ピクシブ百科事典

へんしん

へんしん

自分の姿を変えること。主にメタモンのわざとして使う。
目次[非表示]

データ

初出第1世代
タイプノーマル
PP10
範囲相手一体
備考相手と同じ姿に変身する。レベル、HP、持ち物、性別、なつき度は変身前に依存する
英語名Transform


概要

初代から存在する技。
メタモンの代名詞で専用技…と言いたいところだが、ミュウも初代から習得できる。

対象のポケモンと同じ姿、能力に変身する。敵だけでなく味方も対象に選べる。
「へんしん」によって変化するのは、「姿」「HP以外の全ステータス」「持っているわざ」「とくせい」「(積み技などによる)能力ランク」。
おんがえしやつあたりめざめるパワーの基本性能は使用者に依存するので注意が必要。

相手の能力ランクもコピーしてしまうので、積み技を多用する相手には有効に働くのだが、やはり「へんしん」するまでに1ターン費やすのが最大の問題。また、「へんしん」することで技もコピーできるのだが、PPが一律5になってしまうので、長期戦に持ち込まれると辛い。

加えて、メタモンが「へんしん」と同等の性能を持つ隠れ特性「かわりもの」を手に入れてしまい、ますます技としては使われなくなってしまう羽目に……
とは言え、この特性には穴があるので、「へんしん」に頼らざるを得ない場合もあるのだが。

どちらかというと、「へんしん」しかできないメタモンよりも、変化技等でサポートが可能なミュウに覚えさせて使った方が、バトルでは実用的。

ポケダンでは敵だけじゃなく味方のポケモンにも変身可能となった。
これのお陰で色々な編成に柔軟に対応できる、しかし初期の最大PPは5しかない為工夫が必要。
救助隊DXでは変身相手のPPに関わらず最大になる。また今作ではダンジョン内でのリーダー変更が可能な為、変身する相手を自由に選べるようになった。ただ「へんしん」自体のPPが5回と少ない為道具などでのフォローは必須。すごわざ「しぼりだす」を覚えるのがオススメ。

余談

「へんしんしても、顔だけはメタモンのまま」「へんしんしても、色は紫色のまま」など、様々な設定のメタモンのイラストが確認されている。

金銀ではこれを覚えたポケモンが違う色のポケモンに使うと、姿や顔こそしっかりコピーできるが体色はそのままという事態になる(勿論これは仕様。色違いのメタモンの場合だと水色のポケモンになり、ミュウが使うとピンクと青のツートンカラーのポケモンになる)。

ポケモンDPの初期ロットでは「へんしんした後にひんしになるとへんしんで得た技を習得してしまう」というとんでもないバグがあった。
そのため、ものまねが使えるポケモンは誰でも好き勝手に技を覚えられてしまう。
反動技を大量に搭載したプテラスキルスワップケッキングスケッチを覚えさせBWに転送してらいげきを覚えたエレキブル等々、最早なんでもありである。
当然不正なのでポケモンバンクに弾かれてしまう。

関連イラスト

だいたいメタモン

へんしん
ゾロア?


メタモン
メタモン...?



関連タグ

ポケモン技絵 ノーマルタイプ
メタモン
ものまね スケッチ イリュージョン
モシャス ドッペルゲンガー 
変身 変装 変身シーン

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「へんしん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 407380

コメント