Golbat
ぶんるいこうもりポケモン
タイプどく/ひこう
たかさ1.6m
おもさ55.0kg
とくせいせいしんりょく/すりぬけ(隠れ特性)


進化

ズバゴルクロバット


ズバットゴルバット(Lv.22)→クロバット(なつき進化)

概要

ズバットの進化系。進化した事で目が生まれたが、いきなり体が顔と言わんばかりの体格になってしまった。
特にポケットモンスター青の狂気に満ちたドット絵は一部で評価が高い。

ポケモン界の吸血生物を代表しており、人やポケモンの生き血が大好物。
の出ていない真っ暗な夜には活発に飛び回り、ストローのように穴の開いたキバで一瞬にして300ccもの血液を吸い取ってしまう。

しかし吸いすぎて体が重くなって飛べなくなり、落ちて他のポケモンの餌食になってしまうことも。
また、キバは硬い皮膚でも楽々貫けるほど鋭いが、空洞なため意外にもろく、空腹のあまりはがねタイプのポケモンに噛みついた結果欠けてしまうもある様だ。結構ポンコツである。
細長いだけの足が変化した事で歩けるようにもなり、相手に忍び寄る事が出来るようになった。おそらく、ズバット 族の中でも一番歩行に適した種だと言える。
ポケモンスタジアムの解説によれば、吸った血によって血液型が変化するとんでもな特徴を持つ。

こうした血なまぐさい生態を持ちながら、仲間には優しいらしく、吸い取った血液を飢えた仲間に分け与える事もあるという。これが本当の血を分けた兄弟という奴であろうか?
実際のチスイコウモリも飢えている仲間に自分が吸った血を分け与える生態が確認されている。

名前の由来は ghoul(身震いする)+bat(コウモリ)。断じて「黄金バット」も「怪傑ズバット」も関係ない…はず。

何より、全ての地方・作品に高頻度で出現する数少ない皆勤賞のポケモンであり、悪の組織御用達でもあった為、恐らくゲーム内で最も遭遇回数が多いであろう存在。
その出現率は最早シリーズ恒例となっており、彼の鳴き声を聞かずしてポケモンは語れない。第8世代でもDLCにて復活した為、連覇記録は守られた事になる。洞窟内であれば水上でも平気で出現する。

ゲームにおける特徴

元最終進化であっただけに素の種族値はそれなり。
幅広な体系の割になかなかすばやさが高く、「あやしいひかり」「くろいまなざし」といった厄介な状態変化技も持つ為、その鬱陶しさには定評がある。

しかし初代では悲惨極まりない使い勝手だった。
と言うのも、「エスパーとこおりの全盛期なのに両方に弱点を突かれるタイプ」「毒技ゼロに加えて飛行技は威力35のつばさでうつのみ(ぶっちゃけかみつくの方が強い。ついでにそらをとぶなんて覚えない)」「くろいきり状態異常まで回復する為、補助技とアンチシナジー」
……と、欠陥だらけのポンコツっぷりを見せつけていた。旅でもとても使えたもんじゃない。

ちなみに四天王キクコの手持ちとしても出てくるが、やっぱり攻撃技がつばさでうつのみ
あやしいひかりだけはそこそこ鬱陶しいが、残りのわざが下位互換のちょうおんぱと混乱を直してしまうくろいきりという時点で……。


そして第2世代からはつばさでうつが威力60に上昇し更に進化後にクロバットが追加され、中継ぎのポケモンと化した。
クロバットは戦闘でもその速さを活かして扱いやすく、地味にこの形態になってやっと「そらをとぶ」対応になるので旅でも扱いやすい。
かくしてゴルバットに進化しても早々にクロバットを目指される事になってしまった。

転機が訪れ始めたのは第4世代。
やっと、と言うかようやく「そらをとぶ」に対応(進化前のズバットも)。旅要員としても使いやすくなった。
技も大分充実してきた為、ゴルバットも戦う意味を見いだせた。しかしやはり「クロバットでいい」風潮は変わらなかった。

