ピクシブ百科事典

ゾロア

ぞろあ

ゾロアとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.570
ぶんるいわるぎつねポケモン
タイプあく
たかさ0.7m
おもさ12.5kg
とくせいイリュージョン


他言語版の名称

英語 Zorua
イタリア語Zorua
スペイン語Zorua
フランス語Zorua
ドイツ語 Zorua


進化

マァ、だぁいすき!


ゾロアゾロアーク(Lv30)

概要

2010年公開『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』で先行出演。第5世代では最初に発表されたポケモン。

キツネの可愛いイメージを十分に残しつつも「わるぎつねだから悪いこともしちゃうよー」というやんちゃな風味が老若男女のハート鷲掴みであった。

この時の声優は間宮くるみ。その声は、

同じ声♪


まるでハム太郎そっくりだった。

人や他のポケモンの姿に化ける能力を持ち、普段は自分の正体を隠すことで危険から身を守る。
無口な子供に化けて人間社会に紛れていることが多いが、ポケモン以外に化けた場合、尻尾だけは変化させる事ができず、握られると驚いて元の姿に戻ってしまう。
窮地にはいきなり相手の姿に化ける事で、騙したり驚かせたりして隙を作り逃走する習性を持つ。


名前の由来はzorro(スペイン語でキツネを意味する)+「悪」とする説や、鬣の色が炎のように見えたり進化形のゾロアークが技マシンでほのおタイプの技を覚える点、特性が「イリュージョン」である点から、ゾロアスター教からとられているとする説(ゾロアスター教が「火」を尊ぶために拝火教と呼ばれたり、アラビアンナイトをはじめとする物語の中で、多くの場合ゾロアスター教徒は魔術師や奇術師として扱われるため)など諸説ある。

ゲーム上の特徴

分類上一般ポケモンなのだが、『ポケモンBW』での入手難易度は異常に高く、前世代の映画関連の個体(セレビィと、色違いのライコウエンテイスイクン)を連れて行かなければ入手不能という、まるで幻のポケモンであるかのような扱いを受けた。
2年後の『ポケモンBW2』では、ホドモエシティにある元プラズマ団の家に行くと出会う七賢人のロットにバトルで勝つことで、親がNのゾロア(Lv25)をもらうことができ、大幅に改善された。
また、能力値が「性格:せっかち 性別:♂ 個体値6U」で固定という高性能具合。
「陸上グループのU遺伝親」という見方もできることから便利なポケモンとなっている。

第6世代においては『XY』で進化後が草むらに出現し、また『ORAS』ではふれあいサーチで手に入れることができる。

野生出現の場合特性「イリュージョン」は働かない為安心して探すことができる。ただし♂の方が圧倒的に多い為捕獲や孵化の際に注意が必要である。

アニメでのゾロア

BW第38話「ゾロア・ザ・ムービー! ポケモンナイトの伝説!!」に♀のゾロアが登場。声優はたかはし智秋

映画製作に打ち込む少年・ルークの手持ちポケモンで、ルークとは彼が働く映画館で出会った。作中でも珍しいポケモンという扱いで、デントはこのゾロアと出会うまで本物を見たことがなかったという。

ルークと同じく映画が好きで、特に映画の女性役に化けるのが好き。後にラングレーと会ってからは、よく彼女に化けてからかっていた。
映画と違い喋れないので、主演中のセリフはアイリスが吹き替えている。

Pixivでのゾロア

Pixivにおいては獣人風のゾロアークとはあまり人気領域が被っておらず、どちらも双方のファンに「カワイイ」と評価されている模様。
きつね繋がりでロコンフォッコと一緒に描かれることが多い。

Wきつね
きつねねね。



また映画つながりでセレビィとセットのイラストも見受けられる。

ともだち


関連イラスト

新ポケモンがかわいすぎる件について(再)
ゾロアが可愛すぎて…



関連タグ

ポケモンBW ポケモン一覧 あくタイプ 

関連記事

親記事

あくタイプ あくたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾロア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6457984

コメント