ピクシブ百科事典

コロモリ

ころもり

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.527
英語名Woobat
ぶんるいこうもりポケモン
タイプエスパー / ひこう
たかさ0.4m
おもさ2.1kg
とくせいてんねん / ぶきよう


進化

コロモリココロモリ

ココロモリ



概要

『ブラック・ホワイト』にて初登場した、毛玉っぽいコウモリポケモンである。
おそらくモデルは鼻に関する生態から、ブタバナコウモリ科だと思われる。
発売前に発表されていた一体で、ズバットのポジションかと思われたが、そこまで頻繁に登場するわけではなかった(なつき進化である点などズバット系統を意識しているような部分は多い)。
実は本情報が公開される前に、幻影の覇者にてクルトの帽子に描かれる形で先行登場している。

主に暗い森や洞窟に生息している。
ハート型の一つ目・・・のように見えるが、これは実は鼻。本当の目はおそらく体毛の中だろう。
鼻の穴から超音波を出したり、洞窟の壁に鼻の穴で吸い付いて眠るなど、かなりシュールな生態を持っている。
この鼻の模様が押し付けられるといい事があるとされている。コウモリは今でこそドラキュラショッカーなどの影響で悪者として扱われがちだが、中華圏では蝙蝠の字が福に似ている事から幸福の象徴として扱われている事を考えれば納得である。

他の蝙蝠ポケモンさながらに超音波を放つ事が出来、小さい虫ポケモンを食べる。なおズバットは吸血性、オンバットは果実食であり、同じコウモリ系ポケモンでも見事に食性が分かれている。
また、意外な事にガラル地方一帯に生息している蝙蝠ポケモンはこれまでレギュラーを張ってきたズバット族ではなく、このコロモリ族である。

新技「ハートスタンプ」と共にお披露目されたが、コロモリ自身は特殊型なのでこの技はあまり向いていない。

ちなみに『サン・ムーン』から何故かHPのステータスが+10された。最終進化ではないポケモンのステータスにテコ入れがなされたのは他にピカチュウくらいであり、そのピカチュウが色々と特別扱いなことを考えると、コロモリの強化はハッキリ言って不可解であり謎。
一方で進化系であるココロモリには変更が無かったことから「ココロモリのデータを上昇させようとして間違えたのでは?」と専らの噂である。

なお、コロモリが初めて先行公開された際にはレベル50時点で体力が162もあり、進化前ながら体力の高いステータスと期待されていた。
なお実の所、(当時の) 実際の種族値はたったの55であり、個体値、努力値ともに極限まで極めることで達する値となっていた。
そのため、実際のコロモリ系列の体力種族値を知ってガッカリしたユーザーもいるのだとか。

アニメでは

ムサシのコロモリ

ロケットラブ


CV: 古島清孝

ベストウイッシュ』にてムサシの手持ちに加わった。
ちょうおんぱ」で相手をかく乱し、「エアスラッシュ」で攻撃するのが主。

関連イラスト

今日か



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW ココロモリ
蝙蝠仲間:ズバット オンバット

関連記事

親記事

ひこうタイプ ひこうたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コロモリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 489588

コメント