第5世代でついにクロバットとの明確な差別化を果たす。
新たに登場した「しんかのきせき」を持たせると耐久型ポケモンへと変貌し、どくどくを撒いてはねやすめするだけでなかなか活躍してくれる。自身もタイプのおかげで毒にならないのだ。教え技で固定ダメージ技のいかりのまえばも覚えるので、猛毒のダメージと組み合わせるとかなり厄介になる。また、くろいきりを覚えさせることで相手の積みアタッカーを機能停止させることも可能。"速い"クロバットと、"固い"ゴルバット、どちらを使うのかはお好みで。

ところが第8世代。上記の技のうち、くろいきり以外を没収されてしまい、耐久型での運用が厳しくなってしまった。特に、どくどくはクロバットは従来通り習得できるので実に不憫である。BDSPでははねやすめは復活したがしんかのきせきが登場しない、という事態に陥っている。

使用トレーナー

ゲーム版

※1 ポケモンスタジアム2

アニメ版


ゲーム版

  • キョウ↔️グリーン(ポケスペ)
  • キクコ(ポケスペ)
  • チャクラ(ポケスペ)
  • ラムダ(ポケスペ)
  • 新生プラズマ団したっぱ(ポケスペ)
  • プルメリ(ポケスペ)


アニメ版

こちらでも悪の組織が使う事が多く、AGではマグマ団幹部のホムラとしたっぱ・怪盗バンナイ(AG119話)・DPではギンガ団幹部のマーズとしたっぱ・ポケモンハンターJの手下(DP45話)、BWではプラズマ団も使用しているが、レギュラーのタケシやゴウも手持ちにしている。

タケシのゴルバット

無印6話でおつきみやま入口でズバットの群れのうちの一匹がゲットされたズバットが大切に育てられ、無印165話でゴルバットに進化。なお、この回でアンナにベタ惚れしたタケシは診療所に残りゴルバットと共にアンナの手助けをしようと考えていたが進化してちょうおんぱの威力が格段に上がったゴルバットでは診療の手伝いは無理だと言われて失恋に終わっている。
無印196話で女王の遺跡でロケット団から黄金の仮面と錫杖を取り戻そうとした際にクロバットへと進化した。

ゴウのゴルバット

新無印102話から登場。ゴウとサトシがトライアルミッションで訪れたふたごじまにて、風の吹く崖を渡ろうとしていたところを襲い掛かったがゲットされた。


その他

無印32話でキョウの手持ちの個体がサトシのヒトカゲと、無印75話ではセキエイ大会初戦の対戦相手コームの個体がサトシのキングラーとバトルしている。

AG74話
DP10話
BW120話
XY52話
SM18話・29話(イメージ)・65話・106話・131話 
新無印120話
劇場版キミにきめた!

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • キョウのゴルバット……第1章のシルフカンパニー戦で初登場。キョウの腕に装備され、かまいたちでグリーンにダイレクトアタックしている。口に「ちょうおんぱ」の膜を張る事で、違う場所の様子を映し出す事ができ、キョウ敗北後は能力でグリーンが祖父のオーキドを探し出した。その後、キョウが行方不明になった事で2年程グリーンの手持ちとなるが、第2章の四天王戦でキョウと再会して返還される。キクコのゴルバット戦では目の見えないグリーンと共に戦い、キクコのアーボックの「死化粧」作戦をきゅうけつで得たキョウの血液で封じ込め、ゲンガーが二度と影に入れないようあやしいひかりで鍾乳洞を照らして影の長さを制限する等、大活躍する。
  • キクコのゴルバット……2章で登場。通常のゴルバットとは顔つきが異なり白目なのが特徴。キョウのゴルバットのちょうおんぱを妨害する「ちょうおんぱ」を出すことができる。
  • チャクラのゴルバット……5章ではロケット団三獣士チャクラにレッドとグリーンを奇襲するためにいてだきの洞窟で捕まえられるが、カンナのパルシェンに倒されて捨てられる。
  • その他にも、9章ではラムダ、11章では新生プラズマ団したっぱ、14章でプルメリの飛行手段として登場している。


関連イラスト

No.042 ゴルバット
ばっとたゃ



関連タグ

ポケモン一覧 どくタイプ ひこうタイプ RGBP FRLG

コロモリ/ココロモリ オンバット/オンバーン
青のゴルバット

041.ズバット042.ゴルバット→043.ナゾノクサ

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1769476

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました